【天皇賞春2018予想オッズ人気上位馬は買いか消しか?】

公開日: : 最終更新日:2018/05/13 管理人おしらせ , ,

管理人です。
race
春の長距離王決定戦、天皇賞春が今週末いよいよ京都競馬場で発走となります。3200mという国内G1最長距離に挑む各馬ですが、初G1制覇を狙うレインボーラインやクリンチャーを迎え撃つのは昨年の2着馬にしてジャパンカップを制したシュヴァルグラン。展開ひとつで波乱の可能性も十分ありそうです。まずは出走馬をしっかりとチェックしていきます。

天皇賞春2018予想オッズ人気上位馬診断

シュヴァルグラン

昨年はジャパンカップを制してG1馬の仲間入りを果たしましたが、今年初戦の大阪杯ではまさかの13着大敗。ペースが全く向かなかったという敗因を陣営は求めていますが、この天皇賞春は昨年2着した舞台でもあり、鞍上はジャパンカップを制した際のボウマン騎手に三浦騎手から乗り替わるとなれば再度見直しも必要というもの。元来が叩き良化型のタイプでもあり、一度使って上積みはあるでしょうし今回のメンバーの中では唯一のG1馬となるだけに意地を見せたい1戦。勢いのある4歳馬をねじ伏せてのG1レース2勝目を期待してみたいところではありますが、前走大敗で走りのリズムが崩れているようならば今回も大敗まで可能性はなきにしもあらずといったところでしょう。

レインボーライン

前走の阪神大賞典でおよそ2年ぶりの勝利を手にしたレインボーライン。とはいえこれまでG1レースで2着1回、3着2回と実績はある馬で、久々の勝利によって一気に待望のタイトル奪取なるかの期待も高まるレインボーライン。菊花賞2着の実績もある反面、昨年の天皇賞春は12着と大敗しているだけに、今回の天皇賞春でどこまで信頼できるかが鍵となってきそうです。昨年の天皇賞春の際の敗因は58kgを背負っての外枠に求められていましたが、決め手勝負では分が悪い部分があるのも確かなだけに、いかに持久戦に持ち込めるかが肝心となってくるのではないでしょうか。前走同様に早めに動いていってのスタミナ勝負になれば面白い存在となってくるはずです。

クリンチャー

昨年の菊花賞2着のクリンチャーですが、今年に入って京都記念でレイデオロ・アルアインを負かして一気に脚光を浴びることに。続く阪神大賞典は1番人気に支持されながら、自ら勝ちにいく競馬をしにいった分差されての3着ならば力のあるとろを示した1戦と言えるところ。前走で負けたことによりある程度は楽な気持ちで乗れることでしょうし、鞍上は平成の盾男、武豊騎手となればその手腕にも注目してみたいところではあります。今回、菊花賞のように後方から進めるのか、京都記念のように先行策をとるのかは不明ですが、有力各馬の目標とされるような展開は避けたいところ。自分の競馬に徹してどこまで通用するかが見ものとなってくることでしょう。

ガンコ

昨年までダート路線を歩んできた馬が芝の長距離に路線を替えてから快進撃。前走の日経賞で重賞初制覇を遂げるとその勢いでG1天皇賞へ駒を進めてきました。先行してからバテない脚でスタミナに絶対の自信があるといった感のある馬だけに、有力各馬が後方でけん制しあうような流れになった場合はこの馬の前残りに警戒が必要となってきそうなところはありますが、前走の日経賞はあまりにメンバーが手薄なところではあっただけに今回は更に相手が強化される中でどこまでやれるかが課題となってくるのではないでしょうか。

トーセンバジル

かれこれ1年半勝ち星から遠ざかっているトーセンバジルですが、昨年は海外遠征で香港ヴァーズ3着するなど能力の片鱗は見せた1年となりました。未だにタイトルこそ獲得していませんが、その能力はG1でも通用するものはあると見てよく、典型的な叩き良化型のタイプが前走の日経賞を一度使って状態も上向いてきているはずですし、鞍上がデムーロ騎手というのもなんとも不気味であり、流れひとつで食い込みの余地は十分と見て警戒しておく必要がありそうです。

その他の注目馬

アルバート…古豪ステイヤーはまだまだ健在。京都コース克服ならば
サトノクロニクル…阪神大賞典で2着して長距離適性を示しており注目
カレンミロティック…1昨年の天皇賞春2着馬は近走不振も距離に不安なし
ヤングマンパワー…昨年のマイラーズカップは3着しており古豪の底力に警戒

free02

最近競馬で負けが続いている人も更に勝ち続けたいと思っている人も、今週末の競馬で多くの的中を手にして競馬を楽しまれることをお祈りしております。やはり競馬で勝つには運も大事かもしれませんが、いかに『情報』を手にしているかが大きく左右してしまいます。スポーツ新聞やネット上に溢れるありきたりな情報ではなく、競馬に勝ち続けている人が利用する『本物の情報』を手に今週末は競馬を楽しまれてはいかがでしょうか?

それでは今週末の天皇賞春でしっかりと的中を手にしましょう!

【直前情報】 【朝日杯FS(G1)】グランアレグリア不安?勝つのはこの馬!

【阪神G1】 朝日杯FS(G1)絶対買いの鉄板馬とは?←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free06

大阪杯2017追い切り/予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 大阪杯へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで行われました。今年から

記事を読む

free33

【日経賞2017予想 オッズ 注目馬】ゴールドアクター復権へ!

管理人です。 天皇賞(春)へ向けて重要な1戦となる日経賞が中山競馬場で発走となります。

記事を読む

新潟春競馬

★緊急速報★2016新潟大賞典(G3)急浮上の特注馬情報!

管理人です。 NHKマイルカップの直前に発走となる新潟大賞典(G3) 実はNHKマイルCより

記事を読む

S__4595715

【シルクロードステークス2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 シルクロードステークスへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました

記事を読む

free06

【チューリップ賞2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 チューリップ賞へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。桜花賞へ

記事を読む