午後乗り!/競馬コラム

公開日: : 最終更新日:2018/01/24 競馬コラム

S__4595718

☆ 午後乗り!

冬場の調教は午前7時から開始される。
馬場が開場されるのは7時前からだが、馬が動き出すのはもっと前から。

厩舎内で手入れされ、身支度をして、まずは厩舎周りの運動から。
そこで身体をほぐして馬場に向かう段どり。

『 午後乗り 』というのは、調教が午前11時~午後1時から変更される呼び名。

そのほとんどは、降雪の影響からくるもの。
JRAは天気予報を調べて、前日から不凍液を散布して、車でハロー掛けを怠らないが、
それでも降雪がひどくなると、その作業だけではおぼつかない。
※ 調教時に傷をした際に、不凍液が入り炎症を起こすのが、フレグモーネ。

馬の準備運動は欠かせず、雪が積もれば運動時に蹄に雪がたまってしまう。
それが高下駄の感じになり、馬の脚を痛めてしまう原因になり兼ねない。
その事故を避けるための手段のひとつが、『 午後乗り 』

温度が上がれば雪は溶けてくるし、普段の調教が可能になる。
その時間が11時以降となっている。
しかし、その判断は各調教師に任されるので、午前11時から乗る厩舎もあれば、
安全のために遅らせて、午後に入って乗り出す厩舎もある。

その日の取材は、ダラダラ状態で、1日が長く、仕事がはかどらない。
厩舎によって仕事時間が異なるので、それに合わせなければならないから…

余談だが、積もる雪の影響は、関西のトレセンでは瀬田がボーダーラインに。
東海道線で表現するなら、大津や瀬田までの積雪は少ないが、
草津、栗東、守山に移ると、気温の関係で積雪状態が変わってくる。
京都で雪のため身動きが取れない状況だと、まず 『 午後乗り 』は避けられない。

年間に数度しかない 『 午後乗り 』だが、冬場の調教には常に警戒が必要に…

追い切り日の午後乗りには、競馬にも影響を及ぼしてくるので、
その週の競馬は留意してほしいものです。

【必見情報】 状態絶好【中山記念(G2)】今週狙い目の馬はコノ馬です!

【自信勝負】 ☆阪急杯(G3)イチオシ狙い馬はこの馬←これは必見です☆

【中山競馬】 G1馬集結!『中山記念(G2)』の注目予想情報はコチラ

【阪神競馬】 ★阪急杯(G3)波乱を巻き起こすダークホースを徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

スポーツ新聞

【高松宮記念を前に覚えておきたいこと】

高松宮記念を前に! G I レースが迫ると各紙がこぞって有力馬を持ち上げる。 特に、

記事を読む

キズナ2

【競馬コラム】馬の目から、騎手の口から、砂や泥が…

馬の目から、騎手の口から、砂や泥が… 現役時代は 土日は競馬場で仕事をしていました。

記事を読む

浜中

【競馬コラム】浜中騎手も切磋琢磨!

☆  浜中騎手も切磋琢磨! 7月2日から7月24日までの4週間、浜中騎手が函館競馬に参戦す

記事を読む

騎手騎乗

【競馬コラム】騎手・レースでのプレー

騎手・レースでのプレー! 競馬での直線の攻防、馬券を買った馬はどうなっているのか?

記事を読む

free35

騎乗停止もモノは考えよう!/競馬コラム

☆ 騎乗停止もモノは考えよう! 暮れが押し迫って、リーディング上位の騎手が3人、騎乗停止に。

記事を読む