【東海ステークス2017追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2018/01/25 広告・おしらせ , , ,

管理人です。
S__4595721
東海ステークスへ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。フェブラリーステークスへ向けても注目の1戦となりますが、何より注目は今年の活躍が期待されるテイエムジンソクでしょうか。ただそれ以外の馬も優先出走権を獲得すべく虎視眈々と東海Sを狙ってきているはずで各馬の状態面を追い切りの動きからしっかりとチェックしておく必要がありそうですね。

東海ステークス2018追い切り診断注目馬

オールマンリバー

栗東坂路 53.4 38.7 24.9 12.0 G前追う
1週前の追い切りでCWコース6Fの自己ベストタイムとなる79.4をマークして豪快な動きを披露しましたがこの最終追い切りでもラスト仕掛けられると抜群の反応を示してスピード感十分。11月の錦秋ステークス以来の出走とはなりますが、状態面に何ら心配なしといったところでしょう。これが重賞初挑戦となり相手は一気に強化されるだけに強気なことまで言えないかもしれませんが中京コースは2戦2勝と相性のいいコースでもあり食い込みあってもおかしくない仕上がりにあると言えるのではないでしょうか。

クインズサターン

栗東CW 82.8 66.5 52.3 39.2 12.2 一杯 併せ遅れ
いつもは坂路で最終追い切りを行う馬が昨年5月以来久々にコースで追い切ってきました。併せ馬で遅れた点はあまり評価できないところではありますが、反応はしっかりとしておりこの馬なりに順調といったところでしょうか。1週前の坂路では自己ベストに迫る52.4をマークしてきており、オープン挑戦2戦目となる師走ステークスで4着と好走しオープンの流れにも対応しつつある中で今回は得意の左回り。一発あってもおかしくない1頭であるという評価はしてみてもいいかもしれません。

コスモカナディアン

美浦北C 67.1 52.6 39.0 12.9 馬なり
馬なり調整ではありましたが、前走と比較すれば素軽さが増しておりこの馬なりに状態をあげてきている感のある動きを見せているコスモカナディアン。今回はダートコースでの追い切りを選択してきましたが、以前はこの馬の最終追い切りパターンでもあったコースでありその際の成績は(2.2.3.2)とまずまずの成績。過去に川崎記念3着した際もこのパターンで追い切られていることを考えるとこの追い切りパターン変更で一発あってもと期待してしまう部分がないわけではありません。

ゴールデンバローズ

美浦南W 68.6 53.0 39.2 13.5 馬なり
稽古駆けするタイプではないだけに時計的にもこんなものといったところでしょうが、1週前にはコースで自己ベストタイムとなる5F66.4という好タイムをマークしており、馬に走る気があると判断できるところ。力を出し切れば重賞で勝ち負けできる能力は備わっている馬ですが乗り難しさが鍵。状態面はいつになく良好と言えるところまできているだけに後は初騎乗となる松山騎手がこの馬をどう御するかが課題となってくるのではないでしょうか。

テイエムジンソク

栗東CW 83.3 66.4 51.3 38.2 12.6 馬なり
最終追い切りは無理せずコース馬なりで実施されました。前走チャンピオンズカップはパターンを変えて坂路で追い切ってきましたがこれはパターンを戻してきた形。動きはまさに軽快そのもの。軽々と4F51秒台を出してくるあたりに状態の良さがうかがえます。1週前にはコース自己ベストとなる78.8 64.0 50.7 38.3 12.5という抜群の動きを披露しており、今年初戦へ向けてまずは満足のいく仕上がりにあると言えるのではないでしょうか。昨年のチャンピオンズカップでは惜しい2着という結果であっただけにここはきっちりと結果を残してフェブラリーSへ向かいたいというのが陣営の本音となるのではないでしょうか。

ディアデルレイ

美浦南W 67.9 52.7 38.6 12.9 一杯 併せ先着
今回は名古屋までの輸送があるにもかかわらず直前追い切りでもしっかりと負荷をかけて追い切られているあたりは体調の良さもうかがえるところで好感がもてます。時計的にもここ数戦と変わらずといったところではありますが、コンスタントに使われてきているだけに大きな上積みは感じられないものの引き続き軽快な動きで好状態をキープといったところ。2連勝の勢いで重賞でもどこまでやれるのか非常に楽しみなところではありますが、この馬のパフォーマンスはしっかりと発揮できる仕上がりにあると判断して良さそうです。

ドラゴンバローズ

栗東坂路 53.3 39.1 25.6 13.1 一杯
稽古駆けするタイプではないドラゴンバローズにとってはこの坂路53秒台というのはかなり動けている部類。実際過去に坂路53秒台をマークした際は2戦2勝ときっちりと成績を残しているだけに、前走のベテルギウスSは大敗を喫してしまってはいるものの、今回の東海ステークスにおいては得意の中京コースできっちりと巻き返してくれるのではないかと期待できる状態にあると見て狙ってみたいところはあります。

モルトベーネ

栗東坂路 52.8 38.7 25.5 12.9 馬なり
最終追い切りはいつも通りの坂路での追い切りで実施されましたが、さすがにG1チャンピオンズカップ時と比較すると物足りなさはあるもののそれでも馬場を考慮すれば十分と言える時計は出ていますし状態面は悪くなさそう。この中間は1週前に珍しくコースで追い切られて好タイムをマークしていますが、ここ最近の悪いリズムを払拭すべく馬に刺激を与えるという意味もあったのではないでしょうか。昨年の東海Sでも2着と好走している舞台となるだけにここでの復活劇の可能性も十分に有り得る状態にあると見ていいのではないでしょうか。

ローズプリンスダム

美浦坂路 51.9 37.4 24.6 12.5 G前追う
昨年レパードステークスを制して今後の活躍が期待されたローズプリンスダムではありますが、古馬との対戦となったみやこSとチャンピオンズCでは古馬の壁にぶつかった感。とはいえ、今回の東海ステークスへ向けての最終追い切りで久々に51秒台をマークしているように状態を上げてきている感の強い動きを見せているだけにそろそろ古馬相手の流れにも慣れてきたところでの一発に期待してみたいところはありそうです。ここ2戦はスタートに失敗したところもあるだけにまずは発馬を決めて流れに乗れれば面白いところはあるのではないでしょうか。

今週末の競馬で的中を手にしたいと考える競馬ファンは多くいることでしょうが、スポーツ紙面やメディアが報じるありきたりの情報だけを頼りに予想しても、結局大半の競馬ファン同様にがっかりの結果となってしまうのが競馬です。

だからこそ重要なのはスポーツ紙やメディアが報じることのできないお宝情報をしっかりと掴んで馬券予想を的中させることが重要といえそうですね!

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【直前情報】 これは買い【東京優駿日本ダービー(G1)】この馬は必ず買ってください。

【徹底攻略】 ※目黒記念(G2)絶好調のメイチ勝負馬はこの馬←馬名公開中!

【東京G1】 東京優駿 日本ダービー(G1)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free33

桜花賞2017予想|オッズ|注目馬/ソウルスターリング桜の女王へ!

管理人です。 いよいよ春のクラシックシーズン到来!牝馬クラシック第1戦の桜花賞が阪神競

記事を読む

S__4595717

【スプリングステークス2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 スプリングステークスへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。

記事を読む

栗東トレセン

★2016セントウルステークス(G2)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 セントウルSの最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。 スプリンター

記事を読む

kawata_tuika22_960_720

ダービー卿チャレンジトロフィー2017徹底予想/追い切り絶好のこの馬に注目!

管理人です。 ダービー卿チャレンジトロフィーへ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで

記事を読む

小倉競馬2

☆2016北九州記念(G3)☆予想オッズ1番人気ベルカントは断然なのか?

管理人です。 今週末、小倉競馬場では真夏の快速王決定戦、北九州記念が発走となります。 1昨年

記事を読む