【弥生賞2018予想】予想オッズ注目馬・データ分析

公開日: : 最終更新日:2018/03/05 管理人おしらせ , ,

管理人です。
free33
いよいよ春のクラシック戦線へ向けての前哨戦も本格化。今週は中山競馬場で皐月賞へ向けても注目の弥生賞が発走となります。エントリーは11頭と少頭数ながら、昨年の2歳王者ダノンプレミアムや3戦3勝でクラシックの有力候補と名高いワグネリアンをはじめとした素質ある精鋭が集い、3着までに与えられる優先出走権をめぐって力を競います。果たしてこのレースを制して皐月賞の有力候補として名乗りをあげるのはどの馬となるのでしょうか。

弥生賞2018予想オッズ人気上位の注目馬

ダノンプレミアム

昨年は朝日杯FSを制した2歳王者。デビュー戦・サウジアラビアRCからの3連勝で一気に王座を奪取しておりしかもレースぶりはいずれも余裕たっぷりと大物感満点のダノンプレミアム。これが年明け初戦となり、朝日杯から400m距離が伸びてどうかという不安もありそうですが、デビュー戦は1800mであり、父はあのディープインパクト。距離不安は皆無と言って良さそうなところであり、ここもワグネリアンをはじめとした有力候補を正攻法の先行抜け出しの競馬で撃破できるかどうかに注目してみたいところではあります。

ワグネリアン

ワグネリアンはダノンプレミアムとタイムフライヤーの2歳G1馬を差し置いて今年のNo.1の馬と評されることも多い1頭。前走の東スポ杯2歳ステークスもまったく危なげなく勝利して3連勝。無理せずその後に休養に出てこの弥生賞へ向けてしっかりと調整してきているだけに、果たして今回2歳王者ダノンプレミアムとどちらが強いのかは非常に興味深いところではあります。評判通りの強さを見せて弥生賞を制することができればそれこそ皐月賞は断然の1番人気に推されてくる可能性もあるだけにそのレース振りからは目が離せないといったところでしょう。

ジャンダルム

母がスプリンターズS勝ち馬のビリーヴということで、前走ホープフルステークスでは距離の不安も囁かれる中、2着と好走できたのは収穫であったと言えるでしょう。タイムフライヤーの末脚に屈しはしましたが、先に自ら動いて勝ちに行っての2着なのですから内容も上々。同じ中山2000mでの競馬とはなりますが、今回はワグネリアンやダノンプレミアムといった人気を背負う馬を見ながらレースができそうなだけに、挑戦者の立場で道中しっかりと脚を溜めることができれば、今度はジャンダルムが人気馬をまとめて差しきってみせる場面があってもおかしくないのではないでしょうか。

オブセッション

昨年のダービー馬レイデオロを輩出した藤沢厩舎が送り込むのが2戦2勝のオブセッション。未だに重賞級のメンバーとの対戦はないだけに今回の弥生賞が試金石の1戦ともなってきそうですが、500kgを超える雄大な馬体は大物感十分。前走のシクラメン賞も初の関西圏への輸送も問題とせず大楽勝を収めているだけに、通用してもおかしくない素質を秘めていると言っていいのではないでしょうか。父ディープインパクト譲りの鋭い末脚が武器の馬だけに、ここは少頭数で馬群を捌きやすいのはプラスに向くはずであり、どこまで末脚を伸ばせるかに注目してみたいところではあります。

サンリヴァル

昨年のホープフルステークスは4着でしたが、休み明けでぶっつけ本番のレースとなったのも影響があったか、道中果敢に2番手追走しましたが最後は脚色一杯といった感じのレースとなりました。ただ、先行勢総崩れの展開の中で唯一掲示板を確保しているのは地力のある証拠でもあり、今回は少頭数ながらに有力各馬の力は拮抗しており、その人気各馬が仕掛け処で牽制しあうようなことがあれば、前に行ける強みで前残りの目は警戒しておく必要なのではないでしょうか。

新聞

弥生賞2018データ分析からの注目馬

弥生賞を過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

弥生賞必勝データ【1】紐荒れ傾向にある小波乱レース

過去10年で1番人気馬は5勝しており信頼度はそこそこあるといったところ。やはり2歳時から力を見せている実力馬は素直に評価すべきといったところなのでしょうが、波乱があるとするならば相手候補。時には2桁人気の馬が馬券に絡んでの高配当ということもあるだけに、軸馬は人気馬から狙って相手候補を一捻りというのが弥生賞におけるスタンダートな馬券戦略であると言えるかもしれません。

弥生賞必勝データ【2】東西互角も狙いは人気薄の関東馬

過去10年で関東馬と関西馬は5勝ずつでイーブン。関東圏のレースだけにいま少し関東馬に奮起してもらいたいところではありますが、狙うべきは人気の関東馬よりも人気薄の関東馬。2012年に勝利したコスモオオゾラは9番人気、2013年のカミノタサハラは6番人気であったように関東馬ならば人気薄の馬から狙ってみるのが妙味と言えそうです。今年エントリーしてきている関東馬ならばオブセッションとリビーリングあたりに注目してみると面白いかもしれません。

弥生賞必勝データ【3】頭で狙うのは前走1着馬

過去10年のうち8年までもが前走1着馬が勝利を収めており、残る2頭も前走は重賞で掲示板を確保しているように前走大敗からの巻き返しは難しいという判断ができそうなところ。前走1着馬を狙うということならば、前走朝日杯FS1着のダノンプレミアムや東京スポーツ杯2歳ステークス1着のワグネリアンといった人気どころの決着ということになりそうですが、データからはこれらの馬を消すわけにはいかないと言えそうです。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

【佐賀競馬】 ※サマーチャンピオン(Jpn3)徹底分析予想はこちらから

【大井競馬】 ※黒潮盃(S2)徹底分析予想はこちらから"

【盛岡競馬】 ※クラスターカップ(Jpn3)徹底分析予想はこちらから

【札幌記念】 札幌記念(G2)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

【小倉競馬】 九州スプリント王決定戦『北九州記念(G3)』の注目予想情報はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

S__4595721

【ヴィクトリアマイル2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 ヴィクトリアマイルへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。春

記事を読む

free06

【目黒記念2017追い切り予想】ダービー当日最終レースの狙い馬は…

管理人です。 目黒記念へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。日本

記事を読む

東京競馬場

★府中牝馬ステークス2016予想オッズ★スマートレイアー1番人気も…

管理人です。 いよいよ開幕した秋の東京競馬、今週末はエリザベス女王杯へ向けたオンナの戦い。

記事を読む

函館競馬場調教

★2016七夕賞(G3)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 七夕賞へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。 今年の七夕賞

記事を読む

地方競馬

【佐賀記念2017予想】佐賀競馬を徹底予想!

管理人です。 今週は平日から競馬がアツい!2/7(火)は佐賀競馬場で交流重賞 佐賀記念

記事を読む