【皐月賞2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 管理人おしらせ , ,

管理人です。
S__4595721
皐月賞へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。クラシック3冠の1冠目を狙って各馬虎視眈々と調整を進めてきていますが、さすがG1というだけあり、状態に不安のあるという馬はいなさそうな感。それならば抜けて動きがいい馬をピックアップしておくべきであり、ワグネリアン・ステルヴィオといった人気馬だけでなく、各馬の動きをしっかりとチェックしておきましょう。

皐月賞2018追い切り注目馬

オウケンムーン

美浦南W 83.8 69.0 53.1 38.7 12.9 馬なり 併せ併入
陣営も認める稽古で動かない馬ですが、今回もその通りといった感じで時計こそ平凡なものとなっていますが、動き自体は仕上がり順調を印象付けるもの。終いまでしっかりと駆けてきておりこの馬なりの力は示せると判断して良いでしょう。1週前には自己ベストタイムを更新となる6F81.1をマークしており、共同通信杯を勝って更にパワーアップも感じさせるところとなっていることを考えると、皐月賞と好相性のステップとも言える共同通信杯から臨んでくるオウケンムーンにも当然注目が必要ということになるのではないでしょうか。

キタノコマンドール

栗東CW 54.1 39.5 12.5 馬なり 併せ遅れ
池江寿厩舎の定番とも言えるコース4F追いでの最終追い切りはデムーロ騎手が騎乗して行われましたが、時計的にも物足りなさを感じ、併せ馬でも遅れと内容的にはあまり褒められたものではないと言えるかもしれません。それでも騎乗していたデムーロ騎手は状態を絶賛していたあたりが果たしてリップサービスなのかどうか。実際にこのような調整配分で新馬戦は快勝しているだけにあまり気にすることはないのかもしれません。1週前、2週前ともにラストは11秒台と切れのあるところを見せており、今回も中山コースでこれまで同様の末脚を繰り出してくれば怖い存在となってくることでしょう。

グレイル

栗東CW 79.4 64.6 51.0 36.8 11.6 一杯 併せ先着
コースで絶好の時計と動きを見せたグレイル。共同通信杯では圧倒的1番人気に支持されながらも7着と大敗を喫しましたがそのダメージも感じさせない軽快な動きで時計も自己ベストタイムを更新。状態面に関して言えば文句なしというところまで仕上がっているように思われます。後は共同通信杯大敗の原因。未だに掴めないところはありますが、京都2歳ステークスの勝ち振りを見れば力を出せばこの皐月賞でも通用して良い器であることは確かで、岩田騎手のハッスルプレイに期待といったところではないでしょうか。

ジェネラーレウーノ

美浦南W 52.0 38.2 12.7 一杯 併せ先着
この馬にとってはいつも通りといえる最終追い切りはコース4F追いを敢行。直線並んでから抜け出す脚はスムーズでスピード感も十分あり久々のレースになりますが美浦に戻る前には育成牧場でもそれなりに乗り込んでいるようで、仕上がりは上々と言えるでしょう。未だに集中して走らないという課題があるとのことで今回もチークピーシーズを着用してのレースとなるようですが、集中して走ることさえできれば、前残りに警戒したい1頭であると言えるのではないでしょうか。

ジャンダルム

栗東CW 53.3 38.6 11.3 馬なり 併せ先着
池江寿厩舎の定番追い切り内容のコース4F追いですがジャンダルムにとっては初の試みとなる追い切り内容で臨む皐月賞。追い切り内容的には前走同様に終いの伸びはとにかく秀逸。3週連続して11秒の前半をマークしてきており、状態面はまさに最高潮と言えるレベルまで仕上がっていると判断して良さそうなところ。騎乗していた武豊騎手もこれまで騎乗してきた中で一番の出来と言っているのも納得の動きを披露しています。距離の不安はホープフルS・弥生賞の好走で拭えているところでもあり、後は展開ひとつで戴冠のチャンスまで十分にあると言えるのではないでしょうか。武豊騎手の思い切った騎乗にも期待してみたいところではあります。

ステルヴィオ

美浦南W 53.6 38.7 12.6 馬なり 併せ併入
スプリングステークスを勝った後も順調に乗り込まれて最終追い切りはコースで4F追い。動き的にもここ数戦と変わらないフットワークで軽快に駆けてきており予定通りの仕上がりといったところでしょうか。とにかく毛づやの良さが目立ち状態の良さがうかがえるところであり、これまで負け続けてきたダノンプレミアムが不在の1戦ともなれば自分が主役とばかりのパフォーマンスを発揮してくれるのではないかと期待してみたいところではあります。距離に関してもルメール騎手は長い方がいいと言っているくらいなのでそこまで心配する必要もないのではないでしょうか。

タイムフライヤー

栗東CW 79.0 63.7 49.9 36.7 12.3 一杯 併せ先着
とにかく目立つ動きを見せたのがタイムフライヤー。序盤から飛ばしていくと終いまでその勢いをとめることなく猛タイムとも言える時計をマークして当然の自己ベストタイムを更新。騎乗していた内田騎手からはスタミナを感じさせる走りという評価が出ていましたが、スピード感も十分の動きであったことを考えれば、前走若葉ステークスは接触の不利もありまさかの敗退となりましたが巻き返しの可能性を感じさせる動きであったと言えるでしょう。2歳G1で中山2000mを制している馬が同舞台の皐月賞での走りとなるだけに再度注目する必要があると言えるのではないでしょうか。

ワグネリアン

栗東CW 86.1 68.9 53.4 39.4 12.9 馬なり
これまでは坂路で最終追い切りを行ってきましたがこの大一番皐月賞を前に最終追い切りをコースに変更してきたワグネリアン。輸送も考慮して直前は軽めの調整となりましたが、1週前・2週前と速い時計をマークさいて存在感たっぷりの動きを見せていたことからも状態は何ら心配なしといったところでしょうがこのパターン変更は、これまでの坂路調教では余力が余りすぎてレースにいって馬がイレ込んだからというのが調教師の説明ではありますが、果たしてプラスに働くのかマイナスに働くのかはやってみないと解らない部分ではありますが、陣営の思惑通りに当日落ち着き十分ならば戴冠の可能性はかなり高まるといったところになるのではないでしょうか。

※※※※※※※※※

美浦・栗東追い切りの中で最も注目すべきはこの馬
今や天童なこさんをはじめ、追い切りメインの競馬予想も脚光を浴びていますが、そんな追い切り診断の匠と称されるほどその追い切り診断には定評があり「メーンの女王」とまで称される竹下さんがこの皐月賞で推すのがこの馬。今回の各馬の追い切りの中で最も目立つ動きを見せている馬であり、まさにここが「メイチ勝負」であると言えます。先週の桜花賞においても推奨馬アーモンドアイがきっちりと勝利して推奨順通りで3連単を1点的中させています。追い切り診断推奨馬の馬券圏内率は脅威の89.8%をマークしており、皐月賞もこの馬から馬券を買っていればほぼ的中を手中にできると言えそうです。

追い切り診断のプロの皐月賞推奨馬はコチラから確認
ouka
ouka2
などと、多くのコメントがネット上に投稿されていますが、一般競馬ファンだけでなく関係者でさえ追い切りパターンの事で相談をしているとも言われる追い切り診断の匠、竹下さんの皐月賞の予想は本当に気になるところですね、2018年のG1レース完全的中を継続しておりこれからの重賞レースも彼女の予想を支持するファンを熱狂させることでしょう。

例え人気薄の馬だろうが、追い切りの動きが絶好ならばしっかりと狙って的中させ2017年4月から重賞連続的中継続中とくれば、さすがの一言ですね。

皐月賞の本命馬◎無料公開はコチラから

今週末の競馬で的中を手にしたいと考える競馬ファンは多くいることでしょうが、スポーツ紙面やメディアが報じるありきたりの情報だけを頼りに予想しても、結局大半の競馬ファン同様にがっかりの結果となってしまうのが競馬です。

だからこそ重要なのはスポーツ紙やメディアが報じることのできないお宝情報をしっかりと掴んで馬券予想を的中させることが重要といえそうですね!

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【船橋競馬】 ☆クイーン賞(Jpn3)南関東競馬で週末の資金稼ぎ$したい方へ☆

【阪神G1】 朝日杯FS(G1)絶対買いの鉄板馬とは?←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

トレセン風景

★2016共同通信杯(G3)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 いよいよ今年のクラシック、皐月賞・ダービーへ向けても注目の一戦。 共同通信杯の

記事を読む

free33

【スプリングステークス2018予想】予想オッズ注目馬・必見情報

管理人です。 皐月賞への3枚の切符をかけた最後の戦い、スプリングステークスが中山競馬場で発走と

記事を読む

S__4595724

【函館記念2017追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 函館記念へ向けての最終追い切りが函館競馬場で行われました。滞在競馬となる

記事を読む

【福島記念2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 エリザベス女王杯の直前に福島競馬場で発走となる福島記念は荒れる重賞として

記事を読む

S__4595721

【高松宮記念2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 高松宮記念へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。スプリンター

記事を読む