【大阪杯2018予想】予想オッズ注目馬・必見情報

公開日: : 最終更新日:2018/04/01 管理人おしらせ ,

管理人です。
小倉
今年でG1に昇格して2年目となる大阪杯。ドバイ遠征や天皇賞を目標とする馬は不在となりメンバー的に手薄となるかとも思われましたが、アルアイン・スワーヴリチャードといった4歳馬を中心にG1馬5頭を含む好メンバーが集います。昨年はキタサンブラックが勝利しましたが果たして今年はどの馬が制するのか?出走馬をしっかりとチェックしておきましょう。

大阪杯2018予想オッズ人気上位の注目馬

スワーヴリチャード

昨年の有馬記念では現4歳世代再先着の4着と好走し、前哨戦の金鯱賞ではダービー馬サトノダイヤモンドを負かしていざG1獲りへ狙いすましての参戦となるスワーヴリチャードですが、前走の勢いそのままに有力候補の1頭となることは間違いないといったところでしょう。先週の高松宮記念で1番人気を裏切る形となったデムーロ騎手にとってもここは汚名返上といきたい舞台になることでしょうし注目しておきたいところではありますが、課題となりそうなのは右回りということでしょうか。これまでの重賞勝ち3勝はすべて左回りコースとなっており、阪神2000mは未勝利勝ちのある舞台ではあるもののそれ以降右回りで結果が出ていないとなると左回りコースと比較すれば多少なりとも割引が必要かもしれません。

アルアイン

昨年の皐月賞以来勝ち星から遠ざかってはいますが、前走の京都記念とてクリンチャーに敗れはしましたが、ダービー馬レイデオロには雪辱を果たしており勝利のチャンスはいつでもきそうなところではあるアルアイン。今回は阪神2000mに舞台をうつしますが、阪神コースは重賞毎日杯勝ちも含めて2戦2勝と相性のいい舞台でもありコース替わりで一気に浮上してくる可能性は十分にありそうです。レース振りが安定しており大崩れはなさそうなタイプであり、鞍上の川田騎手は先週の高松宮記念を制して勢いをつけてきているだけに、今回も好騎乗でアシストしてくる可能性は十分。ここも注目の存在となることでしょう。

サトノダイヤモンド

一昨年前の有馬記念馬が昨年は海外遠征もありましたが勝利は阪神大賞典の1勝のみに終わりました。5歳となって迎える今年初戦は金鯱賞で3着という成績でしたが海外遠征帰りの久々のレースであったことを考えれば上々の内容といえ、一叩きした今回がいよいよ本領発揮といったところでしょうか。2000mという距離が短いということは考え難く、器用にレースを進められるタイプでもあることを考えると、まず上位争いは間違いなしと期待してみたいところではあります。不安があるとすれば鞍上が主戦のルメール騎手から戸崎騎手に乗り替わるという点くらいではないでしょうか。その不安も戸崎騎手ならば文句なしといったところはあるだけにそこまで心配することもなさそうです。

シュヴァルグラン

昨年のジャパンカップ勝ち馬が今年初戦にG1の大阪杯を選択。目標はまだまだ先ということにはなりそうですが、昨年はG1で常に上位をうかがう活躍を見せているだけにその地力は侮ることはできない国内トップクラスの実力を有する馬であると評してよいでしょう。ただ昨年は2000mという距離は走っておらず距離に関していえば多少短いともいえるところ。流れが速くなるようであると久々ということもあり流れに乗り損ねる可能性もなきにしもあらずでしょう。今回は三浦騎手が騎乗予定となっていますが、先週の高松宮記念ではナックビーナスを3着に導いて波乱を演出しているだけに、今回も不安を一掃しての好走を期待してみたいところではあります。

ペルシアンナイト

今回の大阪杯にG1馬3頭を送り込むのが池江寿調教師ですが、その3頭目がペルシアンナイト。昨年のマイルCSを制してG1馬の仲間入りを果たしましたが、昨年の皐月賞でもアルアインとタイム差なしの2着しているように決してこなせない距離ではないことも確か。休み明けの中山記念は5着という成績でしたが、昨年のマイルCSとて休み明けの富士ステークス5着からの勝利であったことを考えれば休みあけを一度使っての上積みも期待できそうなところであり、前走敗退や距離の問題で評価を落とすようなことがあるならば狙ってみたくなる1頭ということになるのではないでしょうか。しっかりと脚が溜まればその爆発的な末脚を見ることができると見込みたいところです。

ウインブライト

前走の中山記念ではペルシアンナイトやヴィブロスといったG1馬を負かしての勝利。ここにきて評価をあげつつあるのがウインブライト。先行しての粘り込みは近走成績も安定してきているだけに、ここもスムーズに先行ならばG1の舞台でも見所十分となるのではないでしょうか。相手関係は一気に強化されるだけに強気なことは言えないのかもしれませんが、ここ数戦の充実振りからも決して軽視はできない1頭と言えるでしょう。

ゴールドアクター

3年前の有馬記念馬が前走1月のAJCCで復帰してきましたが11着と大敗。ここは巻き返しを期待したい舞台となりますが、ここはいかにも距離不足という印象は拭えません。2000mでも勝利をあげていることはありますし、昨年の宝塚記念においても2着と好走しているように決して軽視することのできない馬であることは確かといえそうですが、好走の条件としてはやはり馬場が渋って時計がかかってくることが条件となってくるのではないでしょうか。瞬発力勝負になれば部が悪いのは明らかといったところではあります。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

【川崎競馬】 ☆全日本2歳優駿(Jpn1)南関東競馬で週末の資金稼ぎ$したい方へ☆

【有馬記念】 有馬記念(G1)絶対買いの鉄板馬とは?←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

函館競馬場調教

★2016ダービー卿CT(G3)★馬券予想直結の追い切り特注馬情報!

管理人です。 G3ではあるものの好メンバーが集う今年のダービー卿チャレンジトロフィー。 それ

記事を読む

S__4595721

【マイルCS2018枠順・追い切り・コメント】予想に役立つ注目馬情報

マイルチャンピオンシップへ向けての最終追い切りを終えて、各馬が出走態勢を整えてきています。今年は

記事を読む

free10

【愛知杯2018予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 毎年大波乱の決着となる荒れる重賞「愛知杯」が中京競馬場で今年も発走となります。冬

記事を読む

ダート

【シリウスステークス2018出走馬・騎乗騎手・確定ハンデ徹底分析】

スプリンターズSの前日に阪神競馬場で発走となるシリウスステークスはダート2000mのハンデ戦。こ

記事を読む

【菊花賞2018出走馬・騎乗騎手徹底分析】

いよいよ今週末はクラシック3冠の最終戦、菊花賞が京都競馬場で発走となります。出走全馬が初めて挑戦

記事を読む