【フィリーズレビュー2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2018/03/15 広告・おしらせ , ,

管理人です。
S__4595715
フィリーズレビューへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。桜花賞への3枚の切符をかけての争いは抜けた存在不在の大混戦模様。それこそ勝敗を決する要因として仕上がりの良さが浮上してくる可能性は大。それだけに各馬の追い切りの動きをしっかりとチェックしておく必要がありそうですね。

フィリーズレビュー2018追い切り診断注目馬

アマルフィコースト

栗東坂路 55.1 40.2 25.9 12.6 馬なり 併せ先着
2週続けて浜中騎手が騎乗して併せ馬でもきっちりと先着。終いの伸びも上々に見えるだけに休み明けとしては態勢が整っていると言える動きを見せているアマルフィコーストですが、前走のファンタジーステークスではレース直前からテンションがあがって体力を減らすロスがあったことを踏まえてこの中間はテンションが上がり過ぎないようにソフトな調整を心がけられているようにも思われます。そのためか時計は前走と比較しても控え目となっているところもあるだけにこの調整がどう出るかレースにいって注目してみたいところではあります。パドックでのイレ込み具合にも注目が必要な1頭といえるでしょう。

アンコールブリュ

栗東CW 52.7 37.9 12.0 馬なり 併せ先着
1週前の追い切りではCW6F追いで82.5 66.8 51.4 37.7 12.4という速い時計をマークしたものの併せ馬で遅れてしまっていましたが、最終追い切りはこれまで2戦のコース6F追いからコース4F追いでの最終追い切りを敢行しましたが、終い重点の追い切りでラスト12.0をマークと鋭い動きを見せており、1週前の追い切りで状態面がグンと良化したとみてとれる動きを見せて休み明けでもしっかりと態勢を整えたという感の強い追い切り内容となりました。2戦2勝と負け知らずの馬で注目を集めそうですが、この相手とどこまでやれるか非常に楽しみな状態であると言えそうです。

コーディエライト

栗東坂路 53.3 38.6 25.0 12.6 一杯
阪神JF以来の出走となりますが坂路で淡々と乗り込まれて1週前には52.0の自己ベストタイムをマークし、最終追い切りでも和田騎手が騎乗して一杯に終われましたが、終いまでしっかりと頑張って12秒台フィニッシュと仕上がりは良好。前走阪神JFで初めて大きく崩れましたが2番手追走でも引っかかるところを見せていただけに現状は抑えず行かせた方がいいタイプなのでしょうか。それならば楽にハナにでも行ければこの状態でどこまで粘れるのか注目しておきたいところではあります。

デルニエオール

栗東CW 54.6 39.7 13.2 馬なり 併せ併入
休み明けとなった前走の500万下戦を快勝してフィリーズレビューに臨むオルフェーヴルの妹デルニエオールですが、最終追い切りはコース4F追いで軽めの併せ馬。中間も中2週ということもあり軽めの調整が続きましたが、動き自体はそう悪いものではない印象はあります。ただ、時計を出そうと思えばラスト11秒台も出る馬がこの中間は13秒台までというセーブ気味の調整に終始しているのは気になるところ。410kg台の小柄な馬だけに馬体維持に専念している感もあるだけに当日の馬体重には注意しておきたいたいところです。

マドモワゼル

美浦南W 69.0 54.0 39.7 13.5 一杯 併せ遅れ
休み明けのクロッカスSは5着でしたがレースを一度使って上昇味があるかと期待されましたが、逆に併せ馬で2週続けて遅れをとるなど追い切りの動きからは上積みが感じられない部分もあるマドモアゼル。暑い時期がいい馬なのか、昨年秋頃まで見せていた活発な動きからは程遠い部分もあり、休み明け一叩きの良化は見込めず、良化はまだ先と見るのが妥当と言えるのではないでしょうか。

モルトアレグロ

美浦南W 52.7 38.1 13.0 馬なり 併せ先着
前走の紅梅ステークス後は短期放牧を経てから再度乗り込みを再開させましたが、中間順調に乗り込めてきているのは何よりで最終追い切りはいつも通りのコース4F追いで52秒台をマークと時計も出ており、仕上がりは良好と判断できるところ。稽古駆けするタイプではないだけに目立つ時計というまではいきませんが、この馬なりの時計はしっかりと計時しているだけに前走快勝時の状態にはあると判断できるところ。メンバーを見渡しても阪神JF5着は実績上位の存在ともなり、ここを勝って堂々と桜花賞に迎えることができるかには注目しておきたいところです。

リバティハイツ

栗東坂路 53.9 39.4 25.4 12.6 一杯 併せ先着
12月デビューからコンスタントに使われてきてはいますが元気一杯。最終追い切りでも一杯に追われて終いまでしっかりと反応を示しているようにまだまだ疲れは感じられないところであり、好状態をキープと見て良さそうです。前走の500万下戦ではデルニエオールを捉えきれずに2着敗退でしたが、他馬と接触したりとロスの多い競馬であったのも確かであり、ここは2走前に勝利に導いた北村友騎手に手が戻っての巻き返しに期待してみたいところではあります。

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【大井競馬】 ※帝王賞(Jpn1)徹底分析予想はこちらから

【中京開幕】 CBC賞(G3)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

【福島開幕】 残念ダービー『ラジオNIKKEI賞(G3)』の注目予想情報はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

S__4595717

【アンタレスステークス2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 アンタレスステークスへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。

記事を読む

勝島王冠

【勝島王冠2016予想】大井競馬を徹底予想!

管理人です。 今週はチャンピオンズカップ開催のため、地方交流重賞はお休みですが、 南

記事を読む

大井競馬2

【JBCクラシック2017予想】大井競馬を徹底予想!

管理人です。 1着賞金8000万円をめぐるダート最強馬決定戦、JBCクラシックがいよいよ11月

記事を読む

S__4595716

【サウジアラビアRC2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 サウジアラビアロイヤルカップへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施され

記事を読む

uma_01

【NHKマイルカップ2017追い切り予想】絶好の動きを見せたのは…

管理人です。 NHKマイルカップへ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されまし

記事を読む