【阪急杯2018予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。
小倉
春のスプリント王者決定戦、高松宮記念へ向けても注目の1戦、阪急杯が阪神競馬場で発走となります。昨年のスプリンターズSを制したレッドファルクスをはじめとした実績馬にモズアスコットをはじめとした新興勢力が挑む1戦は果たしてどんな結末を迎えるのか、まずは出走馬をしっかりとチェックしておきましょう。

阪急杯2018予想オッズ人気上位の注目馬

レッドファルクス

昨年のスプリンターズステークスを制して連覇を達成。続くマイルチャンピオンシップでは8着に敗れ、やはりベストは1200mかといった印象を与えたレッドファルクス。1400mの阪急杯となりますが、昨年1400mの京王杯スプリングカップを制しているだけに距離的な不安はなさそう。G1馬としての意地を見せてもらいたいところですが、G1馬だけに58kgを背負うことになる点と阪神競馬場で走るのはキャリア初めてとなるだけにそのあたり不安といえば不安な点でしょう。ただ、高松宮記念へ向けてはそのような理由で大敗は許されないといった状況であるのも間違いないところでしょう。

モズアスコット

破竹の4連勝で臨んだ阪神カップでは重賞初挑戦ながらに1番人気に支持されましたが結果は4着。ただ重賞初挑戦でこれだけやれたのは経験の浅い同馬にとっては上出来の成績であったともいえそうです。休養を経て迎える今年初戦はそれこそG1レースを戦うには賞金加算が必至の状況となっているので初戦から結果を求めての出走となってくることでしょう。阪神コースにも実績があり、前走でオープンの流れに少しでも慣れてきたのであれば、この阪急杯で重賞初制覇という可能性も十分にあると見てよい素質馬と評したいところです。

カラクレナイ

距離短縮で活躍が期待されたものの、スワンステークス・京都金杯と大敗して評価を落としましたが、前走のシルクロードSで4着に好走してようやくこの馬らしさが戻ってきたといえる走りを見せてきました。その鋭い末脚はまだまだ健在であり、阪神1400mは昨年フィリーズレビューを制した相性のいい舞台となっているだけに、ここも自分の競馬に徹して末脚を伸ばす競馬ができれば。そして展開も味方すれば前走以上の活躍も期待できると言えるのではないでしょうか。

ディバインコード

前走の東京新聞杯では11番人気ながらに5着に好走して、とにかく堅実な走りを見せているディバインコード。古馬との対戦をはじめた昨年秋から4戦して掲示板を外しておらず、前走でオープン特別だけでなく重賞メンバー相手でもそれなりにやれることを証明して見せただけにこの阪急杯でも堅実な走りを期待してみたいところではあります。スタートを決めての堅実なレース振りはここでも通用しそうなところではあり、前の速い馬を見るような形で直線を向けば自分の形となりまず大崩れはないものと見て好走を期待してみたいところです。

ダイアナヘイロー

前走のシルクロードステークスは1番人気に支持されながらも16着と殿負け。武豊騎手は気分屋なところが出てしまったと評しましたが、寒い時期が駄目な馬という可能性もあるだけに、一変までどうかという部分もあるダイアナヘイロー。2戦続けての大敗となっているだけに精神面での復調が待たれるところではありますが、今回は久々の1400mということもあり重い印を打つのには躊躇してしまうところではあります。昨年夏に見せた勢いがあるならばここでも注目ということになるでしょうが、果たしてどこまで巻き返してくるかに注目といったところでしょう。

新聞

阪急杯2018データ分析からの注目馬

阪急杯を過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

阪急杯必勝データ【1】1番人気馬の信頼度薄い

過去10年で1番人気馬は2勝のみ。逆に7番人気馬が2勝しているように波乱の可能性も十分に有り得る重賞と言えそうです。とはいえ馬券に絡んだ30頭を見てみると、2桁人気で馬券に絡んだ馬は2頭のみであり、極度の穴狙いは避けておきたいところ。ともなると、上位人気馬の組み合わせから高配当を狙っていくのが阪急杯の狙い目ということになるのではないでしょうか。

阪急杯必勝データ【2】前走は重賞出走馬から

過去10年で9頭までもが前走重賞からの参戦。昨年のトーキングドラムが唯一、オープン特別の洛陽ステークスからの参戦で勝利していますが、基本的には重賞の強いメンバー同士で戦ってきた馬の方が、勢いで重賞に挑戦してくる馬よりも有利であると言えるのがデータからの結論。その重賞での着順は特に問うことはなく2桁着順からの巻き返しも十分に有り得ると言えます。

阪急杯必勝データ【3】1400m巧者に注目

阪神1400mにはコースの巧拙というものが大きく影響し、過去にはサンカルロというスペシャリストも存在しました。今年のメンバーの中にも阪神1400mを得意としている馬はいるはずで、そういった1400m巧者は近走成績がいまひとつでもしっかりと馬券で抑えておく必要があると言えるでしょう。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

【中山競馬】 オールカマー(G2)レイデオロVSアルアイン再び…←絶賛公開中

【阪神競馬】 『神戸新聞杯(G2)』エポカドーロ・ワグネリアンを負かすならこの馬!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

調教スタンド

【府中牝馬ステークス2016追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 府中牝馬Sへ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。 エリザベ

記事を読む

地方競馬2

【黒船賞2018予想】高知競馬を徹底予想!

管理人です。 高知競馬場唯一の交流重賞「黒船賞」がいよいよ発走となります。今年は有力なJRA勢

記事を読む

京都競馬場4

【マイルチャンピオンシップ2016予想オッズ】1番人気はサトノアラジンだが…

管理人です。 国内マイル王決定戦、マイルCSの発走をいよいよ週末に控えます。 昨年は

記事を読む

【スパーキングサマーカップ2018予想】川崎競馬を徹底予想!

今週の南関東競馬注目レースは地方全国交流のスパーキングサマーカップが川崎競馬場で発走となります。

記事を読む

地方競馬2

【ロジータ記念2017予想】川崎競馬を徹底予想!

管理人です。 今週の南関東の注目レースは3歳牝馬によるロジータ記念。JBCレディスクラ

記事を読む