前半のリーディングジョッキー!/競馬コラム

公開日: : 最終更新日:2018/06/27 競馬コラム

free35

前半のリーディングジョッキー!

宝塚記念が終わったところで、前半の競馬に終止符がつけられた。
これからのジョッキーは、それぞれの夏競馬に向かうこととなる。

6月24日を区切りとして、騎手の成績を振り返ると…
快調に飛ばしてきたMデムーロ騎手だったが、
道中でルメール騎手に交わされ?2位に甘んじていたが、ここにきて巻き返し。
一応の面目を保って、中間地点を折り返している。

スタートは遅かったが、グイグイ加速して追い上げたルメール騎手。
GIレースを3勝して、昨年同様にリーディングジョッキーを目指している。
いずれにせよ、この2人が他の騎手に水を開けている。
熾烈な闘いの決着は、年末まで続きそう。
単純計算だと、トータルは150勝ラインか…

3位と4位争いは、川田騎手と戸崎騎手。
昨年は好ダッシュを見せた戸崎騎手だが、今年はなかなかエンジンがかからない現況。
対する川田騎手は、ダメな日は冴えず、調子のいい日は、固め勝ちするタイプ。
戸崎騎手は福島、新潟競馬で星を伸ばし、川田騎手は夏場、英国遠征のプラン。

続くのは、ダービーを制覇した福永騎手。
夏場は流動的に、各競馬場に向かうと聞くが、
コンスタントに勝ち鞍を上げるのは間違いないところ。

6位争いは、松山騎手、田辺騎手、内田博騎手の闘い。
夏場は新潟や小倉競馬で勝利数を重ねていく。

北海道で頑張っているのが、関西の岩田騎手と北村友騎手。
特に、岩田騎手は北海道シリーズに、かなり力を入れている。

レジェンド武豊騎手は、首位争いを諦め、夏場は流動的にマイペースで。

あと1人、北海道の藤岡佑騎手の頑張りには注目の要あり。

騎手にとって夏競馬は、ひとつの息抜きの場になるが、
中央場所の気迫はないとしても、それなりに勝ち鞍を狙って過ごすこととなる。

秋からの競馬で、リーディングジョッキーがどう変わっていくのか?
しばらくは、各騎手の動向を気にしながら、夏競馬を楽しみたい…

【浦和競馬】 ※オーバルスプリント(Jpn3)中央VS地方!徹底分析予想はこちらから

【中山G1】 スプリンターズS(G1)必見のメイチ勝負馬はこの馬!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

調教風景

【競馬コラム】調教師のコメントはどこまで信じられる?

調教師のコメント! 私の担当は時計班でなく、厩舎回りだった。 厩舎に出向き、調教

記事を読む

エイシンヒカリ香港カップ

【競馬コラム】エイシンヒカリは諸刃の剣!

☆  エイシンヒカリは諸刃の剣! 香港カップ GI 2000m芝を逃げ切り、フランスに遠征。

記事を読む

コトブキライアン

【競馬コラム】ばんえい競馬15歳・コトブキライアン

コトブキライアンのように! ばんえいで最年長馬のコトブキライアンが勝利した。 年齢は

記事を読む

JRA

【競馬コラム】JRA、グリーンChに物申す!

☆  JRA、グリーンChに物申す! JRAの職員やグリーンChのスタッフは、 服や靴を購入

記事を読む

ラブリーデイ6

【勝手に決めた!】最優秀古馬~ラブリーデイ

◎ 勝手に決めた!最優秀古馬 ☆ ラブリーデイ 父 キングカメハメハ - 母 ポップ

記事を読む