【桜花賞2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2018/04/12 管理人おしらせ , ,

管理人です。
S__4595717
桜花賞へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。各馬G1制覇へ向けて態勢を整えてきていますが、その中でも特に目立つ動きを見せている馬がいるのであれば牝馬限定戦ということもあるだけに要チェックでしょう。絶大な人気を集めそうなラッキーライラックをはじめとした有力各馬だけでなく好追い切りを見せている馬もピックアップしていきましょう。

桜花賞2018追い切り注目馬

アーモンドアイ

美浦南W 計時不能
先週に続き美浦トレセンを覆った霧の影響で計時不能。動き自体も鮮明に確認することが出来ない中での追い切りとなりましたが、騎乗していたルメール騎手によれば満足のいく動きであったとのことで、GPS計測ではラスト11.4をマークした模様。国枝調教師からも納得の仕上がりであるとのコメントも出てはいますが、これまでも2~3ヶ月間隔でレースをつかっている馬ではありますが、この中間の追い切りはいつになく軽めで時計もそこまで出ていないのは気がかり。育成牧場で乗り込んできている分、身体が仕上がっているという判断もできなくもないですが、逆に強い負荷をかけられないような要因があるのかもしれずこれは当日の気配まで要チェックと言えるのではないでしょうか。

デルニエオール

栗東CW 53.4 39.2 11.9 G前追う
フィリーズレビュー3着で優先出走権を手にしたオルフェーヴルの妹デルニエオールですが、小柄な牝馬が中2週の競馬にもかかわらずこの中間はしっかりと負荷をかけられての調整を施されており、体調が良く食いがあるからこそできる調整と見てとれるもの。追われてからの反応も前走以上であり時計的にもラストは11秒台を連発とまずは桜花賞へ向けて万全の態勢を整えたという状態にあると見てよいでしょう。実際賞金的にはここで好走しなければオークスへの出走は厳しくなるだけに、まずは桜花賞に全力投球で上位を狙うという陣営の意図が非常に鮮明に見てとれる追い切り内容と好状態であると言えるのではないでしょうか。

フィニフティ

栗東CW 67.5 51.3 37.5 12.2 馬なり
2月のクイーンカップ以来の出走とはなりますが、短期放牧から3月中旬に戻り予定通りの調整を消化してきたといったところ。動き的にも前走以上の時計は出ており、動き自体もパワーアップしている感はありまだまだキャリア2戦で底を見せていない魅力と成長力を感じさせるところではあります。デビュー3戦目が桜花賞G1というのは厳しい条件とはなるかもしれませんが、追い切りの動きからは素質を感じさせる動きは見せており、流れひとつで上位をうかがうことのできる状態にはあると判断してよいのではないでしょうか。

マウレア

栗東CW 82.3 66.3 51.4 37.5 11.7 G前追う 併せ先着
一時期関東馬に流行した「栗東留学」でこの中間調整を進めてきたマウレア追い切りの時計はそれだけに比較困難ではありますが、最終追い切りの動きを見れば仕掛けられてからの反応は秀逸で、併走した古馬オープンのヤングマンパワーに楽々先着しているあたりは力のあるところを見せ付ける形とはなりました。この「栗東留学」効果でどこまでやれるのか、前走のチューリップ賞は2着にはきましたが8kg馬体減があっただけに、今回はこれ以上に馬体が減ると心配な面も出てきます。ただ、輸送距離の短い栗東に滞在したことにより馬体維持することができているのであれば当然注目の存在となってくることでしょう。

ラッキーライラック

栗東CW 84.8 67.1 52.3 38.2 11.6 馬なり 併せ先着
ここ3戦変わらない坂路とコース併用での調整で最終追い切りはCWコース。全体の時計的には前走と変わらないところではありますが、仕掛けられてからの反応がグンと良化して2週続けてラストは11秒台をマーク。これは完全に仕上がったと見ていいところでしょう。これまでのレース振りを見てもあまり死角の見当たらないところではありますが、状態面から見ても文句のない仕上がりにあるとなればこれは圧倒的1番人気を裏切るわけにはいかないという状況になっていると言えるでしょう。稽古通りの動きを見せれば桜花賞制覇濃厚という立場にいることは間違いなさそうです。

リリーノーブル

栗東CW 66.8 51.3 36.9 11.5 強め
中間は坂路でじっくりと乗り込んで、最終追い切りはコースでというのはリリーノーブルのいつものパターン。そのいつも通りの調整を順調に消化してきていることは好印象ですが、更に最終追い切りでは仕掛けられてからの反応は秀逸であり、ラストは11.5でまとめてくるあたり、不調では絶対にできない動きでもあることからまず好調間違いなしといえそうです。当然、前走を叩いての上積みも感じられるところですし、ラッキーライラック相手に連敗となっていますが、この桜花賞の舞台で逆転なるかにも注目できる仕上がりにあると言えそうなだけにレースが楽しみになってきたというところではないでしょうか。

今週末の競馬で的中を手にしたいと考える競馬ファンは多くいることでしょうが、スポーツ紙面やメディアが報じるありきたりの情報だけを頼りに予想しても、結局大半の競馬ファン同様にがっかりの結果となってしまうのが競馬です。

だからこそ重要なのはスポーツ紙やメディアが報じることのできないお宝情報をしっかりと掴んで馬券予想を的中させることが重要といえそうですね!

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【直前情報】 これは買い【神戸新聞杯(G2)】この馬は必ず買ってください。

【徹底攻略】 ※オールカマー(G2)レイデオロを負かすのはこの馬←馬名公開中!

【浦和競馬】 ※オーバルスプリント(Jpn3)中央VS地方!徹底分析予想はこちらから

【中山競馬】 オールカマー(G2)レイデオロVSアルアイン再び…←絶賛公開中

【阪神競馬】 『神戸新聞杯(G2)』エポカドーロ・ワグネリアンを負かすならこの馬!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

クラスターカップ

【2016クラスターカップ(Jpn3)】盛岡競馬を徹底予想!

管理人です。 いよいよ今週末は夏競馬最大の注目レース札幌記念!しかしその前に お盆ウィークは

記事を読む

大井競馬2

【羽田盃2018予想】大井競馬を徹底予想!

管理人です。 いよいよ南関東三冠の第一戦、羽田盃が大井競馬場で発走となります。今年は前哨戦の京

記事を読む

小倉

【日経新春杯2018予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 来るべき春のG1戦線、大阪杯・天皇賞(春)・宝塚記念を見据えて実力馬が京都競馬場

記事を読む

競馬1

【東京新聞杯2017予想オッズ】エアスピネル、マイル王へ!

管理人です。 来るべき安田記念と同じ東京1600mで行われる東京新聞杯。今年のマイル王

記事を読む

地方競馬

【ニューイヤーカップ2018予想】浦和競馬を徹底予想!

管理人です。 南関東競馬は新年の浦和開催、年明け早々今年のクラシックを占う意味でも注目のニュー

記事を読む