今年最後の4歳降級馬!/競馬コラム

公開日: : 最終更新日:2018/06/13 競馬コラム

kawata_tuika15_960_720

今年最後の4歳降級馬!

今年が最後になった、『4歳降級制度』

5月までは、4歳以上の条件分類が、6月からは、3歳以上の番組構成に変更される。

4歳以上500万戦が、3歳以上500万、4歳以上1000万以下になり、
それまで4歳2勝馬は1000万条件に在籍していたが、番組構成の恩恵で500万に下がる。
それが、4歳の降級馬となるわけ。
それと同様に、4歳3勝馬も1600万条件から1000万条件に下がる。

「そんなこと誰でも知ってるワ!」という人は多いだろうが、
現実として、そのことを理解していない人もいるので、その人のためのレクチャーを。
来年からは、「降級馬の話」は、むかし話になってしまうのだから…

少なくとも、今年は降級制度をフルに活用してもらいたい。
「4歳有利」は秋口まで続くはず…

では、4歳馬すべてが有利かと言えばそうではない。
確かに、重賞2着の賞金加算から、2階級降級する4歳馬もいるが、
4歳1勝馬や2勝馬が、そのまま500万や1000万条件にとどまるケースもある。

そこで、

※4歳1勝の500万条件馬は、力がない証拠で、割引いて考える必要がある。

※たとえ降級していても、それまでの成績が悪い馬は割引いて考える。

※逆に、勝って同条件出走の4歳馬でも、それまでの成績をチェックする必要がある。
なぜなら、それまでが不振の馬は信用できないから。
近走が好戦していた馬は信用に足りる。

※上の条件で上位争いしていた降級馬は、信頼度は高い。

※4カ月以内で休養していた降級馬は、降級制度を待っていたフシがあり要注意。
※逆に、使い込んできた降級馬は、伸びしろがないので期待薄。

※6カ月以上の休養降級馬は、いきなりの好走に疑問を持つべき。

※降級の効果は2戦目まで、それ以上は力不足で効果はない。

馬券の重要なファクターとなる『4歳降級馬』
しっかり把握して、それを大いに活用して、
少しでも多く馬券をゲット!してほしいのです。

【大井競馬】 ※黒潮盃(S2)徹底分析予想はこちらから"

【盛岡競馬】 ※クラスターカップ(Jpn3)徹底分析予想はこちらから

【札幌記念】 札幌記念(G2)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

【小倉競馬】 九州スプリント王決定戦『北九州記念(G3)』の注目予想情報はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free28

勝手に選んだ年度代表馬!/競馬コラム

★ 勝手に選んだ年度代表馬! ◎ キタサンブラック 5歳 (清水久厩舎) 父 ブラックタ

記事を読む

no image

【競馬コラム】 馬も年末年始は運動不足!?

★馬も年末年始は運動不足!? 2016年度の中央競馬は、12月25日の有馬記念で終焉を迎えた。

記事を読む

今週のWIN5の傾向!/2018年3月4日開催分

☆ 今週 3月4日の W I N 5をチェック! ※ ① 阪神 10R 武庫川S ( 頼りない

記事を読む

小倉競馬場

【競馬コラム】三場開催・ローカル競馬

三場開催におけるローカル競馬! 通常は東西分かれての二場開催で競馬が進行されるが、

記事を読む

マークカード

今週のWIN5の傾向!/2018年5月27日開催分

今週のWIN5の傾向!/2018年5月27日 WIN5/ ① 東京  8R  青嵐賞  ( 確

記事を読む