【第76回オークス(G1)】予想に役立つ出走馬短評

公開日: : 重賞展望 ,

東京 第76回オークス!

オークス2

桜花賞の延長になるが、距離は800m長くなる。
レッツゴードンキの二冠は成るのだろうか…
この馬を負かす存在の出現はあるのか…

※ アンドリエッテ
確実にゴール前で迫ってくるが突っ込み切れず。
そのあたりが1勝馬なのかもわからない。

※ キャットコイン
桜花賞のパドックでダメと思ったほどの細い体つきだった。
デビューから3連勝しているように実力はあるので、
この中間でどこまで馬体が回復しているかに尽きそう。
この血統なら2400mは問題ないはずだから。

※ クイーンズリング
馬体は回復せず細い体で桜花賞を闘った。
それでも終いはキッチリ伸びた根性は並の馬ではない証。
どちらかと言えばオークス向きの血統だけに、
あとはフックラした馬体さえ戻っていれば…

※ クルミナル
桜花賞2着から、チューリップ賞の敗因は道悪とハッキリした。
切れを身上とする馬だけに2400mには一抹の不安が残るが、
一気に評価を下げるのは危険過ぎると思う。

※ ココロノアイ
桜花賞の敗因はどこにあったのか…
ペースが遅かったから?展開が不向きだったから?
それにしても負け過ぎの感は否定できない。
血統的には2400mはこなせても、走りそのものはマイラー。

※ コンテッサトゥーレ
チューリップ賞は中途半端な競馬で凡走に終わったが、
桜花賞は良馬場とルメール騎手で見せ場十分の3着だった。
兄キャプテントゥーレは皐月賞、朝日CCを勝っており、
2400mはこなせると見ていいだろう。
あとは左回りと長距離輸送をこなせば…

※ シングウィズジョイ
君子蘭賞1800m、フローラS2000mの勝利から見て、
平均ペースの距離が合っている感じが強い。
相手はグンと強化されるが、好位から競馬はできるし、
立ち回り次第では G I 馬になるチャンスは無きにしも非ず。

※ ディアマイダーリン
フラワーCはアルビアーノの0.2秒差3着、
フローラSはシングウィズジョイのクビ差2着。
そんなに力差はないということではないのか…
一番気になるのは騎乗する福永騎手、
ダイワエルシエーロ、シーザリオ、ローブデコルテと
オークスを勝っている相性の良さ。
幸運を今年も呼ぶことができるかも…

※ ミッキークイーン
ここまでのキャリアは浅いが、2勝し2着以下はない成績。
時計は遅いが、忘れな草賞を差し切っており、
2400mの距離対応に自信を深めている。
鞍上浜中騎手は秘かにG I 制覇を目論んでいるに違いない。

※ ルージュバック
桜花賞は1番人気の重圧に戸崎騎手も硬くなったのでは?
G I レースのプレッシャーは半端でないと聞いたことがある。
馬主、調教師の期待の大きさが騎手の背中にのしかかってくる。
馬体も若干細身だったし、展開は味方してくれず凡走に終わったが、
このままで終わる馬ではないだろう。
すべてをリセットして検討する必要がある。

※ レッツゴードンキ
桜花賞の勝利は岩田騎手のリサーチの成果でもあった。
誰も行かないと聞き、思い切ってハナを切った。
案の定、ペースはスローで上がりの勝負になり逃げ切り。
勿論、馬の強さも認めなければならない。
今回は目標にされる立場に変わり、2400mの逃げは厳しくなる。
それなりに岩田騎手は工夫をするだろうが、
桜花賞のような楽な競馬が望めないのは確か。
さて、どうするのか…

馬体のチェックは当然のことだが、気になる馬が多過ぎる。
スンナリと収まる感じはしないのだが…

 

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ラブイズブーシェ

【東京11RダイヤモンドS(G3)】馬券検討・予想

東・ダイヤモンドS馬券検討! 昨年の1、2着馬が共に出走しているがハンデは増え、 そ

記事を読む

京王杯スプリングカップ

【5/16(土)東京11R京王杯スプリングC(G2)】馬券分析・予想

東京 京王杯スプリングC・馬券分析! 安田記念の前哨戦であり、1着馬には優先出走権が与

記事を読む

京都競馬場6

【10/31(土)京都11R スワンS】馬券分析・予想

京都 スワンS・馬券分析! マイルCSの前哨戦であり、1着馬には優先出走権が与えられる

記事を読む

京都競馬場ダート

【2015平安ステークス】出走馬短評とレース展望

京都 平安S! ダートの重賞別定戦は力と力のぶつかり合いで見応え十分。 新旧が混じり

記事を読む

free30

京王杯2歳ステークス2017/出走予定馬の1週前動向をチェック!

11月4日の東京は京王杯2歳Sです! 2017/11/4(土) 東京11R 京王杯2歳ステーク

記事を読む