【中山金杯2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2018/01/10 管理人おしらせ , ,

管理人です。
S__4595715
中山金杯へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。年明け初戦の重賞を幸先よく制したいと願うのはこの中山金杯にエントリーしたすべての陣営が願うところでしょうが、年明け早々から熱心に乗り込んで好仕上がりを見せている馬はしっかりと馬券で抑えておきたいもの。人気になりそうなセダブリタンテスやウインブライト・ダイワキャグニーといった明け4歳勢を中心に各馬の動きをしっかりとチェックしておきましょう。

中山金杯2018追い切り診断注目馬

ウインブライト

美浦南W 83.1 67.6 52.8 38.3 13.1 馬なり 併せ併入
福島記念を勝った勢いでこの中山金杯をもと勢いに乗るウインブライトは前走後も順調に乗り込まれてきてはおり、最終追い切りにおいても終いまでしっかりと伸びて併走相手に3馬身先着と上々の動きを見せていただけに状態面は引き続き良好と見たいところではありますが、前走時に見せていたような絶好の動きと比較すると多少物足りなさを感じなくもないところ。引き続き走れる状態にはあると判断できそうですが、前走以上の仕上がりかと言われるとどうでしょうか。ハンデも2kg重くなり条件的には決して楽ではないところでその真価が問われる1戦となることでしょう。

カデナ

栗東坂路 54.3 38.9 25.5 12.6 強め
天皇賞秋では16着と大敗を喫しましたが、その後は一旦短期放牧に出て立て直しを図り12月の半ばから坂路で4本。育成でそれなりに乗り込まれていたと考えれば最終追い切りの動きは終いにこの馬としては上々の時計も計時しているだけにしっかりと仕上がっていると判断してよさそうです。中竹調教師からは「完成形になった」とこの休養での更なる成長をアピールするコメントが飛び出していますが、天皇賞秋は極悪馬場が敗因ということであれば今回は弥生賞勝ちもある相性のいい舞台。ハンデは見込まれた感もありますが改めて見直してみる手もありなのではないでしょうか。

ストレンジクォーク

美浦坂路 50.8 38.1 26.0 13.2 一杯
最終追い切りにおいて一杯に追われると50.8という自己ベストタイムも更新する好タイムを計時。あまり稽古の時計が目立つところのない馬がこれだけ動けてきているのは注目すべきではないでしょうか。その素質は以前から高く評価されてきたものの、勝ち切れない競馬であったり原因のつかめない大敗もあったりで出世は遅れましたが、ようやく挑戦するオープンの舞台。中山コースは走り慣れており最も実績のあるコースなだけに前走快勝の勢いで一気に重賞にも手が届いてもおかしくない状態にあると言えるのではないでしょうか。

セダブリランテス

美浦南W 66.0 51.6 39.1 13.1 G前追う 併せ先着
アルゼンチン共和国杯ではスワーヴリチャードの3着という成績でしたが、それでもセントライト記念を回避するというアクシデント後の一戦であったことを考えれば上々の内容。これで初黒星となりましたがそう悲観することもなさそうで、逆に今回は順調に調整を進めることができた上で最終追い切りではコース5F自己ベストタイムを更新する66.0をマークしているように動きも絶好。ハンデも55kg止まりならば御の字でしょうし、ここは今年の活躍を占う意味でもまずはしっかりと結果を残したい舞台となりそうです。好走できる状態にはしっかりと仕上がっていると判断してよさそうです。

ダイワキャグニー

美浦南W 53.8 40.2 13.5 馬なり 併せ先着
最終追い切りはコース4F追いで軽めの調整ではありましたが併走相手にはきっちりと先着を果たしており、何より1週前の追い切りでは4F50.9という破格の時計をマークする絶好の動きを披露しており、前走のキャピタルステークスを勝って更に状態をあげてきている感の強い動きを披露してきているダイワキャグニー。これだけ動けてきているのならば当然注目の存在となるでしょう。昨年秋は毎日王冠4着と強豪相手にも好走をしてきている中で、重賞勝ちはないにも関わらず、セダブリランテスよりも1kg重い56kgを背負うのは見込まれた感はありますが、中山コースを克服できるようであれば好走も可能な状態にあると言えそうです。

デニムアンドルビー

栗東CW 69.8 53.1 38.6 12.0 馬なり 併せ遅れ
この中間は前走のチャレンジカップ2着時と変わらずにしっかりと乗り込まれてきているデニムアンドルビー。併せ馬で遅れたのも前走と同じなだけにそこまで気にすることもなさそうであり、時計的にも変わらず終いの伸びは良好であることを見れば、年齢的にも大きな上積みというものはないでしょうが、いい意味で平行線。好状態を保っていると判断できるのではないでしょうか。展開に左右される面はありますが、末脚嵌れば前走同様の好走の可能性は十分にあると見てよさそうです。

マイネルミラノ

美浦南W 70.2 55.0 40.8 12.9 馬なり
最終追い切りは終いだけさっと流す程度の内容となりましたがこの年末にこの馬としては珍しい好タイムを連発させており、負荷もしっかりとかけられてきているだけにここも好状態での出走という判断で良さそうです。もはや古豪の域に入ってきている明け7歳馬ではありますが、自分のリズムで行ければとにかく渋太いタイプであり、ハンデも1kg軽くなっての57kgでの出走ならばチャンスも生まれてきそうなところではあります。楽にハナにたってのマイペースがかなってしまうと、あれよあれよの粘りこみには警戒が必要となってくるのではないでしょうか。

レアリスタ

美浦南W 56.4 41.4 26.9 13.3 馬なり
稽古であまり負荷をかけることのない堀厩舎の調整で時計もあまり出ないレアリスタだけにこの時計でも気にすることもないのかもしれませんが、それにしてもこの中間はいつになく軽めに映る調整内容。前走の休み明けが体重を減らしていただけに更に減らないようにと加減されているのではと思ってしまうところはあります。ネオリアリズムの弟ということでも注目を集める存在ではありますが、この軽めの調整だけでは判断しにくい部分もあるだけに、当日のパドック気配はしっかりとチェックした上で判断してみたいところではあります。

新聞

今年最初の競馬で的中を手にしたいと考える競馬ファンは多くいることでしょうが、スポーツ紙面やメディアが報じるありきたりの情報だけを頼りに予想しても、結局大半の競馬ファン同様にがっかりの結果となってしまうのが競馬です。

だからこそ重要なのはスポーツ紙やメディアが報じることのできないお宝情報をしっかりと掴んで馬券予想を的中させることが重要といえそうですね!

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【大井競馬】 ※東京記念(S1)長距離王決定戦!徹底分析予想はこちらから

【中山競馬】 オールカマー(G2)レイデオロVSアルアイン再び…←絶賛公開中

【阪神競馬】 『神戸新聞杯(G2)』エポカドーロ・ワグネリアンを負かすならこの馬!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

宝塚記念2016

☆2016宝塚記念(G1)予想オッズ~ドゥラメンテVSキタサンブラックだが・・・

管理人です。 いよいよ発走!2016年上半期の総決算、宝塚記念(G1) 例年では次々と有力馬

記事を読む

S__4595721

【ヴィクトリアマイル2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 ヴィクトリアマイルへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。春

記事を読む

小倉

【フィリーズレビュー2017予想 オッズ 注目馬】桜花賞への切符巡るオンナの戦い!

管理人です。 先週のチューリップ賞でソウルスターリングが圧倒的な強さを見せましたが、こ

記事を読む

皐月賞2016

★2016皐月賞(G1)★予想オッズでは3強ムードも注目すべき馬は?

管理人です。 いよいよ発走となるクラシック3冠の1戦目となる皐月賞。 今年はマカヒキ・リオン

記事を読む

free33

【皐月賞2018重馬場予想】雨の馬場で笑う馬、泣く馬

管理人です。 皐月賞当日、中山競馬場の天気予報は「曇り時々雨」予報では前日の夜からまとまった降

記事を読む