【オーシャンステークス2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2018/03/07 管理人おしらせ , , ,

管理人です。
S__4595716
オーシャンステークスへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。高松宮記念へ向けての最終の前哨戦となるだけになんとかG1レースに出走を目論む各陣営が虎視眈々と調整を進めてきていますが、このレースを勝って優先出走権を手にするのは果たしてどの馬なのか、もちろん追い切りで絶好の動きを見せる好調教馬は要チェックが必要でしょう。

オーシャンステークス2018追い切り診断注目馬

アルティマブラッド

栗東坂路 52.8 38.2 24.9 12.5 一杯 併せ先着
12月のラピスラズリステークス以来の出走となりますが、前走後は一旦放牧に出て2月上旬から乗り込みを再開。順調に乗り込まれてきており2月15日には坂路で50.8という速い時計をマークするなど休み明けでもかなり動けている印象。欲を言えば終いの伸びがいま少しあってもというところはありましたが仕上がりは上々でこれまで中山コースでは(3.1.1.0)という好成績を収めている中山巧者だけにこのオーシャンSでも当然注目の存在となってくるのではないでしょうか。

エポワス

美浦坂路 53.1 38.6 25.0 12.2 馬なり 併せ先着
暮れの阪神カップ以来のレースとなりますが、さすがに10歳馬だけに体調に大きな変動はなさそうでプラスもなければマイナスもないといったところでしょうか。それでも坂路で53秒台。終いも12.2と元気一杯の動きは見せているだけに状態面はすこぶる良好といったところでしょう。現状でのこの馬の力は出せる仕上がりにあると判断したいところではあります。あとはあまり経験のない中山コースで結果を残すことができるのか、年齢的なものもあるだけに強気に推奨はできないところではありますが、抑える理由は十分にある1頭と言えるでしょう。

ジューヌエコール

栗東CW 52.5 38.0 11.9 馬なり 併せ遅れ
3週にわたって併せ馬で遅れているあたりは高く評価することはできませんが、それでも時計的には優秀で最終追い切りは軽めの4F追いではありましたが、ラストは11秒台と鋭い動きを披露。2週前にはCWコースで79.0 63.8 50.0 36.4 11.7という破格の時計をマークしておりこれで状態が悪いということは考えにくいところではあります。ここ2戦スワンSも京阪杯も大敗を喫しましたが、立て直して仕切り直しの1戦で3歳にして古馬重賞を制した力もある馬だけに息を吹き返す可能性は十分にあると言えそうです。

スノードラゴン

美浦坂路 52.3 37.9 24.7 12.3 馬なり
10歳馬とは思えない迫力の動きを坂路で見せるスノードラゴン。この中間も坂路で好時計を連発してしっかりと走れる状態にあることをアピールといったところ。前走のダートでのカペラSで2着と好走していますが芝でもダートでも不問の走りをする馬であり、展開さえ向いてくれば直線での末脚には常に警戒が必要なところ。今回もこれだけ坂路で動けているならば流れ一つでチャンスはあると見ていいのではないでしょうか。

ダイメイフジ

栗東坂路 54.0 38.9 25.1 12.7 一杯 併せ先着
稽古駆けする馬ではないだけに、これだけ動ければ十分といった感じの動き。中1週の競馬でもしっかりと負荷をかけて乗られている点は評価したいところではあります。中山コースも4走前に後方一気の競馬で勝利を手にしているだけに今回のオーシャンステークスでもその末脚に期待してみたいところではありますが、好走の可能性十分の好仕上がりにあると判断できるのではないでしょうか。前走勝ちでオープン入りを果たしたところではありますが鞍上にMデムーロ騎手を確保してきているあたり、陣営も力の入る1戦であることは間違いのないところでしょう。

ナックビーナス

美浦南W 66.5 51.3 37.4 12.7 馬なり 併せ先着
これまではポリトラックコースで追い切られることもあったナックビーナスがこの中間はWコースのみでの調整。時計的にも動き的にもしっかりと動けており年明け既に2戦を消化しているものの元気一杯の好調と判断できるところ。何より体質強化されたと見てよいところもあるだけに、このオーシャンSで昨年2着以上の活躍を期待してみたいところではあります。中山コースでは(2.3.1.0)と崩れ知らずの安定した走りを見せているだけに今回も安定した走りを見せてくれるものと期待してみたいところではあります。

ネロ

栗東坂路 49.2 37.1 25.4 13.4 一杯 併せ併入
前走の京阪杯を逃げ切って復活Vを飾ったネロですが、この中間も昨年暮れから淡々と乗り込まれてさすがは栗東の坂路番長といった感で最終追い切りも50秒を切る猛時計をマーク。ただこの馬が50秒を切る時計を出してもそれだけで評価を高める必要もなさそうですが、少なくとも体調が悪いといったことはないのではないでしょうか。中山コースにも実績がある馬で勢いを再度取り戻した今ならば、今回も楽にハナを切れるようならばそのスピードには要警戒といったところではないでしょうか。

レーヌミノル

栗東CW 80.3 65.7 51.5 38.0 12.3 馬なり 併せ先着
昨年暮れの阪神カップ以来の出走となるもののこの中間の速い時計は2本のみ。乗り込み本数的には不安が残るところではありますが、動きだけ見れば最終追い切りも終いの伸びは優秀で、1週前にはCWコースで5F64秒台をマークしているようにこれはいかにも育成牧場で乗り込まれてきているなという印象を与える活発な動きを見せています。前走阪神カップこそ7着敗退でしたが、マイルCSでは牡馬相手に4着好走しており、今回は久々の1200mへの対応も鍵となってきそうですが、仕上がりも及第点ならばその力からしっかりと抑えておくべき1頭となるのではないでしょうか。

今週末の競馬で的中を手にしたいと考える競馬ファンは多くいることでしょうが、スポーツ紙面やメディアが報じるありきたりの情報だけを頼りに予想しても、結局大半の競馬ファン同様にがっかりの結果となってしまうのが競馬です。

だからこそ重要なのはスポーツ紙やメディアが報じることのできないお宝情報をしっかりと掴んで馬券予想を的中させることが重要といえそうですね!

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【京都GⅠ】 菊花賞(G1)淀の3000mで買うべきはコノ馬!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

S__4595721

【東海ステークス2017追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 東海ステークスへ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。フェブラ

記事を読む

大井競馬2

【東京スプリント2017予想】大井競馬を徹底予想

管理人です。 大井競馬場でダート短距離決戦!今週の南関東競馬での注目は中央交流重賞の東

記事を読む

トレセン風景

★2016ダイヤモンドS(G3)追い切り★予想で抑えたい注目馬情報!

管理人です。 狙うは春の大一番、天皇賞(春)。スタミナ自慢の各馬がダイヤモンドステークスに集い

記事を読む

free30

【オーシャンステークス2017予想 オッズ 注目馬】大混戦バトルロワイアル!

管理人です。 土曜中山のメインはスプリント重賞のオーシャンS。高松宮記念へ向けての最後の前哨戦

記事を読む

函館競馬場調教

★2016函館記念(G3)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 函館記念へ向けた最終追い切りが函館競馬場で実施されました。 通常の美浦・栗東で

記事を読む