バーデンバーデンC(2014)注目馬 マヤノリュウジン他…

公開日: : 過去の記事

バーデンバーデンC !

重賞ではないが、福島の名物レース。
一長一短メンバーでのハンデ戦で難解だが、
意外に上位人気馬が勝利を収めている。
牝馬が活躍していることも見逃せない。

※  アンバルブライベン  52k
2走前はCBC賞を勝ったトーホウアマポーラを破っている。
ただ、ハナを切ると持ち味をフルに発揮するが、
先を越されると二束三文で大敗を喫っする両極端。
ここはテンに速い馬が何頭か居るので、
ポンと行き切れるかどうか…

※  コウヨウアレス  55k
オープン入りした前走でも崩れることはなかった。
5歳の充実振りを素直に認めなければなるまい。
1ハロン短くなる今回1200mは最も得意とする距離。
テンのスピードはあり、ハナにはこだわらない。
小回りの福島で勝利のお膳立ては整った感じも。

※  サウンドアリーナ  54k
一見ダート馬のイメージが強いがそんなことはない。
芝の1400mで2勝しており、しかも好時計で。
1200mは未知の部分ではあっても人気の盲点は確か。
鞍上が蛯名Jなら穴狙いも面白そう…

※  ニンジャ  54k
不得手?の左回りCBC賞3着は注目に値するモノ。
2走前の安土Sでも3着、デキは充実!と見ていい。
夏場に強く、小回りの直線平坦は願ってもない条件。
テンは速くなりそうだし、久々に決めるか !?

※  バーバラ  53k
目の外傷でレースは開いたが乗り込みは入念。
1200mは5勝し、北九州記念では3着もある。
鞍上が戸崎Jだけに軽く扱うことはできまい。
当日の馬体チェックの上で結論を。

※  フクノドリーム  50k
リフレッシュして戦列に復帰してきた。
忘れもしない桜花賞での大逃げ。
結果は15着も非凡なスピードは披露している。
1200mのスピード競馬に小細工はいらない。
前半の攻防にすべてがかかっている。

※  ブルーデジャブ  54k
結果だけ見れば何のことはないが、
ここ5戦の末脚に注目してほしい。
重賞レースで最速の脚を使っているのだから。
追い込みづらいコースではあるが、
もしハイペースで前崩れの展開になれば…
一応の注意だけは怠らないように。

※  ポアゾンブラック  56k
気性の勝った性格で成績は安定しないが、
嵌った時は想定外の渋太さを発揮する。
力は秘めているがアテにできないのも事実。

※  マヤノリュウジン  56k
スプリンターズSで3着がある実力馬だが、
前走のように前々で競馬を進めると終いは伸びず。
ハンデを課せられるのは仕方ないが、56kなら問題ない。
それよりも道中いかに脚をタメられるかが問題。
うまく事が運べばまとめて面倒はみられるが、
安定した走りができないだけに取捨が難しい。

先週の傾向は先行有利だが、
この組合せならハイペースは避けられそうにない。
差し馬の台頭は十分考えられるのでは…

 

【直前情報】 これは買い【宝塚記念(G1)】この馬は必ず買ってください。

【阪神GⅠ】 宝塚記念(G1)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

catch

札幌記念レース回顧~ハープスター

札幌記念! これまでにない豪華メンバーであり、 出走馬にとっても大事な一戦になる。 秋の G I

記事を読む

catch

安田記念~ジャスタウェイ レース回顧

安田記念! ここまで続いた 春のG I 戦線も一応終焉。 特にマイル G I 3戦は多過ぎる感じも

記事を読む

catch

中山牝馬S!フーラブライド

3歳牝馬と違い古馬になると風格がある。 力をつけている4歳より円熟した5歳馬の闘いになった。 見事

記事を読む

catch

プロキオンS(2014)ベストウォーリア

プロキオンS ! G Ⅲ メンバーながら結構な面々が揃い、 馬券的にも面白いレースとなった。 ※

記事を読む

catch

東西の金杯から

東西の金杯! 中山2000m、京都1600m、それぞれの重賞戦金杯。 まずは中山からスタート!

記事を読む