【アイビスサマーダッシュ2018予想オッズ人気上位馬徹底分析】

管理人です。

いよいよ今週から夏の新潟競馬が開幕となりますが、その開幕を飾るのは直線1000mのアイビスサマーダッシュ。極限のスピードが求められる1戦は今年もこの条件を求めてスピード自慢が集います。ただ、この新潟直線1000mは圧倒的に外枠有利であり、更にコース適性も求められることから、枠順が確定するまでなかなか狙うべき馬を絞れない1戦とも言えそうです。

アイビスサマーダッシュ2018予想オッズ人気上位の注目馬

ダイメイプリンセス

新潟の直線1000mコースを連勝して臨んだCBC賞はスタートに失敗して後方からの競馬とはなりましたがよく差を詰めてきたという内容。元々はスピードに長けており、スンナリ先手を取れる馬だけに、直線1000mコースに戻って改めて期待してみたいところではあります。ただ、2連勝の際はともに外めの枠を引く運の良さもあったのは確かであり、内枠へ入ってしまうとまた多少状況は変わってくるといえるのではないでしょうか。後はスタートをしっかり決められるかに尽きそうです。

ラインスピリット

昨年の北九州記念で3着、今年に入っても京王杯SCで5着するなど力のあるところは示しているラインスピリット。前走の函館スプリントステークスこそ6着に敗れはしましたが、新潟1000mにも実績がありスピード上位の存在と評することのできる馬です。スタートさえ決まれば持ち前のスピードを存分に活かしての活躍が期待できるのではないでしょうか。昨年のアイビスサマーダッシュも僅差の6着しているだけに軽視禁物の存在と言えるでしょう。

アペルトゥーラ

新潟直線コース3勝はメンバー随一。そのコース適性は注目すべきところではありますが、休み明けのここ2戦が精彩を欠いているのも確か。前走の韋駄天ステークスも得意舞台の新潟1000mで凡走してしまっているのは気がかりですが、叩き3戦目で狙いのレースとくればこの舞台での巻き返しの可能性は十分。これがキャリア初の重賞挑戦とはなりますが、コース適性からは要チェックの1頭となりそうです。

ペイシャフェリシタ

前走のCBC賞は2番人気に支持されながらも15着に大敗。鞍上の三浦騎手は外枠を敗因にあげましたがそれにしても積極性に欠く内容ではありました。今回は休み明け叩き2戦目の上積みが見込めるだけに見直したいところはありますが直線コースは未経験で未知数。今回も三浦騎手が騎乗することが予定されていますが、これは鞍上にも不安が残るだけにあまり強気には推せないところとはなりそうです。

レジーナフォルテ

昨年のアイビスサマーダッシュ3着という成績は今回のメンバーの中では最上位の存在。2走前の韋駄天ステークスでは得意のはずのコースで大敗を喫しましたが、その後のTUF杯を快勝して臨むアイビスサマーダッシュ。福島競馬からの参戦は昨年と同じローテーションとなり理想的といえば理想的で昨年以上の結果を求めてみたいところではあります。

アイビスサマーダッシュ2018その他の注目馬

ベストマッチョ…初の芝でのレースとなるものの見事にフィットすれば怖い
レッドラウダ…1000万下条件馬でも直線1000mとの相性抜群で食い込み可能
アクティブミノル…スピードはまだまだ健在。昨年4着と好走している舞台で注意

それでは今週末はアイビスサマーダッシュを的中させて最高の週末をあなたが過ごせることをお祈りしております!

【船橋競馬】 ☆クイーン賞(Jpn3)南関東競馬で週末の資金稼ぎ$したい方へ☆

【阪神G1】 朝日杯FS(G1)絶対買いの鉄板馬とは?←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

S__4595715

【クイーンステークス2017追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 クイーンステークスへ向けての最終追い切りが札幌・函館競馬場で実施されまし

記事を読む

【阪神カップ2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 今年の阪神競馬最後の重賞が阪神カップです。『スーパーGⅡ』とも言われる1着賞金6

記事を読む

S__4595717

【アイビスサマーダッシュ2018枠順・追い切り・コメント】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 アイビスサマーダッシュへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました

記事を読む

free10

【毎日王冠2018出走馬・騎乗騎手徹底分析】

いよいよ秋の東京開催が開幕。その開幕を飾るのは天皇賞(秋)へ向けても注目の毎日王冠。毎年豪華メン

記事を読む

free06

【マイラーズカップ2017追い切り予想】状態絶好の狙い馬を徹底調査!

管理人です。 マイラーズカップへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されまし

記事を読む