皐月賞2018 予想・馬券フォーカス

公開日: : 重賞展望 , ,

皐月賞 2018 / 予想・馬券フォーカス

2018/4/15(日)開催 阪神11R 皐月賞(GI)
3歳オープン  2000m芝  定量戦

今年はダノンプレミアムが主役となり、レースが繰り広げられる。
そう考えていた矢先の1週前に、「 挫跖で回避 」のニュース。
一変して、波乱必至のレースになってしまった。

皐月賞 2018 予想 [展開はどうなる?]

ケイティクレバーはハナを譲れないが、アイトーンも同じ気性。
エポカドーロ、サンリヴァル、ジェネラーレウーノもいて、テンは速くなる。
その後に勝ちを意識する馬はひしめき合う流れに。
勿論、切れる脚を持つ馬が有利と言える。
少なくとも、先行馬にとって厳しい流れは避けられまい。

皐月賞 2018 予想 [ここまでの結論!]

◎ 02 ワグネリアン

前走はダノンプレミアムに相手にされなかったが、2着は確保している。
馬体は仕上がっていたので、逆転するのは難しいが、他の馬には負けられない。
ライバルはいないので、福永騎手はそのことを頭に入れて競馬を進める。

◯ 15 ステルヴィオ

ここまで3勝し、2着を外したことはない。
前走でルメール騎手は、「 2000mは大丈夫 」と公言している。
ダノンプレミアムが不在なら、チャンスは大きく広がってくる。

▲ 05 キタノコマンドール

キャリアは2戦だけに不安だが、素質だけなら一歩もヒケは取らない。
いい脚を長く使え、コンスタントに33秒台で上がってくる。
鞍上が G I 大好きなデムーロ騎手だけに、一発があるかも…
外目を回っても、モマれなければ、力を発揮できる。

△ 03 ジャンダルム

デビューから2連勝、ホープフルSが2着、弥生賞が3着なら及第点がつけられる。
ただ、前走の2着馬は強力だけに、武豊騎手の立ち回り方は重要。
上位争いは十分な馬と考えておきたい。

× 06 アイトーン

2連勝の逃げ切りは、相手に恵まれ、展開面での恩恵もあった。
今回は目障りな同型がいて、相手はグンと強化されているので。

× 07 エポカドーロ

3着以下のない実力馬だが、インパクトには欠ける。
現状は先行して粘り込むしか策はなく、切れる脚は使えない。

× 09 オウケンムーン

中距離で3連勝中だが、ハッキリ言って相手は強くなかった。
有力馬と同じような位置から競馬をしては、切れで負けてしまうだろう。

× 08 ケイティクレバー

逃げてこその馬で、勝つには展開の助けが必要となる。
この中に入っては、マイペースの逃げは叶わない。

× 10 ジェネラーレウーノ

休養明けで、G I レースを勝つには、よほどの実力がないと無理。
2000mで3連勝しているが、弥生賞組と比較すると、上がりの時計で見劣ってしまう。

× 11 マイネルファンロン

どんな相手にでも渋太く食い下がるが、悲しいかな決め脚がない。
前走は権利の3着を獲りにいったレース内容だけに…

皐月賞2018 馬券フォーカス

02➖15、02➖05、02➖03、15➖05、15➖03、05➖03

【直前情報】 これは買い【神戸新聞杯(G2)】この馬は必ず買ってください。

【徹底攻略】 ※オールカマー(G2)レイデオロを負かすのはこの馬←馬名公開中!

【中山競馬】 オールカマー(G2)レイデオロVSアルアイン再び…←絶賛公開中

【阪神競馬】 『神戸新聞杯(G2)』エポカドーロ・ワグネリアンを負かすならこの馬!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

kawata_tuika24_960_720

京阪杯 2017 データ から傾向を分析!

京阪杯・データからの傾向! 2017/11/26(日)開催 京都12R 京阪杯(G3) 3歳

記事を読む

race

阪神大賞典2018/出走予定馬の1週前動向をチェック!

3月18日は天皇賞春の前哨戦 阪神大賞典です! 2018/3/18(日) 阪神11R 阪神大賞

記事を読む

kawata_tuika07_960_720

天皇賞春2017予想/出走予定馬徹底分析[1]~キタサンブラック他

天皇賞春2017徹底分析 2017/4/30(日) 京都11R 天皇賞春(G1) 4歳以上オ

記事を読む

free01

日本ダービー2018出走予定馬徹底分析[1]~エポカドーロ他

日本ダービー2018徹底分析 2018/5/27(日) 東京10R 日本ダービー(GI) 3

記事を読む

free19

【ダイヤモンドステークス2017】1週前出走予定馬の動向をチェック!

2017/2/18(土)の東京はダイヤモンドステークスです! 東京11R ダイヤモンドステーク

記事を読む