安田記念2018出走予定馬徹底分析[3]~ペルシアンナイト他

公開日: : 最終更新日:2018/06/01 重賞展望 ,

安田記念2018徹底分析[3]

2018/6/3(日) 東京11R 安田記念(GI)
3歳以上オープン 1600m (芝) 定量戦

秋のマイルCSに並び、前半のマイル王者を決めるレース。
当日は、是非ともパンパン馬場で雌雄を決してほしいもの。
週明けから、4回に分けて、1頭ずつ詳しく分析しています。

安田記念2018/出走予定馬のポイント

安田記念 出走予定馬/ヒーズインラブ 5歳

条件戦と、前走のG3の重賞戦を勝っての挑戦。
前走の走破時計も、終いの脚も悪くはないが、GIレースは数字だけでは片づけられない。
左回りで2着はあるが、右回りほどの力強い走りは見られない。
しかも、今回は前走より3k重い58kで走らなければならない。
後方からの競馬になるだろうし、よほど切れる脚を使わなければ、
上位争いに加わるのは難しい感じがする。

安田記念 出走予定馬/ブラックムーン 6歳

前走がレコードのおまけ付きの勝利だが、2着馬とはアタマ差の勝負。
本来は1600mを得意としており、終いは33秒台の脚を使える。
ただし、走破時計は1分32秒台後半で、この中に入ると速くはない。
条件戦で連勝し、前走は重賞レースも勝っているが、GIレースはキャリア不足。
どんな走りを見せてくれるのだろうか…

安田記念 出走予定馬/ペルシアンナイト 4歳

昨年のマイルCSのチャンピオンであり、ベストマイラーと思われる。
今年は中山記念の5着を叩き、GIの大阪杯で2着。能力上位をアピールしている。
馬体は480k台で安定しており、ムダな肉がつかないタイプでもある。
東京コースで勝ってはいないが、特にクセはないので問題はない。
コンディションさえ良ければ、前走のスワーヴリチャードに先着できていい。
できることなら、良馬場で走らせてあげたいが…

安田記念 出走予定馬/ムーンクエイク 5歳せん馬

条件戦で3連勝し、オープン戦を叩いて小休止。
復帰戦の京王杯SCをレコード勝ちして、安田記念への出走権を手に入れている。
1600mで4勝をマークし、持ち時計は1分32秒9。
ここでも十分に通用しそうだが、意外にも陣営は「1400m向き」と見ている。
中位から競馬ができ、終いはしっかり伸びるだけに、軽く扱うことはできまい。
ただし、GIメンバー相手に、どこまで通用するかの裏づけはない。

安田記念 出走予定馬/モズアスコット 4歳(次点)

ここまでの戦歴には及第点が付けられる。
得意の距離は、1400mと1600mで、重賞レースでも互角の競馬をしている。
前走のマイラーズCが、サングレーザーの0.2秒差の2着なら悪くない。
しかし、今回は他馬と同じ58kの斤量を背負わなければならない。
本来の渋太い伸びが鈍ることは考えられる。
陣営は、先週の安土城Sを勝って、ここに向かう予定だったが2着に終わっている。

4 に続く…

安田記念 出走予定馬徹底分析記事はこちら

安田記念2018出走予定馬徹底分析[1]~サトノアレス他

安田記念2018出走予定馬徹底分析[2]~スワーヴリチャード他

安田記念2018出走予定馬徹底分析[3]~ペルシアンナイト他

安田記念2018出走予定馬徹底分析[4]~リアルスティール他

安田記念 2018 予想・馬券フォーカス

【新潟開幕】 新潟の風物詩『アイビスSD(G3)』の注目予想情報はコチラ

【札幌開幕】 ★クイーンS(G3)ソウルスターリングVSディアドラの結末は…★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

kawata_tuika24_960_720

スワンステークス 2017 データ から傾向を分析!

スワンステークス・データからの傾向! 2017/10/28(土)開催 京都11R スワンステー

記事を読む

中京競馬場2

【2015CBC賞(G3)】トーホウアマポーラ他、出走予定馬動向

来週の中京はCBC賞! 本格的な夏競馬を前に開催される中京競馬。 まず、1週目は

記事を読む

free12

【オーシャンステークス2017】1週前出走予定馬の動向をチェック!

2017/3/4(土)の中山はオーシャンステークスです! 中山11R オーシャンステークス(G

記事を読む

sapporokeiba

【7/31(日)札幌11Rクイーンステークス(G3)】馬券分析・予想

日 札幌 クイーンステークス・馬券分析! 3歳馬3勝、4歳馬3勝、5歳馬2勝、6歳馬2

記事を読む

天皇賞春1

【2015天皇賞(春)】出走馬短評とレース展望

京都 春の天皇賞! 前哨戦は日経賞、阪神大賞典、大阪杯となり、 結果より内容が問われ

記事を読む