【シルクロードステークス2018予想】予想オッズ注目馬・データ分析

公開日: : 最終更新日:2018/02/04 管理人おしらせ

管理人です。

高松宮記念へ向けての前哨戦がいよいよ始まります。シルクロードSは京都競馬場で行われる1200mのハンデ戦。まずはここを勝ってG1への道筋を作りたい各馬がエントリーしてきますが、注目は昨年の高松宮記念の勝ち馬セイウンコウセイであったり、昨年のスプリンターズSに挑戦してG1の壁に跳ね返されたダイアナヘイローやファインニードルといったところになりそうです。

シルクロードステークス2018予想オッズ人気上位の注目馬

ファインニードル

昨年の水無月ステークスを1.07.1のレコードタイムで快勝しオープン入りを果たすと秋にはセントウルステークスを制して一躍スプリンターズステークスでも注目を浴びる存在となりましたが、レースではポジショニングが厳しくなり控える形になったりとG1の壁に当たった感もある12着という結果に終わったファインニードル。じっくりと休養して迎える今年初戦となりますが、それこそ今年こそはG1でも活躍をと陣営も力の入る1戦となることでしょう。スタートを決めてスムーズに先行できればこの馬の形となるだけにそう簡単には止まらず、上位争いは必至の1頭となるのではないでしょうか。

ダイアナヘイロー

昨年の北九州記念でファインニードルを負かしているのがダイアナヘイロー。スプリンターズSでも武豊人気もあってファインニードルよりも上位の4番人気にまで支持されましたが、自分の競馬をしたものの直線失速しての完敗。武豊騎手も「G1の壁」と完敗宣言していただけに現状ではこれが精一杯といった感じのレースとはなりました。今回はリフレッシュ休養明けの1戦となるだけに仕上がりがどこまで進んでいるかも注目したいところですが、今回は重賞勝ったことでハンデもそれなりに背負うこととなるだけにまさに今年を占う試金石の1戦となるのではないでしょうか。

セイウンコウセイ

昨年はこのシルクロードSを2着してから一気に高松宮記念を制しましたが、今年は秋3戦で惨敗し昨年ほどの勢いは感じられないセイウンコウセイ。今回はハンデも背負うだけに条件的には引き続き厳しい状況とはなりそうですが、それでも前走の京阪杯では久しぶりにこの馬らしい先行力が戻ってきていただけに、まだまだ軽視は禁物な1頭であることは確か。高松宮記念連覇を狙うならばまずはこのシルクロードSで結果を残さなければといったところでしょうが、寒い時期がいい馬なのだとすればここで一変の走りを見せてくれるかもしれません。

ナックビーナス

正月のカーバンクルステークスを制しての重賞挑戦となりますが、1200m戦は昨年から(2.2.1.1)と安定した成績を残しており唯一崩れたのがG1のスプリンターズS。今年更に大きいところを狙うならばまず欲しいのは重賞タイトルということになるでしょう。ただ速い時計勝負になった場合には対応できるかは課題となってきそうなだけにそのあたり当日の馬場状況もしっかりとチェックしておきたいところです。京都コースは時計が速くなりがちではありますが、多少でも時計がかかる馬場となり、自分の競馬ができたならばチャンスが回ってくる可能性も十分にありそうです。

アクティブミノル

2015年のセントウルステークスを制している実績馬が一時期不振に陥りましたがここ2戦再び3.2着と好走して勢いを取り戻しつつあります。自分の形、ハナに行ければ渋太く粘れる馬だけに今回も同型との兼ね合いがどうかに尽きるところろはなってきそうですが、自分の競馬ができれば久々の重賞勝利に手が届くかもしれません。ここ2戦の好走はしっかりと評価しておく必要があるでしょう。

キングハート

昨年春に鞍馬ステークスを制して、函館SSでも2着好走しその後の活躍も期待されましたが、その後は成績を落として10月のオパールステークス後に休養へ。疲労の蓄積が敗因であったとするならば、英気を養っての仕切りなおしの1戦である今回は改めて注目してみるのも手と言えそうです。京都コースは(2.1.1.1)と相性のいいコースでもあり、昨年勝利した鞍馬ステークスではアクティブミノルやファインニードルを負かしているだけに力差はないものと言えるだけにハンデ戦ならば一発の可能性を秘めていると言えるのではないでしょうか。

シルクロードステークス2018データ分析からの注目馬

シルクロードステークスを過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

シルクロードステークス必勝データ【1】前走淀短距離S組に注目

ここ3年だけを見れば、前走淀短距離ステークスの組が馬券に絡んだ9頭のうち6頭を占めており絶好のステップレースとなっています。昨年を見てもスプリンターズSから休み明けのソルヴェイグが人気を背負って敗退しているように休み明けの馬よりも使ってきている馬に有利な重賞であると言えそうです。今年の淀短距離ステークス2着から臨むアクティブミノルにとっては好材料となるデータと言えそうです。

シルクロードステークス必勝データ【2】穴を狙うならば差し馬から

ハンデ戦だけに2桁人気の馬が馬券に絡んで波乱の結果となる年も多いシルクロードステークスですが、基本的に穴をあけるのは差し馬。前残りでの波乱は少なく、狙いは軽ハンデで脚をためて直線勝負してくる差し馬というのがデータからの結論となりそうです。展開嵌れば一発がある近走不振でも決め手に爆発力がある馬がいるならば迷わず抑えておくと思わぬ高配当が手にできるかもしれません。

シルクロードステークス必勝データ【3】明け4歳馬は不振

過去10年で馬券に絡んだ30頭中4歳馬は3頭のみ。5歳馬が11頭、6歳馬が9頭とこの2世代が馬券の中心となってくるデータが残っており、データの結論からは4歳馬は狙い難い部分があります。むしろ4歳馬を狙うならば7歳馬を狙った方がデータ的には推奨できると言えそうです。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

【京都GⅠ】 菊花賞(G1)淀の3000mで買うべきはコノ馬!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

S__4595721

【神戸新聞杯2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 神戸新聞杯へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。この先はジ

記事を読む

free16

【東海ステークス2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 フェブラリーステークスへ向けての注目の前哨戦、東海Sの最終追い切りが美浦

記事を読む

no image

【京成杯2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 京成杯へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。 大物と噂され

記事を読む

free06

【きさらぎ賞2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 きさらぎ賞へ向けての最終追い切りが栗東トレセンで実施されました。ここ数年、クラシ

記事を読む

小倉

【日経新春杯2018予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 来るべき春のG1戦線、大阪杯・天皇賞(春)・宝塚記念を見据えて実力馬が京都競馬場

記事を読む