【東京スプリント2018予想】大井競馬を徹底予想!

公開日: : 最終更新日:2018/04/24 広告・おしらせ , ,

管理人です。
大井競馬2
今週開幕した今年の大井ナイター競馬。その注目レースはなんといってもJRA交流重賞の東京スプリント。秋のJBCスプリントを視野にスピード自慢の砂の強豪が集います。昨年のJBCスプリントの勝ち馬ニシケンモノノフをはじめJRA勢も強力ですが、層の厚い南関東勢もここはベストとも言える布陣で臨むだけに中央VS地方のガチンコ勝負からは目が離せません。

東京スプリント2018注目馬

2枠3番 グレイスフルリープ

前走の黒船賞は果敢にハナを奪っていきましたが直線苦しくなっての5着。早めにブルドッグボスに捲られる厳しい展開も災いしたように思われますが、昨年は韓国のコリアスプリントを制するなど活躍を見せてきた8歳馬。自分のリズムで走れればまだまだ見限ることはできない馬だけに、激しいハナ争いに巻き込まれずにそれを見るような形で運べれば勝ちきるまではどうかも、好走は十分に可能な1頭と言えるのではないでしょうか。

2枠4番 ブルドッグボス

南関東へ移籍後も常に好走を続けているブルドッグボス。中央でのカペラS3着、根岸S5着という成績もこのメンバーに入れば実績上位の存在となります。前走の黒船賞は早めに動いて勝ちにいったところを伏兵エイシンヴァラーに脚元をすくわれる形で3着敗退という結果はそう悲観する内容でもなく、今回は前の速い馬を見ながらの競馬ができそうなだけに競馬もしやすくなる筈。大井1200mは(0.1.1.1)と勝ち星こそないものの結果は残している舞台だけに気にすることもなさそうですが、勝ちきれない部分があるのは気になるところ。ここも上位争いはしてきそうですが、最後に詰めの甘さを露呈しての2.3着という結果も頭に入れておきたいところではあります。

3枠5番 スノードラゴン

芝・ダート問わずにその末脚には常に警戒のスノードラゴンは芝の高松宮記念からの参戦となります。ダートでも最近ではカペラステークスでブルドッグボスに先着を果たしているようにまだまだその力は健在。終いの末脚は常に安定しているだけに要は展開が向くか向かないか。それこそ追い込みの利く展開にでもなれば見せ場は必ず作ってくるのではないかと展開ひとつで警戒が必要になってくる馬であると評してよいでしょう。

4枠7番 キタサンミカヅキ

昨年の東京盃ではJRAの強豪を抑えて重賞勝利を挙げたキタサンミカヅキ。その後も安定して末脚を繰り出してきてはいますが勝ちきるまでには至っていません。堅実な末脚を武器とする馬だけにある程度展開が嵌ってこなければ勝ち切るまではどうかという部分があるのも確かですが、ここは人気も多少落ちてくることが想定されるだけに、気楽な立場で末脚に徹すると、後ろ有利の流れにでもなれば見せ場は必ず作ってくるものと信じて注目してみるのも手でしょう。

5枠9番 アピア

3歳時に無類のスピードを見せつけたアピアも気づけば7歳に。中央に移籍した時期もありましたが南関東に再び戻ってきてからは現在破竹の4連勝中。その勢いで地元大井で中央勢を撃破なるかには注目したいところです。戦法はただひとつ。行けるだけ行くということになりそうですが、近走ではハナに拘らずとも結果が出ていることを考えると、馬に成長も感じられるところではあります。当然人気にもなってくるでしょうが、中央勢の作り出す速い時計での決着になった場合に対応するにはまだまだ自身の時計を詰める必要もあるだけに、そのあたりがどうかという部分となってくることでしょう。

6枠11番 ウインオスカー

2走前の室町ステークスこそ馬場が全く合わずに殿負けを喫しましたが、迎えた前走千葉ステークスを快勝してやはり力のある馬であることを見せ付けた1戦となりました。今回の東京スプリントが初の重賞挑戦となり、相手も強化された中でどこまでやれるかには注目したいところではありますが、初のナイター競馬でイレ込みやすいウインオスカーが果たして落ち着いてレースに臨むことができるかが最大の課題となってきそうです。先行抜け出しのダート競馬のお手本のような競馬をしてくる馬でスピードも十分なだけに当日落ち着きさえあれば、本命視してもいいくらいの力はあると評していいのではないでしょうか。

7枠13番 ネロ

昨年のJBCスプリントで久々のダートを走りましたが、勝ったニシケンモノノフとタイム差なしの4着に好走したネロが再度ダートに挑戦してくることは注目を集めていますが、今回の外めの枠は揉まれず砂を被らずに進めるというのは武器となってくることでしょう。理想は単騎逃げということになりそうですが、内に速いアピアがいたりとそう楽にはハナを主張できそうもない顔ぶれなのは気がかりですが、自分のペースで展開が流れてくれば上位争いは可能な1頭であると言ってよさそうです。

8枠15番 ラブバレット

岩手競馬期待の星、ラブバレットが大井競馬場に登場。これが大井競馬場初登場となるのは以外ともいえるところですが、各地に遠征してJRAの強豪相手にも善戦を続けている歴戦の古豪。3月に黒船賞を制したエイシンヴァラーを昨年の笠松グランプリで難なく負かしているあたりからもこのメンバーに入っても力的には謙遜のない馬であることは確か。後は初の大井競馬で力を発揮できるかどうかというところになってくるでしょう。レース的には内の速い馬を見ながら競馬ができることから競馬はしやすいのではないかと想定されますが、後はもう一押しあれば勝ち負け圏内というところではないでしょうか。

8枠16番 ニシケンモノノフ

昨年のJBCスプリントを制したチャンピオンホースですが、その後は芝に挑戦した後にフェブラリーSに臨んで果敢にハナに行ったものの距離が長かったのか失速して殿負けを喫しました。リフレッシュ休養を経て臨む今回の東京スプリントですが、この2戦で崩したリズムが休養で修正されているのであれば、大井1200mは(1.0.1.0)と結果を残している舞台でもあり巻き返しに当然期待ということになってくるでしょう。理想はハナでしょうが控えても大丈夫な馬で、揉まれる心配のない大外枠からの発走ならば内で先行争いを見ながらポジショニングできることが濃厚。極端に前が速くならない限りは上位の力を見直してみたいところではあります。

地方競馬2

東京スプリント2018/大井競馬イベント情報

当日はタレントの松村邦洋さん、神奈月さん、古賀シュウさんによるものまねステージを実施したり、10月にオープンする新イルミネーション「TOKYO MEGA ILLUMINATION」のプロローグとして、パドック東側にメリーゴーラウンド「TWINくるくるファンタジー」、ウマイルスクエアには「ウマイルミスクリーン」が登場する大井競馬場。他にもプレゼントイベントやグルメイベントなど様々なイベントもあるみたいなので要チェックです!レースにイベントにこれは楽しめること間違いなし!

大井競馬場といえば、いまや観光ブックにも掲載されるほど、競馬だけでなくイベントやエンターテイメント施設としても注目を集めてきている競馬場として知られていますね。近くでお仕事をされている方やお近くにお住まいの方はぜひ大井競馬に足を運んでみてはいかがでしょうか。

そして大井競馬でバンバン的中を手にしてしまいましょう!

【盛岡競馬】 ※マーキュリーカップ(Jpn3)徹底分析予想はこちらから

【中京最終】 中京記念(G3)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

フジノウェーブ記念

★2016フジノウェーブ記念(S3)★大井競馬を徹底予想!

管理人です。 近年レベルアップしている南関東馬の中でもとりわけ高評価されているのが 短距離戦

記事を読む

free33

【セントライト記念2017予想】出走馬データ分析

管理人です。 2年前、キタサンブラックの快進撃はここからはじまったとも言えるセントライ

記事を読む

free33

【宝塚記念2017予想】出走馬データ分析

管理人です。 いよいよ迎える上半期の総決算、宝塚記念が阪神競馬場で発走となります。今年

記事を読む

S__4595721

【優駿牝馬(オークス)2018枠順・追い切り・コメント】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 優駿牝馬(オークス)へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。

記事を読む

大井競馬2

【アフター5スター賞2017予想】大井競馬を徹底予想!

管理人です。 今週の南関東注目レースはなんといってもアフター5スター賞。スピード自慢の

記事を読む