ヴィクトリアマイル2018出走予定馬徹底分析[2]~ソウルスターリング他

公開日: : 最終更新日:2018/05/11 重賞展望 ,

kawata_tuika15_960_720

ヴィクトリアマイル2018徹底分析[2]

2018/5/13(日) 東京11R ヴィクトリアマイル(GI)
4歳以上オープン 1600m (芝) 牝馬限定 定量戦

今年の牝馬ベストマイラーはどの馬なのか…
個性があり、クセのある18騎の闘いは、見逃すことはできない。

4回に分けて、1頭1頭を詳しく分析します!

ヴィクトリアマイル2018/出走予定馬のポイント

ヴィクトリアマイル 出走予定馬/クインズミラーグロ 6歳

2016年12月の1600万戦を勝って以来、前走までの10戦で勝ち鞍はない。
ただ、マーメイドSの2着、クイーンSの3着、小倉大賞典の2着はある。
好走が続かず、ムラ駆けの傾向にあり、ファンにとっては頭の痛い馬とも言える。
良績は中距離に集中しており、前走が示すように、1600m向きではない。
マイルの速い時計の決着になると、追走に汲々して終わる可能性はある。

ヴィクトリアマイル 出走予定馬/ジュールポレール 5歳

条件クラスで3連勝はあるが、オープン入りしてからは3着が最高位。
昨年のヴィクトリアMは3着だが、ヤヤ重で時計を要している。
一連の成績を振り返ると、パンパン馬場での決着は劣勢。
前走は、時計はかかっているが、上位争いに加わっていない。
東京の1600mに不満はないが、期待をかけるなら渋化馬場ではないだろうか…

ヴィクトリアマイル 出走予定馬/ソウルスターリング 4歳

オークスを制覇し、秋からは牡馬路線を歩んだが、結果は得られず。
立て直しを図り、リセットして臨んだ阪神牝馬Sが予想外の10着。
「 直線で反応したが、ラスト200mで止まってしまった 」とルメール騎手。
攻めを積み、馬体は仕上がっていただけに、陣営の落胆度かかなりのモノ。
ひと叩きして、どこまで良くなっているのだろうか?
桜花賞が3着だったように、本来は少し長い距離の方が合っているのかも…
巻き返して当然だが、まだ調子が戻っていないことも考えておきたい。

ヴィクトリアマイル 出走予定馬/デアレガーロ 4歳

まだ8戦のキャリアだが、すでに4勝をマークしている。
その勝ち鞍は、1200m、1600m、1800m、2000mとバラエティに富んでいる。
その1600mの勝ち時計は、1分32秒5なので、そんなに悪くはない。
前走はミスパンテールが勝利した京都牝馬Sの2着。
左回りは1回だけで実績はないが、まず問題はあるまい。

ヴィクトリアマイル 出走予定馬/デンコウアンジュ 5歳

時として大駆けはあるが、好走が続かないタイプ。
他力本願タイプの馬だけに、福島牝馬Sのように自力で動くと、末が甘くなってしまう。
G3メンバーの福島で3着では、GI相手になると信頼度は薄くなる。
東京の1600mは条件ピッタリでも、現実はそう甘くない。
今回は道中ジックリ構えて、直線に賭ける競馬になるだろう。

3 に続く…

ヴィクトリアマイル 出走予定馬徹底分析記事はこちら

ヴィクトリアマイル2018出走予定馬徹底分析[1]~アドマイヤリード他

ヴィクトリアマイル2018出走予定馬徹底分析[2]~ソウルスターリング他

ヴィクトリアマイル2018出走予定馬徹底分析[3]~ミスパンテール他

ヴィクトリアマイル2018出走予定馬徹底分析[4]~リスグラシュー他

ヴィクトリアマイル 2018 予想・馬券フォーカス

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

kawata_tuika21_960_720

函館2歳ステークス2017/出走予定馬短評と予想のポイント

函館2歳ステークス/予想のポイント 2017/7/23(日)開催 函館11R 函館2歳S 1

記事を読む

東京競馬場4

【5/29(日)東京12R目黒記念(G2)】馬券分析・予想

日  東京  目黒記念・ 馬券分析! オープン2500mのハンデ戦。 1番人気は な

記事を読む

京都競馬場6

【11/28(土)京都11R 京都2歳S(G3)】馬券分析・予想

京都 京都2歳S・馬券分析! 2勝馬は2頭だけだが、そんなにレベルは低くないはず。

記事を読む

kawata_tuika14_960_720

高松宮記念2017出走予定馬徹底分析[1]~シュウジ他

高松宮記念2017徹底分析! 2017/3/26(日) 中京11R 高松宮記念(G1)

記事を読む

CBC賞

【2015CBC賞(G3)】出走馬短評とレース展望

中京 CBC賞! 開幕週で馬場状態はこの上なく良く、スピード決着は必至。 リニューア

記事を読む