【共同通信杯2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2018/02/14 管理人おしらせ , ,

管理人です。
S__4595715
共同通信杯へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。春の皐月賞・ダービーへ向けても注目の1戦となりますが、エントリーは結局12頭という手頃な頭数に。それだけグレイルやステイフーリッシュといった実績馬にはかなわないと各陣営が判断したということにもなりそうですが、ここは前哨戦の1戦となるだけに有力馬をはじめ各馬の仕上がり具合は追い切りの動きからしっかりとチェックしておきましょう。

共同通信杯2018追い切り診断注目馬

アメリカンワールド

栗東CW 84.3 66.7 51.6 37.4 12.0 馬なり 併せ先着
浜中騎手が騎乗しての最終追い切りは終始馬なり調整ながら徐々に加速していくと終いは12.0と鋭く伸びて併走相手に先着。理想的な追い切りを消化しただけでなく、1週前には坂路で52.8と自己ベストタイムをマークしているように前走の未勝利戦を勝って更に調子をあげてきている感があります。これまでキャリア3戦ですが、レースを使う毎に成長を見せてきた馬で、浜中騎手もこの馬の乗り方をようやく掴んだといったところでの共同通信杯参戦となるだけに、重賞メンバー相手にどこまでやれるかは楽しみになってきたという仕上がりと言えるでしょう。

オウケンムーン

美浦南W 67.6 51.8 38.2 13.0 一杯 併せ遅れ
時計だけみれば4Fで51秒台をマークしており動き自体も悪くないだけに2連勝の勢いを買ってみたいところもあるオウケンムーンですが、2週続けて併せ馬で遅れているのは気になるといえば気になるところ。休み明けを一叩きしての上積みに期待していたところではありますが、状態こそいい意味で前走の状態をキープとは言えそうですが、期待していた上積みはそこまでないのかもしれません。これでレースに行って走ってくるならばそれこそ実戦タイプの馬ということで今後注目の存在となってきそうですが果たしてどうでしょうか。

カフジバンガード

栗東坂路 55.4 40.2 26.2 13.1 馬なり 併せ併入
東京までの輸送を考慮してか最終追い切りは軽めの調整とはなりましたが、1週前にはコースで追い切られて、     66.5 51.9 38.5 11.8と好タイムをマークしており、ラストの伸びは11秒台と非常に優秀。これまでの重賞2戦でもしっかりと掲示板を確保して、2走前のこうやまき賞ではグローリーヴェイズを負かして勝利している実力馬だけにこれだけ動けているならばこの共同通信杯でも掲示板以上の活躍を期待してみたい仕上がりにあるのではないでしょうか。

グレイル

栗東CW 65.6 50.7 37.6 11.8 馬なり 併せ先着
坂路とコース併用の調整で年末からじっくりと乗り込まれてきたグレイル。2週続けて武豊騎手が騎乗しての追い切りを消化してきましたが、時計も見れば一目瞭然の好タイムでラスト11.8をマークし自己ベストタイムを楽々更新、更に3週続けてコースで抜群の動きを見せているあたり、休み明けでもきっちりと仕上がって動ける状態にあると判断して良いでしょう。2戦2勝で底を見せていない魅力溢れる馬ですが、稽古通りに動ければ無傷の3連勝で一躍クラシックへ向けての最有力馬に躍り出る可能性も十分にあると言えるでしょう。

ゴーフォザサミット

美浦南W 52.1 38.4 13.3 併せ併入
藤沢厩舎らしい併せ馬でしっかりと乗り込み数を消化してきたゴーフォザサミットですが、最終追い切りの4F追いでは4Fの自己ベストタイムを更新してきており、この馬なりにしっかりと成長をたどり順調な仕上がりを見せていると判断して良さそうです。東京コースで勝ち星があるのも関西馬の有力各馬と比較すればアドバンテージとなってくるはずでもあり、堅実なレース振りを見せる馬だけにここでも大崩れなく走ってきてくれることを期待してみたいものです。

サトノソルタス

美浦南W 67.6 52.7 38.4 12.9 馬なり 併せ併入
10月の新馬戦以来のレースとなるだけにこの中間も堀厩舎の馬ではありますがしっかりと負荷をかけて乗り込まれてきています。1週前には81.1 66.3 51.9 37.1 12.7をコースでマークして自己ベストタイムを更新の抜群の動きを見せており、前走以上に馬に活気があるようには映るだけに一度レースを使った効果は休み明けでも感じられるところ。デビュー戦は不良馬場だっただけに良馬場でどこまでやれるかに注目が集まっていますが、クラシック級と評される素質馬がどこまでやれるか非常に楽しみなところではあります。状態的には万全と見て良さそうです。

ステイフーリッシュ

栗東坂路 52.4 38.4 25.1 12.4 G前追う
ホープフルステークス3着後も休まず乗り込まれてきており、2週続けて坂路で好タイムをマークしており、レースを使う毎に稽古での伸びが良化してきているようにも感じられます。左回りコースは中京コースで経験済みですし、前走同様の末脚を繰り出せるならばこの共同通信杯でも十分に期待できる馬であると言えますが、その末脚を駆使できる状態にはあると判断していいのではないでしょうか。

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【京都GⅠ】 菊花賞(G1)淀の3000mで買うべきはコノ馬!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

地方競馬

有馬記念の後は→中島記念2017予想 佐賀競馬を徹底予想

管理人です。 有馬記念が終わった後は佐賀競馬の有馬記念とも言われる「中島記念」を楽しみましょう

記事を読む

大井競馬2

【東京盃2018予想】大井競馬を徹底予想!

今週の南関東競馬の注目レースはRoad to JBC 東京盃が発走となります。中央からもスピード

記事を読む

小倉

【フィリーズレビュー2018予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 今週の阪神競馬場では桜花賞への切符をめぐる争い、フィリーズレビューが発走となりま

記事を読む

皐月賞2016-2

【最終結論】皐月賞は本当に3強の競馬なのか?本当に強い馬はこの馬!

管理人です。 いよいよ皐月賞の発走が近づいてきましたが、人気は予想通り3強に集中。 サトノダ

記事を読む

京都競馬場4

【マイルチャンピオンシップ2016予想オッズ】1番人気はサトノアラジンだが…

管理人です。 国内マイル王決定戦、マイルCSの発走をいよいよ週末に控えます。 昨年は

記事を読む