【ヴィクトリアマイル2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2018/05/17 広告・おしらせ , ,

管理人です。
S__4595721
ヴィクトリアマイルへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。春の牝馬女王を決する1戦へ向けてトップクラスの牝馬が東京競馬場へ集いますが、各馬大一番へ向けて虎視眈々。牝馬限定の1戦だけに馬の状態面は勝敗に大きく左右することは言うまでもなく、追い切りの動きから状態面を把握するのは非常に重要。リスグラシューやミスパンテールといった注目馬をはじめ各馬の仕上がりをチェックしていきます。

ヴィクトリアマイル2018追い切り診断注目馬

アエロリット

美浦坂路 53.9 39.6 26.3 13.2 馬なり
2月の中山記念以来の出走となりますが、この中間は時計を4月26日に出し始めてから順調に乗り込まれて1週前には戸崎騎手騎乗で南Wコース52.9 38.6 12.4と好タイムをマークしており、最終追い切りでどんな動きを見せるかは注目でしたが、馬場を考慮すれば坂路で53秒台ならば上々の動きと言えそうです。そして1週前の追い切りでは直線で仕掛けられてしっかりと負荷をかけられる追い切りを消化。馬なり調整がメインのアエロリットにとって中間に強め以上に仕掛けられる追い切りを消化してきたのはこれまで2戦あり、結果は(0.2.0.0)と勝ち星はないものの崩れ知らず。果たして今回はどんな競馬をしてくれるかも楽しみなところであります。

アドマイヤリード

栗東坂路 55.9 40.6 26.0 12.1 馬なり 併せ併入
最終追い切りは終い重点の調整となりましたが、その終いの伸びは12.1と時計も示した通りにかなり鋭い動きを見せており目を引くもの。1週前にデムーロ騎手騎乗で51.9を坂路で出しているだけに状態面は休み明けを叩いて3戦目でしっかりと仕上がっていると判断できるものでありました。須貝調教師からは「昨年よりもいい仕上がり」と言うのも納得のところではないでしょうか。前走阪神牝馬ステークスで復調を印象付ける動きを見せてきただけに連覇へ向けて状態面は文句なしといったところでしょう。

ジュールポレール

栗東坂路 51.3 37.0 24.4 12.3 馬なり
1週前と今週ともに坂路で非常に軽快な動きを見せており、前走の阪神牝馬ステークスから着実に良化が伺える動きを見せているジュールポレール。昨年3着と好走したヴィクトリアマイルで昨年以上の成績を狙いますがそれも可能な好状態であることは動きを見れば判断できるところであり、陣営も昨年以上に馬がしっかりとして稽古を積めていると感触を掴んでいるようで後は東京の直線で末脚が活きる展開になってくれば面白い存在となってくることでしょう。

ソウルスターリング

美浦南W 67.6 52.5 38.2 12.8 馬なり
ルメール騎手が騎乗しての最終追い切りは終始ルメール騎手が手綱を抑えながらもしっかりと折り合いをつけて淡々とこなしてきた感はあります。イレ込むことを避けるためか前走のような速い時計をあえて出さずにセーブ気味に中間乗られているだけでなく藤沢厩舎流とも言える併せ馬を行わずにこの中間は終始単走で走ってきているあたり、当日のテンションがこれで落ち着いてくれば効果があったということになるでしょう。そして馬の走る気がいい方向にレースで向かってくれば馬体は非常に充実しているように映るだけに強いソウルスターリングを再び見ることができるのではないでしょうか。

ミスパンテール

栗東坂路 53.9 38.2 24.8 12.5 馬なり
前走阪神牝馬ステークス勝利時は1週前・直前と坂路コースで追い切られて調整パターンを変えて勝利を手にしましたが、今回は再びいつもの1週前がコースで直前は坂路でという調整に戻してきました。年明け既に2戦を消化しているだけに体は十分にできている感があり動きも引き続きスピード感十分の動きを披露して状態面は何ら問題なしという状況でレースを迎えることができそうです。後は前走で逃げの手に出た分折り合い面がどうかというところ。横山典騎手と鞍上が鞍上なだけに今回もどんな策に出るかは想定しにくい部分はありますが、しっかりと流れに乗って競馬ができればここ数戦の勢いからも上位争いを期待したい出来にあると言えそうです。

リスグラシュー

栗東坂路 54.4 39.9 25.6 12.2 馬なり 併せ先着
直前の追い切りは終いだけ軽く伸ばす程度で併せ馬先着。それでも終いは馬なりながらに加速度抜群で状態の良さをうかがわせる動きを披露しており、何より1週前に坂路で49.9 36.3 24.2 12.4という絶好の動きを見せていることからも態勢はまさに万全といったところでしょうか。武豊騎手からも「G1を勝つ絶好のチャンス」とコメントが出ているように悲願のタイトル獲得へこれまで最大のチャンスを迎えているといえる今回、チャンスをものにすることのできる出来にあることだけは間違いのないところではないでしょうか。

レッツゴードンキ

栗東坂路 55.0 38.9 24.6 11.9 G前追う
追えば50秒を切るような時計も坂路で出してくるレッツゴードンキがこの中間はそこまで目立つような時計を計時しておらず、1週前の追い切りで52.2をマークした程度という中間の乗り込み。それでも乗り込み量は十分で太め感なく仕上がっているように映りますが、梅田調教師このコメントからもテンションをあげないようにソフトな仕上げで臨むというコメントが出ているように敢えてセーブ気味に調整を進めてきたところ。最終追い切りではラスト11秒台と鋭い動きを見せているように仕上がり・反応ともに文句のない状態にはありそうで、ここ2年大敗しているヴィクトリアマイルの舞台で弾けることができるのか、この調整の工夫が功を奏すのかに注目といったところでしょう。

レーヌミノル

栗東CW 84.8 68.7 53.8 40.1 12.1 馬なり
最終追い切りは終いだけ反応を確かめる程度の調整となりましたが、その終いの伸びは上々。1週前にはコース6Fで80秒を切る好タイムをマークしており、前走に引き続いての絶好の動きを見せているレーヌミノル。状態面は良好であることが見てとれるところであり、昨年の桜花賞馬がこの舞台で復活なるかには注目しておきたいところではあります。ここ数戦は1200mを走って勝ちきれないレースが続いていますが牡馬相手に揉まれて差も僅かというレースでもあり力がある馬であることは確か。牝馬限定レースでこの経験が活きてこの馬の持ち味である粘り強い走りができれば面白いところはあるのではないでしょうか。

今週末の競馬で的中を手にしたいと考える競馬ファンは多くいることでしょうが、スポーツ紙面やメディアが報じるありきたりの情報だけを頼りに予想しても、結局大半の競馬ファン同様にがっかりの結果となってしまうのが競馬です。

だからこそ重要なのはスポーツ紙やメディアが報じることのできないお宝情報をしっかりと掴んで馬券予想を的中させることが重要といえそうですね!

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【新潟開幕】 新潟の風物詩『アイビスSD(G3)』の注目予想情報はコチラ

【札幌開幕】 ★クイーンS(G3)ソウルスターリングVSディアドラの結末は…★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

京都競馬場ダート

★緊急速報★2016平安S(G3)予想~関係者の思惑・狙うべき馬は?

管理人です。 オークス前日に開催される平安ステークス(G3)は本命視されていた アウォーディ

記事を読む

no image

【京都金杯2017 予想 オッズ】エアスピネルがマイルで本領発揮!?

管理人です。 京都競馬場の2017年の幕開けを告げる京都金杯の発走が近づいてきました。 今年

記事を読む

調教風景

【アルテミスステークス2016追い切り】予想に役立つ注目情報!

管理人です。 アルテミスSへの最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。 阪神JFへ

記事を読む

地方競馬2

【京成盃グランドマイラーズ2017予想】船橋競馬を徹底予想!

管理人です。 今週の南関東の注目レースは船橋競馬場で発走となる京成盃グランドマイラーズ

記事を読む

函館競馬場調教

★2016ダービー卿CT(G3)★馬券予想直結の追い切り特注馬情報!

管理人です。 G3ではあるものの好メンバーが集う今年のダービー卿チャレンジトロフィー。 それ

記事を読む