【中山記念2018予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。
free33
ドバイへ・国内G1へ近年注目を集める中山記念ですが、今年も昨年のドバイターフの勝ち馬ヴィブロス、マイルCSの勝ち馬ペルシアンナイト、NHKマイルカップを勝ったアエロリットもエントリーして登録は10頭という少頭数の競馬とはなりそうですがハイレベルの争いが期待できそうです。まずは出走各馬をチェックしておきましょう。

中山記念2018予想オッズ人気上位の注目馬

ヴィブロス

昨年はこの中山記念5着からドバイターフを制したヴィブロスですが、今年も同じローテーションでドバイへと駒を進める予定。それだけに休み明け初戦からメイチ勝負はまず考えにくいところではあります。昨年秋は府中牝馬ステークスとエリザベス女王杯を走って2.5着と牝馬限定戦でも結果を残せなかったあたり、いくら海外G1制覇という実績があるとしても国内では勝ち切れない競馬が続いているだけに過大評価は避けておきたいところ。とはいえ、海外遠征するような馬がここで無様な競馬をするわけにもいかないだけに、少なくとも8割程度の状態では出走してくるでしょうし、それならば完全に消しという判断はなかなかできない実力馬であると言えるでしょう。

サクラアンプルール

昨年の中山記念は2着、そして札幌記念を制して昨年の活躍が目立つところであったサクラアンプルール。果敢に挑戦した有馬記念では16着と大敗を喫しましたが、そこから立て直して迎える今年の中山記念。距離もこのくらいの距離の方が良さそうですし、相手関係も豪華メンバーとはいえ有馬記念よりも戦いやすいメンバーにはなるだけに巻き返しに注目しておきたいところ。ただ、休み明けはあまり良績がない馬でもあるだけに、その実績は認めつつも休み明けに関しては多少なりともマイナスが必要となってくるのではないでしょうか。

ペルシアンナイト

昨年のマイルチャンピオンシップを制して以来のレースとなるペルシアンナイト。今年初戦の走りに注目が集まるところですが、まず距離の1800mがどうかというところが第一の突破すべきポイントとなりそうです。とはいえ、皐月賞で2着している馬でもあり、ベストはマイルということになるのかもしれませんが、この距離だからマイナスということは考えなくてもよさそうなところではあります。むしろ気にするべきはその状態面。昨年の休み明けの1戦となった富士ステークスでも5着に敗退しており、多少なりとも反応の鈍さに影響してきそうなところ。直前の追い切りをチェックして見極めたいところではありますが、大きな信頼とまではいけないのも現状と言えそうです。

アエロリット

昨年のNHKマイルカップの勝ち馬で先行しての安定感が武器のアエロリット。これが休み明けの1戦となりますが、鉄砲駆けにも実績があるだけに気にするところでもなさそう。前走の秋華賞7着の敗因を輸送による馬体減に求めるならば、今回は関東圏での競馬となるだけに輸送時間が短くて済むのはプラス。あとは古馬との対戦による相手関係がいかにといったことになりそうですが、スムーズならばこの中山記念でも上位争い可能と見たいところです。揉まれ込むと脆さを露呈する可能性もあるだけにこの少頭数はアエロリットにとっては歓迎のクチとなるのではないでしょうか。

ウインブライト

年明け初戦の中山金杯はクビ差の2着とセダブリランテスにわずかに及ばずという競馬となっただけにここでの巻き返しを期待したいウインブライト。昨年秋には福島記念を制して重賞2勝目をあげましたが、中山1800mといえばこの馬がはじめて重賞タイトルを手にしたスプリングステークスと同舞台。コース適性も間違いないところではあり、今年の中距離路線での活躍が期待される1頭でもあるので、G1勝ちのある強豪相手でもしっかりと結果を残したいところではないでしょうか。

新聞

中山記念2018データ分析からの注目馬

中山記念を過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

中山記念必勝データ【1】1番人気馬の取り扱い注意

過去10年で1番人気馬は3勝。決していい数字とは言えませんが、馬券に絡んだのも4度のみというところであり、好走するならば1着、負けるなら馬券圏外となることが多いというのがデータからの結論となります。今年1番人気を背負いそうなのはペルシアンナイトかヴィブロスかということになりそうですが、どちらの馬が1番人気になってもその取り扱い的には1番人気馬を本命にするならば腹を決めて頭固定勝負という馬券の組み立てで勝負するのがベターと言えそうです。

中山記念必勝データ【2】4.5.6歳馬が狙い

過去10年で馬券に絡んだ30頭の馬齢を調べてみると4歳8頭、5歳8頭、6歳7頭、7歳5頭という分布で年齢的には4-7歳馬までが馬券レンジの世代ということになりそうです。中でも4.5.6歳中心と見るのが良さそうです。その中でもここ5年に限れば馬券に絡んだ15頭中6頭を占める4歳馬が近年のデータからは狙い目となってきそうです。明け4歳のペルシアンナイトやアエロリット、ウインブライトには嬉しいデータといえるのではないでしょうか。

中山記念必勝データ【3】ディープインパクト産駒不振

中山コース全般に言えることですが、決め手勝負のディープインパクト産駒には不向きのコースとなっている中山競馬場。この中山記念においても過去に勝利したディープインパクト産駒は皆無であり、今年も出走してくるヴィブロスについては人気を背負ってきそうですが、頭固定での勝負は危険というのがデータからの結論。あくまでも抑えという扱いが中山記念においては妥当と言えそうです。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

【京都G1】 マイルCS(G1)絶対買いの鉄板馬とは?←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

【平和賞2018予想】船橋競馬を徹底予想

今週の南関東競馬の注目レースは暮れの全日本2歳優駿へ向けても注目の平和賞が船橋競馬場で発走となり

記事を読む

S__4595716

【東京スポーツ杯2歳S2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 東京スポーツ杯2歳ステークスへ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されま

記事を読む

社台グループ

★2016天皇賞(春)オフレコ馬券予想★社台グループの思惑とは?

管理人です。 いよいよ迎える春の天皇賞(G1)近年は波乱傾向にありますが今年は果たして? ゴ

記事を読む

S__4595721

【天皇賞春2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 天皇賞春へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました、雨の降る中で

記事を読む

大井競馬2

【ジャパンダートダービー2018予想】大井競馬を徹底予想!

管理人です。 いよいよ今週は3歳ダートの頂点を決するジャパンダートダービーが大井競馬場で発走と

記事を読む