【愛知杯2018予想】予想オッズ注目馬・データ分析

公開日: : 最終更新日:2018/01/11 広告・おしらせ , ,

管理人です。
free10
毎年大波乱の決着となる荒れる重賞「愛知杯」が中京競馬場で今年も発走となります。冬場の牝馬限定のハンデ重賞という条件だけに抜けた存在は不在で今年も大混戦模様となっていますが、マキシマムドパリが連覇を達成するのかそれとも軽ハンデ馬が食い込んで今年も波乱を演出するのか、出走各馬をしっかりとチェックしておきましょう。

愛知杯2018予想オッズ人気上位の注目馬

マキシマムドパリ

G1制覇を狙ったエリザベス女王杯は4着、続く中日新聞杯は牡馬相手に5着という成績で2017年を終えたマキシマムドパリですが、早くも今年初戦は連覇を狙って愛知杯に駒を進めてきます。明けて6歳となりはしましたが前走を見る限りはまだまだ力は健在で牝馬限定戦ならば力上位の存在は明らか。とはいえ、先行脚質のこの馬がトップハンデの56kgを背負って他馬の目標となる競馬になることは明白で決して楽な競馬になるとは思えないのも事実。そんな不安を一掃して力で押し切れるのかどうか注目してみたいところではあります。

クインズミラーグロ

昨年は牝馬限定重賞を渡り歩いて3.3.3.2.3着と好走を続けましたが、秋に入って府中牝馬ステークスとエリザベス女王杯を大敗。歴戦の疲れが秋に出た可能性もありますが、東京や京都といった広いコースよりも小回りの競馬場の方が合うタイプなのかもしれません。エリザベス女王杯後は休養に出て立て直しを図っており、条件的にはハンデ54kgと前回と据え置きなのも好都合。一気に巻き返して昨年の愛知杯3着以上の結果を残してもおかしくない存在ではあるでしょう。

ゲッカコウ

昨年9月にレインボーSを制してオープン入りを果たすと府中牝馬ステークスではオープンの壁とも思われる走りではありましたが、レースを経てオープンの流れにも対応して前走のディセンバーステークスでは強豪牡馬相手に2着と好走してきました。レースを使いつつ成長するタイプなのか明けて5歳となる今年もまだまだ成長が見込めるところではあります。重賞は3歳時にフラワーカップで2着した実績もありますが、前走同様の競馬ができれば牝馬限定戦で更に前進があってもおかしくない存在となるのではないでしょうか。

キンショーユキヒメ

昨年のマーメイドステークスで4着に好走すると、1000万下・準オープンと連勝してオープン入りを果たしたものの不忠牝馬ステークスで6着とまずまずの成績。ただその後ダートのJBCレディスクラシックへ矛先を変えて出走し見事にダートがまったく合わずに大敗を喫しました。仕切りなおしの1戦となる今回で巻き返しなるかに注目したいところですが、中京コースで2勝とコース相性はメンバー中随一の実績を誇っているだけでなく、実績のある馬と比較すればハンデ53kgは1kg恵まれている計算にもなることから、牝馬限定戦で中京コースならば注視しておきたい存在となることでしょう。

エテルナミノル

昨年は阪神牝馬SとクイーンS、そして前走のターコイズSと牝馬限定重賞で3回5着に入線している実績のあるエテルナミノルですが、その前走のターコイズSでは出遅れて後方からの競馬となりながらも最後はよく差をつめてきており、先行タイプの馬ながらに健闘が目立った1戦となりました。こういった競馬にも対応できたのは馬が成長しているからと見ることもできるだけに、今回スタートを決めてスムーズに先手を取れるようならばどこまでやれるのか楽しみな1戦となってくるのではないでしょうか。負けるにしても大きくは負けない安定感もあるだけに一押しあれば圏内まで可能性は十分ありそうです。

リカビトス

3戦3勝で臨んだ昨年の秋華賞は馬場も合わずに競馬にならず大敗。初めて土がつきましたが、休み明けであの馬場というのは可愛そうといえば可愛そうな競馬になったのも確か。今回も十分に間隔をあけてリフレッシュなっており、改めてこの馬の素質を問う1戦と今回はなりそうです。ハンデ51kgは古馬勢と比較しても恵まれているだけに、その素質に改めて注目してみる手は十分にあると言えそうです。

特注馬:※※※※※※※※※

予想オッズではそこまで注目されていないものの、必ず予想する上で抑えておきたい馬はこの馬だとおススメしているのは今話題のコラボ指数。このコラボ指数上位の馬が一般レースでも重賞でもとにかく上位に入線することで馬券を次々に的中できると話題になっていることをご存知ですか?今回の愛知杯においても人気の盲点となりそうな注目馬を的確に教えてくれることが期待できるだけに、今のうちにしっかりとチェックしておくことをおススメしておきますね。

愛知杯の注目◎馬はココから確認!


ここ3年間連続して3連単的中の脅威的的中率

先週のフェアリーSにおいても推奨馬プリモシーンがしっかりと勝利(3連単466.4倍)を収めて話題となりましたが、とにかくその信頼性はさまざまある指数の中でも群を抜いて抜群。毎週多くのユーザーが馬券を次々と的中させて喜びの声がネット上にあふれています。

中山金杯はのうまコラ指数で上位推薦のストレンジクォークしっかり抑えて万馬券ゲット!

やはりうまコラボの予想は信頼度が高い。中山金杯と京都金杯もW的中だからさすが。

無料だからって試してみたけど新聞金払って買うよりもこっちの方が情報が豊富だわ!

馬券を買う前に必ずチェックしてください!

今週の愛知杯もしっかりと的中することが期待できます

馬コラボ1『金曜競馬CLUB』中村愛のうまコラボより

果たして、その注目馬とはどの馬なのか気になりませんか?なんと独自の指数から導き出される推奨馬情報を毎週無料で公開しているのが、府中競馬正門前の派手な広告や、関東民放のテレビ放映でも話題のうまコラボです。もう名前を聞いたことがある方も多いかもしれませんが、まだ一度もチェックしたことない人、最近全然チェックしていない人も夏競馬ならではの信頼できる指数予想を弾き出しているので是非参考にしてみてくださいね。

愛知杯の推奨馬・予想公開はコチラから

新聞

愛知杯2018データ分析からの注目馬

愛知杯を過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

愛知杯必勝データ【1】とにかく荒れる重賞

過去10年で1番人気馬は2勝のみ。10回のうち6回は1番人気馬が馬券圏内を外しているだけに人気馬が頼りない重賞であるということがデータから見てとれます。更に過去10年で馬券に絡んだ30頭のうち8頭が10番人気以下の人気薄の馬であったことも鑑みればこの愛知杯はとにかく荒れる重賞であると言えるでしょう。今年の1番人気はマキシマムドパリが推されてきそうですが、トップハンデということもありあまり過信するのは禁物とデータからは言えます。

愛知杯必勝データ【2】5歳馬が優勢

開催時期が2年前から年明け1月にうつってはいますが、移行前は4歳馬つまり明け5歳馬の活躍が目立つ重賞でしたが実際移行した2年も馬券に絡んだ6頭のうち4頭までもが5歳馬という結果になっており、年齢的には5歳馬優勢というのがデータからは言えるところとなります。キンショーユキヒメやゲッカコウが5歳馬であり、軸とするならば5歳馬の中から選択するというのもデータ的にはお勧めできます。

愛知杯必勝データ【3】前走エリザベス女王杯からの巻き返しに警戒

過去10年で最も結果を残しているのは前走エリザベス女王杯組。着順は問わずに人気薄でも劇走しており、一気に相手が楽になっての好走というパターンでしょうか。この組からは今年はクインズミラーグロと、ハッピーユニバンスが参戦してくるだけにこの2頭には注目しておく必要があるのではないでしょうか。

愛知杯の詳しいデータ分析情報はコチラ

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

【徹底攻略】 ※AJCC(G2)絶好調のメイチ勝負馬はこの馬←馬名公開中!

【自信勝負】 ☆東海ステークス(G2)狙うべき馬を教えます←これは必見です☆

【中山競馬】 有馬記念馬登場!今週の注目『AJCC(G2)』の注目予想情報はコチラ

【中京競馬】 ★東海S(G2)フェブラリーSの前哨戦を徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

S__4595721

【京都金杯2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 京都金杯へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。今年初めの重

記事を読む

no image

【京成杯2017予想オッズ】超大物!?サーベラージュ登場!

管理人です。 来るべき春の皐月賞と同じ舞台、中山の2000mで行われる京成杯が今週末発走となり

記事を読む

マリーンカップ

★2016マリーンカップ(Jpn3)★ブチコ&藤田菜七子参戦!船橋競馬を徹底予想!

管理人です。 桜花賞が終わり、いよいよ今週末は皐月賞を迎え、春のG1シーズンがいよいよ開幕。

記事を読む

マイルCS南部杯3

【マイルチャンピオンシップ南部杯2016】盛岡競馬を徹底予想!

管理人です。 10月10日(祝)はJRAの3日間開催の最終日というだけではなく、 盛岡競馬で

記事を読む

新潟競馬場

☆2016関屋記念(G3)☆予想オッズ1番人気アノ馬の弱点を暴露!

管理人です。 夏競馬もいよいよ来週に札幌記念を控えてまさに最高潮といった感じ。 そんな中今週

記事を読む