【函館記念2018予想オッズ人気上位馬徹底分析】

管理人です。
競馬1
夏の函館競馬最大の注目レース、函館記念がいよいよ今週末函館競馬場で発走となります。夏の大レース札幌記念へ向けても注目の1戦は昨年の札幌記念の勝ち馬サクラアンプルールをはじめ、ブレスジャーニーやトリコロールブルーといったこれからの活躍が楽しみな4歳馬も顔を揃えるハンデ戦。まずは出走馬をしっかりとチェックしていきます。

函館記念2018予想オッズ人気上位の注目馬

サクラアンプルール

昨年の札幌記念を制しているサクラアンプルール。今年に入っても強豪集う中山記念で4着、日経賞で3着とその力を堅持していることを考えれば、実績上位の存在であると評することもできます。洋芝適性もありコースも問題なしと見たいところですが今回は休み明けであるのと同時にハンデ戦だけに斤量を背負ってのレースとなる分条件的には楽とはいえない点がどうか。目標はあくまでも札幌記念だとすれば、ここはある程度割り引いて見て良さそうです。

スズカデヴィアス

昨年暮れから年明けの2戦は崩れましたが、調子を取り戻して前走の新潟大賞典で待望の重賞初制覇を遂げたスズカデヴィアス。安定した末脚が武器で好調子ならば上位争い必至の存在と言えるでしょう。ただ、今回は初の洋芝函館コースとなり、更にハンデもそれなりに見込まれそうなだけにこれらの条件を克服することが条件となってきそうです。これまでの実績からも難なくこなしてきそうなところではありますが、斤量を背負う分、終いに甘さを見せる可能性は否めません。

ナイトオブナイツ

前哨戦となる巴賞を快勝して臨む函館記念となりますが、これが自身にとっての重賞初挑戦。前走と比べても相手関係は一気に厳しくなるだけに決して楽な競馬にはなりそうにないところではありますが、函館芝コースは2勝4着1回と安定して走ってきている洋芝巧者でもあり、ハンデもそこそこに落ち着くのであれば前走勝利の勢いで一気に重賞制覇まで可能な存在と見ていいのではないでしょうか。再度、雨で渋った馬場になれば更に面白い1頭となってきそうです。

ブレスジャーニー

2歳時に重賞を連勝してクラシック候補とまで騒がれた馬ですが、復帰後はチャレンジカップで3着があるもののまだまだ完全復調とまではいえない状況。気性的にも難しい部分があり力を出し切れない競馬が続いていますが、変わるとすれば滞在競馬となる今回ではないでしょうか。洋芝さえこなしてしまえば輸送のない競馬でリラックスして競馬に臨んだ際に強い競馬を見せてくれることを期待してみたいところではあります。

トリコロールブルー

まだまだキャリア9戦のトリコロールブルーですが前走の鳴尾記念でも3着に好走して見どころ十分の内容。まだまだ上積みがありそうな馬で休み明けを一度使った効果も考えればここで初重賞制覇を遂げる可能性も十分にありそうなところ。ハンデもそこまで重くはなりそうになく、相手関係を見ても有利に働きそうなところであり洋芝も札幌で勝利があるように心配する必要もなさそう。後は末脚の活かせる良馬場での競馬となればやんすは十分に生まれてきそうです。

函館記念その他の注目馬

ブラックバゴ…休み明けでも末脚は脅威。函館実績もあり嵌れば一気の差し脚に注目の存在。
マイネルハニー…休み明けを叩いて上昇。その先行力に粘りが増せば力的にも巻き返し可能。
エアアンセム…前走エプソムカップでも5着好走したが、とにかく堅実駆けでここも上位争い。

それでは今週末は函館記念を的中させて最高の週末をあなたが過ごせることをお祈りしております!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

S__4595721

【新潟記念2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です 新潟記念へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。夏競馬最後の注

記事を読む

大井競馬2

【TCK女王盃2017予想】大井競馬を徹底予想!

管理人です。 2017年初の地方・中央交流重賞、TCK女王盃が1/25に大井競馬場で発走となり

記事を読む

地方競馬2

【習志野きらっとスプリント2017予想】船橋競馬を徹底予想!

管理人です。 今週の南関東競馬は火曜日まで船橋・水曜からは大井という変則開催。船橋開催

記事を読む

ルージュバック3

★2016中山牝馬S(G3)★ルージュバックの本気度と他陣営の思惑が絡み波乱の気配

管理人です。 中山牝馬ステークスでルージュバックが戦列に復帰することが話題になっています。

記事を読む

中山競馬場3

★緊急公開★京成杯(G3)自信の鉄板予想を公開!

管理人です。 土曜日の愛知杯は荒れる荒れると言われてその通りに8番人気のバウンスシャッセが勝利

記事を読む