【NHKマイルカップ2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2018/05/09 管理人おしらせ , ,

管理人です。
S__4595721
NHKマイルカップへ向けての最終追い切りが美浦、栗東トレセンで実施されました。3歳馬限定のマイルG1は世代トップのスピードを競う1戦。最後の直線で末脚を伸ばし続けることができるのは状態のいい馬であることは言うまでもなく、タワーオブロンドンをはじめとした有力各馬の動きはどうなのか、しっかりとチェックしていきます。

NHKマイルカップ2018追い切り診断注目馬

カツジ

栗東CW 83.7 66.9 51.0 38.2 12.0 馬なり
前走のニュージーランドトロフィーを制して益々快調。いつも通りの坂路とコース併用の調整ですが、1週前に坂路で52.6の自己ベストをマークして終いも12.1と鋭く伸びてみせると、直前の追い切りではラスト4Fから加速するとその4Fの時計は自己ベストとなる51.0をマーク。大目標のレースへ向けて万全の仕上がりと言って良さそうです。前走で控える競馬を見せて強い競馬をしたカツジが東京コースでどんな競馬を見せてくれるのか非常に楽しみになってきました。

ギベオン

栗東芝 86.4 68.4 52.2 37.6 11.8 G前追う
芝コースでの最終追い切りはこれで3戦連続となりこの馬のいつも通りの調整といえるところ。軽めの調整でも終いはしっかりと速い時計をマークしているように状態面は良好と言えそう。1週前・2週前にもコースで活発な動きをみせているように調整は万端整ったと見て良さそうです。中間の内容を見るとこれまではBコースを入れたりとなかなか調整パターンが定まらないでいましたが、ここにきてコースで2本、最後は芝でとパターンが整ってきているようにも見えそのあたりも体質強化と注目してみたいところです。

ケイアイノーテック

栗東坂路 53.9 39.3 25.1 12.2 一杯
一杯に追われた最終追い切りではラスト12.2と鋭く反応してフィニッシュ。ここ数戦にない鋭い動きを見せており、使い込まれて大きな上積みはなさそうですがそれでも好調を持続というには十分の動きを見せています。これまでの大崩れなしの堅実な走りをここでも期待できる状態にあると言えます。気になるのは鞍上でしょうか、初の騎乗となる藤岡佑騎手ですが最終追い切りで騎乗はしたものの、この大一番でこの馬の力を発揮させることができるかは注視が必要でしょう。

タワーオブロンドン

美浦坂路 53.0 38.0 24.6 12.0 馬なり 併せ併入
休み明けのアーリントンカップを勝利して臨む大一番。一度使ったことで馬体も引き締まってきて最終追い切りではラスト12.0とこれまでの自己ベストタイムをマークしてきておりスピード感十分。目標としていたレースへ向けて態勢は万全整ったといったところでしょう。後はスピードだけでなくスタミナも要求される東京マイルをどう立ち回るのか、ルメール騎手の手腕に託したいところですが、状態面からは文句なしといって良さそうです。

テトラドラクマ

美浦坂路 52.6 38.1 24.7 12.1 直線追う 併せ併入
時計だけ見ると速い時計が出ており、2月のクイーンカップ以来の出走とはなりますが、好仕上がりと見てよさそうなところではありますが、休み前は坂路でもっと速い時計を軽々マークしていたように稽古駆けする馬ではあり、桜花賞を目指したものの状態が間に合わずに回避したという経緯や、これまでも使って状態が良化するタイプであるという点も鑑みると、稽古の動きからもまだまだ良くなるのはこの次という判断もできてしまうところではあります。典型的な東京巧者だけにこのコースは魅力ですが果たしてどこまでといった感があります。

パスクアメリカーナ

栗東芝 68.9 53.2 38.2 11.5 馬なり
芝コースでの最終追い切りを選択したパスクアメリカーナ。これまでも2回芝コースで最終追い切りを行ってきていますが未勝利勝ちをした時のパターンでもあり気にすることもなさそう。その動きも終いの伸びは豪快でスピード感十分。また、先週もコースで2本意欲的に追われてともに終いは11秒台と目を引く動きを見せており、1週前には中内田調教師が跨って稽古をつけるなど内容も意欲的。その調教師が騎乗して臨んだこぶし賞は見事に勝利を収めているようにこれが勝負パターンなのかもしれません。ともかくNHKマイルカップへ向けて状態は絶好と見て良さそうです。

ミスターメロディ

栗東CW 66.9 51.4 37.5 11.7 馬なり
前走の最終追いは芝コース。その前はBコース、その前は坂路コースとなかなか調整パターンが定まらなかったミスターメロディですが、この中間は2週続けてコースで乗り込まれてきました。ともに福永騎手が騎乗しての追い切りと熱のこもった調整を進められてきていますが、最終追い切りでのラスト1Fの伸びは豪快そのもの。前走が初芝で初重賞制覇となりましたが、今回は初のマイル戦。そのあたり距離がどうかという心配はあるものの、状態だけ見れば騎乗していた福永騎手の「追い切りは完璧」というコメントとそのままにしっかりと仕上がっていると判断して良さそうです。

 

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【東京GⅠ】 天皇賞・秋(G1)豪華メンバーで最注目すべき鉄板馬とは?←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

小倉競馬2

☆2016北九州記念(G3)☆予想オッズ1番人気ベルカントは断然なのか?

管理人です。 今週末、小倉競馬場では真夏の快速王決定戦、北九州記念が発走となります。 1昨年

記事を読む

S__4595721

【シリウスステークス2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 シリウスステークスへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。秋

記事を読む

free06

【フィリーズレビュー2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 フィリーズレビューへ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。桜花

記事を読む

中山競馬場2

★2016セントライト記念(G2)★予想オッズ1番人気は皐月賞馬ディーマジェスティ!

管理人です。 ダービー馬マカヒキ不在の菊花賞制覇へ名乗りを挙げるのはどの馬か? 今週末、中山

記事を読む

地方競馬2

【クラウンカップ2018予想】川崎競馬を徹底予想!

管理人です。 今週の南関東競馬は先週の京浜盃に続いて羽田盃へ向けてのトライアルレース、

記事を読む