【ニュージーランドトロフィー2018予想オッズ・出走馬情報】

公開日: : 最終更新日:2018/04/04 管理人おしらせ , , ,

管理人です。
free33

皐月賞を次週に控える中山競馬場でNHKマイルカップを狙う3歳馬の争い、ニュージーランドトロフィーが今週末発走となります。2歳時から実績を積んできたケイアイノーテックやカシアス・カツジといった馬に注目が集まりそうですが、新たに重賞戦線へと名乗りをあげてきたアンブロジオやリョーノテソーロ、ラムセスバローズといったあたりが加わり、大一番へ向けた覇権争いからは目が離せません。

ニュージーランドトロフィー2018予想オッズ人気上位の注目馬

ケイアイノーテック

昨年の朝日杯FSでは登録メンバー中最先着の4着。とはいえ勝ちきれない競馬を続けており、2勝目をあげたのは前走の500万下。その勝ちっぷりは圧巻であり、一皮むけた感すら感じられるところではありました。決め手勝負に長けたタイプでもあり、初の関東遠征に加えて中山マイルというコース設定がどうかという部分はありますがNHKマイルカップ出走へ向けてはここで賞金加算をしておきたいのも確かでありそれなりの状態で出走してくることが濃厚。母ケイアイガーベラはダート短距離で活躍した馬で中山のカペラSを制しているあたり、この馬も中山コースをこなしてNZTで重賞初制覇なるかには注目してみたいところです。

カシアス

昨年の函館2歳ステークスを制しており、実績的にはメンバー中随一といえる存在となるカシアス。その後も京王杯2歳Sで2着に入り、前走のシンザン記念でも逃げて3着と好走しているようにそのスピードはまだまだ世代上位のものであることを見せています。ベストの距離はマイルよりも短いところである感はありますが、マイルでも自分のペースで先行することさえできれば、前残りの目は十分にあると言えるのではないでしょうか。

カツジ

昨年のデイリー杯2歳Sでは皐月賞の有力候補でもあるジャンダルムの2着。ケイアイノーテックにも先着しているカツジですが、前走きさらぎ賞では5着に敗退し、そこでの結果を受けて距離適性を考慮して目標をNHKマイルカップに転換しこのNZTに駒を進めてきました。きさらぎ賞では14kg馬体増で出走してきており、成長分もあったにしろ多少余裕残しの仕上げで臨んできたようにも見えただけに休養明けを一度使っての上積みには期待がもてるところであり、その先行力は魅力的。勝ち切れるかどうかは別として安定したレース振りで上位をうかがう可能性は高い1頭と言えるのではないでしょうか。

アンブロジオ

2歳時に未勝利・ベゴニア賞と連勝し、年が明けてからはクロッカスSで2着・ファルコンSで4着と勝ちきれないにしろしっかりと掲示板は確保しているあたりは地力のある証拠。もうワンパンチ欲しいところではありますが、その安定感は高く評価したいところではあります。今回課題となるのは右回りコースとなるあたりがどうかというところ。デビュー戦こそ札幌コースで2着でしたがその後は左回りを選んで使われてきている感があるだけにそのあたりは課題となってくると言えるでしょう。そこさえクリアならこれまで通りに堅実な走りが期待できるのではないでしょうか。

ラムセスバローズ

デビュー戦2着以来の芝コースに挑戦した前走の中山マイルの500万下戦で鮮やかな差し切り勝ちを収めたラムセスバローズ。デビュー時からその素質の高さは話題となっていた馬ですが、漸くベストの条件を見つけたというところでしょうか、時計的にはいま少し詰めてこないと重賞では苦しいところではありますが、まだまだ上積みが見込めそうな力を秘めた馬であり、前走で今回の中山マイルを経験して勝利を手にしているのは大きなアドバンテージとなるだけにここでも注目が必要な1頭と言えるでしょう。

リョーノテソーロ

ダートで2勝した後に芝に挑戦した前走のクロッカスSで見事に勝利を収めたリョーノテソーロ。芝でもやれるところ示しただけに今回のNZTでも当然注目の存在となってくるでしょう。今回は初の1600mという距離がどうかという部分もありそうですが、まだまだ芝でも底を見せていない魅力はあり、ここで好走するようであれば一気にNHKマイルカップの有力候補として人気も高まってくるのも確かであることを考えれば、前評判がそこそこの今回は先物買いをしてみたくなる1頭と言えるのではないでしょうか。

オフレコ注目馬:※※※※※※※※※

予想オッズではそこまで注目されていないものの、必ず予想する上で抑えておきたい馬はこの馬だとおススメしているのは今話題の覆面師匠の推奨馬。この覆面師匠の推奨馬が一般レースでも重賞でもとにかく上位に入線することで馬券を次々に的中できると話題になっていることをご存知ですか?今回のニュージーランドロロフィーにおいても人気の盲点となりそうなオフレコ注目馬を的確に教えてくれることが期待できるだけに、今のうちにしっかりとチェックしておくことをおススメしておきますね。

NZTのオフレコ注目馬はココから確認!

free25

『ヤリかヤラズか…』的確なオフレコ情報を大暴露

追い切り診断や能力比較などの自らの知識と「ヤリかヤラズか」の関係者情報、相馬眼だけに頼らない、しつこい「裏取り」と情報網の拡大こそ全てと語る覆面師匠の予想は、競馬ファン必見の大胆な切り口で常にG1レースだけでなく、一般レースでも的中を連発していることで多くの支持を集めています。

そんな覆面師匠の予想でチェックしておくべき点はこの3つ!

①読み応えは他に負けない充実ぶりと自負する週末の注目レースや注目馬を師匠「独自の目線」で語るコラム。

②覆面師匠の鬼監修の元、弟子たちが毎週土日、計2鞍の無料予想を公開。

③競馬予想というのは、パドックで「馬体の気配」を見て予想を変えることがある。なので出しっぱなしの情報ではなく、レース直前に予想や見解をたすこともある。

⇒ 覆面師匠の予想はコチラで公開中!

free19

脅威の的中率と驚愕の払い戻し金額

覆面師匠の凄さは前述の通りですが、その的中実績や払い戻し金額を見れば更に驚きを増幅させること間違いなし。この覆面師匠の情報を手に競馬に臨んでいる競馬ファンが同様の払い戻し金額を毎週のように手にしているのだから、何も情報なしに馬券を買っている競馬ファンが負け続ける意味が解るというもの。覆面師匠曰く「馬券に負け続ける養分のおかげで俺は勝ち続けることができる」とまで豪語しているだけに、競馬予想には絶大な自信があるのでしょう。

最近の的中実績
3/31 中山 9R 山吹賞 獲得 228,000円
3/25 中京11R 高松宮記念 獲得 413.660円
3/25 中山11R マーチステークス 獲得 921,420円
3/24 中山11R 日経賞 獲得 605,020円
3/24 阪神12R 4歳上500万下 獲得 251,200円

さあ、あなたは今週も馬券に負け続けて養分となりますか?それとも覆面師匠のように勝ち組へと転身しますか?馬券に勝つには『情報』が大事なのは言うまでもありませんよね。その情報を このサイト なら惜しげもなく公開しているのですから無料で登録できるのですから利用してみる価値は大ですよね。※フリーメールの際は迷惑メールフォルダにリターンメールが入ることが多いのでご確認をおすすめします。

⇒馬券の負け組『養分』から勝ち組へ転身したい人はコチラ

free02

最近競馬で負けが続いている人も更に勝ち続けたいと思っている人も、今週末の競馬で多くの的中を手にして競馬を楽しまれることをお祈りしております。やはり競馬で勝つには運も大事かもしれませんが、いかに『情報』を手にしているかが大きく左右してしまいます。スポーツ新聞やネット上に溢れるありきたりな情報ではなく、競馬に勝ち続けている人が利用する『本物の情報』を手に今週末は競馬を楽しまれてはいかがでしょうか?

それでは今週末のニュージーランドロロフィーでしっかりと的中を手にしましょう!

【直前情報】 これは買い【神戸新聞杯(G2)】この馬は必ず買ってください。

【徹底攻略】 ※オールカマー(G2)レイデオロを負かすのはこの馬←馬名公開中!

【浦和競馬】 ※オーバルスプリント(Jpn3)中央VS地方!徹底分析予想はこちらから

【中山競馬】 オールカマー(G2)レイデオロVSアルアイン再び…←絶賛公開中

【阪神競馬】 『神戸新聞杯(G2)』エポカドーロ・ワグネリアンを負かすならこの馬!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free16

【東海ステークス2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 フェブラリーステークスへ向けての注目の前哨戦、東海Sの最終追い切りが美浦

記事を読む

栗東トレセン

★2016中京記念(G3)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 中京記念へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。 荒れるハ

記事を読む

S__4595721

【優駿牝馬(オークス)2018枠順・追い切り・コメント】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 優駿牝馬(オークス)へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。

記事を読む

free10

【共同通信杯2017予想オッズ】ムーヴザワールド他、3強の様相!

管理人です。 今年のクラシック戦線を占う意味でも重要な1戦、共同通信杯が東京競馬場で今

記事を読む

free10

【天皇賞秋2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 この秋最注目の1戦とも言える天皇賞秋の発走が週末に迫ってきました。今年は

記事を読む