【フェブラリーステークス2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2018/02/22 広告・おしらせ , , ,

管理人です。
S__4595721
フェブラリーステークスへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。G1レースということもあり各馬しっかりと仕上げてきている感がありますが、その中でも目立つ動きをしている馬をしっかりとチェックして馬券的中につなげていきたいところです。果たして人気を背負うテイエムジンソクやゴールドドリームの動きはどうなのか見ていきましょう。

フェブラリーステークス2018追い切り診断注目馬

アウォーディー

栗東CW 80.8 65.4 51.4 38.5 12.0 一杯
川崎記念から間隔が詰まっていることからまだレース後に速い時計を出してはいないだけに、前走からの回復具合がどうかという点には注目していましたが、そんな不安は無用と言わんがばかりの抜群の動き。前半から快調に飛ばして6F80秒台の好タイムはおおよそ1年ぶりに叩き出した好タイムであり、終いも12.0をマークと迫力十分の動きを披露しており、状態に関してはここ数戦の中では最高潮と見ていいのではないでしょうか。あとは東京マイルという舞台がこの馬にとってどうかという点に尽きるといったところでしょう。

インカンテーション

栗東CW 83.3 67.3 53.4 39.5 12.7 G前追う
3週続けて羽月調教師が騎乗してのコース6F追いを敢行。これまで坂路で最終追い切りを行うことが多かったインカンテーションにとっては久々のコースでの最終追い切りとなりました。仕掛けられてからの反応も十分で2週前には併せ馬で遅れはしたものの、79.4 64.2 50.6 37.9 12.9をCWコースで叩きだし、自己ベストの79.0には及びませんでしたが久々に80秒を切るタイムをマークし好調をアピール。前走のチャンピオンズCこそ奮いませんでしたが、武蔵野Sを勝った東京1600mで改めての期待はできる仕上がりにあると見てよいでしょう。

ケイティブレイブ

栗東坂路 51.6 37.4 24.5 12.5 一杯
1月31日の川崎記念を制して臨む1戦、コンスタントに使われ続けているだけにその疲労も心配されるところではありますが、そんな心配無用とばかりに坂路で好時計。51.6は自己ベストタイの時計でもありかなり調子がいいことを証明といったところ。川崎記念を勝ったことにより再度マークが厳しくなることも予想されますが、自分の競馬に徹してどこまでやれるかこの仕上がりならば非常に楽しみになってきたと言えるのではないでしょうか。

ゴールドドリーム

栗東坂路 49.8 36.6 23.9 12.1 一杯
チャンピオンズカップを制して以来の競馬となりますが1月下旬から乗り込みを再開すると、先週・今週と坂路でビッシリ追って態勢を整えてきました。最終追い切りは時計を見れば一目瞭然の破格の時計。自己ベストタイムを更新する50秒を切る49.8をマークして状態はまさに絶好といったところ。東京コースもゴールドドリームにとってはベストの舞台でもある上に鞍上はムーア騎手とくれば鬼に金棒。フェブラリーS連覇へ向けて状態面はまさに万全であることを強調した最終追い切りとなりました。

サウンドトゥルー

美浦坂路 54.7 39.7 25.6 12.5 馬なり
川崎記念以来の出走となりますが、その中間まだ速い時計は出しておらず、最終追い切り一本でレースに臨むということになりますが、昨年と同じローテーションとなるだけにそこまで気にすることもなさそう。最終追い切りの動きは馬なりで軽めでしたが終いはしっかりと反応を示しており走れる状態にあると判断できるところではあります。気になる点といえば主戦の大野騎手が騎乗停止で今回はミナリク騎手が騎乗することになったという点。最終追い切りで感触を確かめてはいますが、仕掛けどころをしっかりと掴んで騎乗しなければ末脚も不発となるだけにその点も不安な点となってくるのではないでしょうか。

サンライズノヴァ

栗東坂路 52.2 38.0 24.7 12.2 一杯
根岸ステークスからの中2週の競馬。追い切りはこの1本のみですが、一杯に追われて好タイムをマークし好調キープをアピールといったところ。まだまだ伸びどころのある4歳馬だけに前走根岸S2着以上の活躍を期待してみたいところではありますが、東京ダートは全4勝中3勝をあげている相性のいいコースでもあり、この大一番でも上位をうかがう可能性は十分にあると言えそうです。10月からコンスタントに使われてきてはいますが、疲れは心配なしの好仕上がりであると言えるでしょう。

テイエムジンソク

栗東CW 82.2 66.2 51.2 37.6 12.2 G前追う
東海ステークスを勝った後はこのフェブラリーSを目標に順調に追い切りを消化してここ2週はコース6Fからしっかりと負荷をかけられての追い切りとなりましたが、終いの1Fは1週前に11.9今週も12.2と非常に鋭い動きを見せておりこの中間の終いの切れはここ最近にないものであり、状態面はここ目標に絶好の仕上がりという判断を与えていいものであると言えそうです。後はここ数戦通りに自分の競馬でどこまでやれるかということになってきそうです。

ノンコノユメ

美浦南W 83.1 67.0 52.6 37.9 13.6 馬なり
内田騎手が騎乗しての最終追い切りは馬なり調整とはなりましたがこの馬なりのいつも通りの動きを見せており状態面は引き続き良好と判断できるところ。稽古ではいつも目立つような時計を出さない馬だけにこの時計は気にすることもないでしょうし、むしろ中2週でもきっちりと乗り込まれていることを好感したいところではあります。後は前走同様に脚抜きのいい馬場で展開が嵌れば面白い存在となってくるのではないでしょうか。

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【大井競馬】 ※大井記念(S2)徹底分析予想はこちらから

【東京G1】 東京優駿 日本ダービー(G1)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

小倉

【七夕賞2017予想】出走馬データ分析

管理人です。 今週の福島競馬場では夏の福島の風物詩とも言える2000mのハンデ重賞七夕

記事を読む

地方競馬2

【かしわ記念2018予想】船橋競馬を徹底予想!

管理人です。 ゴールデンウィークの注目レースといえば春のダートマイル王決定戦のかしわ記念。今年

記事を読む

free33

【皐月賞2018重馬場予想】雨の馬場で笑う馬、泣く馬

管理人です。 皐月賞当日、中山競馬場の天気予報は「曇り時々雨」予報では前日の夜からまとまった降

記事を読む

大井競馬2

【羽田盃2017予想】大井競馬を徹底予想

管理人です。 南関東3冠の1戦目、羽田盃がいよいよ発走となります。まず1冠目を制するの

記事を読む

【秋華賞2017予想】必見の出走馬情報・データ分析

管理人です。 牝馬3冠の最終戦、秋華賞が今週末の京都競馬場で発走となります。オークス馬ソウルス

記事を読む