【エプソムカップ2018枠順・追い切り・コメント】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2018/06/14 管理人おしらせ , , , ,

管理人です。
S__4595721
エプソムカップへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。春のG1シーズンがひと段落した今、狙うは夏のサマーシリーズや秋を見据えての出走となる各馬ですが、暑さも増してくる中、状態面をしっかりとチェックしておくことが馬券的中への鍵となってくるのも確かなだけに追い切りの動きは要チェックとなってくること間違いなしです。

エプソムカップ2018追い切り診断注目馬

アデイインザライフ

美浦坂路 51.7 38.4 25.8 13.1 馬なり
長期休養明け3戦目となる今回、北村宏騎手が2週続けて稽古をつけましたが、坂路での動きは大きな上積みこそ感じられませんが軽快なフットワークで好調をアピール。日曜日にもコースで4F50.0をマークしており順調にレースも稽古も消化できていることが何より。萩原調教師からも「中間も変わりなく順調」と順調さをアピールのコメントが出ているのも納得で、新潟記念勝ちのある左回りでの一変を期待してみたいところではあります。

グリュイエール

栗東坂路 52.0 37.8 24.8 12.6 一杯
2年ぶりのレースを勝利で飾っての休み明け2戦目となるグリュイエールはこの中間攻め強化で脚元の不安は全くなしといったところ。最終追い切りでは坂路での自己ベストタイムを更新してきており、レースでも騎乗する福永騎手から「いい動きで使った反動は感じられない」とコメントが出ているように前走以上の走りを期待できる仕上がりにあると見てよさそうです。ここを勝って一気に古馬中距離路線の有力馬として名乗りを挙げるかに注目でしょう。

サトノアーサー

栗東CW 53.1 38.9 12.1 馬なり
休み明けとなったメイステークス3着から中2週の競馬となりますがこれだけ間隔が詰まるのはキャリア初。中間は休み明けの前走がマイナス10kgであったこともあったかいたって軽めの調整でしたが、最終追い切りではコース4F追いでラスト12.1としっかりと伸びてきており馬に走る気が満ちている感。池江調教師からも「明らかに上積みは大きい」と手応えアリのコメントが出ているように、追い切り本数的には不安でも気配は明らかに上昇と見ていいのではないでしょうか。

スマートオーディン

栗東坂路 53.2 39.1 25.0 12.1 馬なり 併せ先着
2年前のダービー6着以来の出走となりますが、4月半ばから坂路で乗り込まれて乗り込み量的には十分でしょうか。直前の追い切りでは宝塚記念を狙うサトノダイヤモンドと併せて先着、1週前には坂路自己ベストとなる51.0をマークしているように動きは上々ですが、それでも休み前はコースで猛時計をマークするような稽古駆けする馬であったことを考えるとまだまだ物足りなさを感じるところ。池江調教師からも「体にもまだ余裕がある。」とコメントが出ているように使いつつレース感覚を戻しての勝負でしょうか。今回は地力でどこまでといったところがありそうです。

ダイワキャグニー

美浦南W 85.3 69.0 53.6 39.8 12.8 馬なり
稽古駆けする馬ではないだけに今回もこんなものといった感のいつも通りの動き。ラストまで脚取りはしっかりとしており引き続きの好調キープといったところでしょうか。菊沢調教師からも「中2週でも元気があるね」と状態は良いことがうかがえるコメントが出ているように状態面の心配はないと見てよさそう。昨年の毎日王冠で4着と好走している東京1800mという舞台での好走を期待してみたいところです。これまで重賞では一押し足りない競馬が続いていますがここで終止符を打つことができるか注目でしょう。

ベルキャニオン

美浦南W 69.5 54.2 39.3 13.3 馬なり
最終追い切りこそ軽めの調整となりましたが、1週前には66.3 50.1 35.7 12.5と自己ベストタイムをマークしているように絶好の状態にあると見てとれる動きを見せたベルキャニオン。森助手からも「力は出せる仕上がり」とコメントが出ているように状態は良好。オープン入りしてからは一押し足りない競馬が続いてはいますが、全3勝をあげている相性のいい東京コースで前進あってもおかしくない状態にあると言っていいのではないでしょうか。

マイネルフロスト

美浦南W 71.0 55.5 39.7 13.5 馬なり
直前の追い切りは馬なりで軽めの調整ではありましたが、1週前の追い切りで65.9 49.6 36.6 12.9の好タイムをマークして7歳にして自己ベストタイムを更新。昨年9月の新潟記念以来の出走とはなりますが、初戦から力を出せる仕上がりにあると見てみたいところ。高木調教師からも「追い切りの動きはいい頃の感じ。」とコメントが出ているように初戦から堅実駆けを期待してみたいところではあります。狙いはサマーシリーズということになるのでしょうがむしろこの初戦に妙味があるかもしれません。

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【東京GⅠ】 天皇賞・秋(G1)豪華メンバーで最注目すべき鉄板馬とは?←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free08

【スプリングステークス2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 スプリングSへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。注目すべ

記事を読む

競馬1

【ファルコンステークス2017徹底予想】中京短距離決戦!

管理人です。 この時期の3歳馬はクラシック戦線を目指す馬が多い中、短距離戦線で将来を担う存在が

記事を読む

栗東トレセン

☆シリウスステークス2016追い切り☆予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 シリウスSへ向けての最終追い切りが栗東トレセンで実施されました。 JBCクラシ

記事を読む

大井競馬2

【東京ダービー2017予想】大井競馬を徹底予想!

管理人です。 今週水曜日には地方競馬の最高峰、南関東の3歳チャンピオンを決する東京ダー

記事を読む

no image

【京都金杯2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 京都金杯への最終追いきりは美浦・栗東トレセンで実施されました。 新年早々の重賞

記事を読む