【京都金杯2018予想】予想オッズ注目馬・データ分析

公開日: : 最終更新日:2018/01/08 広告・おしらせ , ,

管理人です。
小倉
2018年の京都競馬の開幕を告げるのはお正月恒例の京都金杯から。昨年の勝ち馬エアスピネルはここを勝ってG1戦線でも活躍できるマイラーの道を歩みましたが、今年も新星誕生なるかに注目が集まります。明け4歳馬のレッドアンシェルやラビットランに注目が集まりますが、クルーガーをはじめとした古豪の奮起にも期待したいところです。

京都金杯2018予想オッズ人気上位の注目馬

レッドアンシェル

昨年春はアーリントンカップ2着、NHKマイルC4着と一押し足りない成績が続きましたが、秋には富士ステークスで不良馬場でも4着と好走するとメンバーの揃った前走リゲルステークスで勝利を収めました。春までの後方からの競馬だけでなく秋には先行抜け出しの競馬で結果を残してレースに幅が出てきたのも成長の証と言えるでしょうがどんな競馬でもできるようになった今回の京都金杯で、どこまで力が通用するかは非常に楽しみな1戦となるのではないでしょうか。

ラビットラン

ローズステークスを強烈な末脚で制して、続く秋華賞でも4着と好走したラビットラン。前走ターコイズステークスでは先行策をとって押し切りを狙いましたが僅差の4着に敗退。それでもポジションをとっての競馬で結果を残せたのは収穫であったと言える1戦であったといえるでしょう。今回は牡馬の強豪相手となるだけに決して楽な競馬とはならないでしょうが、ハンデも手ごろに収まりそうで乗り方ひとつで上位に進出してもおかしくない爆発力を備えている馬だけに注目してみたいところではあります。

クルーガー

長期休養明けであった富士ステークスでも3着と好走し、前走のマイルCSでも7着ながら勝ち馬とは0.3差と差のない競馬を演じたクルーガーはやはり力のある馬であるというところを見せており、相手関係も楽になるG3重賞ならば再度見直してみたいところ。京都マイルで同舞台となるマイラーズカップを2年前に制しているようにコース適性もあるだけに休み明け3戦目のここで復活を遂げる可能性も十分にありえるのではないでしょうか。

ブラックムーン

昨年の京都金杯では3番人気に支持されながらも9着という成績。後方からの競馬しかできずに展開に左右される面があるブラックムーンではありますが2走前のマイルCSではメンバー最速の上がりをマークして6着に突っ込んできておりまだまだその決め手は健在。追い込みが決まる流れになることが絶対条件とはなりますが、その流れさえ嵌ってくれば一発あってもおかしくない1頭であることは間違いないでしょう。

ウインガニオン

休み明けとなったマイルCSではいいところなく17着と大敗を喫しましたが、昨年は3連勝で中京記念を制するなど活躍が目立った1頭であり、典型的な叩き良化形のタイプであるだけに休み明けの前走を一度使っての今回の京都金杯は状態面の良化も見込める1戦。楽に先行できれば自分の競馬ができるはずであり、それさえかなってしまえば上位進出の可能性は十分にあると言えるのではないでしょうか。右回りよりも左回りの方がスムーズに走れる感はありますが、実績的にも目の離せない1頭であると言えそうです。

キョウヘイ

キョウヘイは昨年のシンザン記念の勝ち馬。秋はオープン特別を3戦して3.5.4着という成績ではありましたが、古馬相手でも互角にやれたことは自信になっているはずであり、今年は更なる活躍を狙いたいはず。京都金杯は昨年シンザン記念を制した舞台と同じ京都マイルであり、末脚は常に安定。自分の脚は必ず使えるようになってきているだけにここも展開さえ向けば直線は必ず上位をうかがってくるのではないえしょうか。

新聞

京都金杯2018データ分析からの注目馬

京都金杯の過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

京都金杯必勝データ①中波乱狙いのレース

過去10年の結果を見ていくと1番人気から3番人気までの人気上位馬が総崩れした年はなく、連軸は人気馬の中からという判断が無難と言えそう。ただ、相手候補は低人気馬が突っ込んでの高配当となる年もあるだけに、軸馬から手広く流して高配当狙いというのが京都金杯における馬券の狙い目と言えるのではないでしょうか。

京都金杯必勝データ②前走大敗からの巻き返しにも注意

一昨年のテイエムタイホーは阪神カップ16着からの巻き返しで2着、3年前のウインプリメーラはチャレンジカップ8着からの巻き返しで勝利を手にしているように前走で大きく負けて人気を落としているような馬でもチャンスは十分あるといえそう。むしろ、前走の敗退で人気を落としている実績馬を狙うというのに妙味があると言えるかもしれません。

京都金杯必勝データ③内枠有利

過去10年で馬券に絡んだ30頭の枠順を見てみると、真ん中より内の馬が23頭、外の馬が7頭と内目の枠の馬が圧倒的に活躍しているのが京都金杯の特徴。能力拮抗のハンデ戦だけにロスなく運べる内枠の方が有利ということなのでしょうか。今年の京都金杯においても内目の枠に入った馬から狙いを定めるのがセオリーとなってくるのではないでしょうか。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

【天皇賞春】 天皇賞春(G1)淀の3200mを制するのはこの馬しかいない!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

栗東トレセン

【東京スポーツ杯2歳ステークス2016追い切り】注目トラストの仕上がりは!?

管理人です。 東京スポーツ杯2歳Sへむけての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。

記事を読む

新聞

【安田記念2017枠順・馬場・陣営コメント】予想に役立つ直前情報

管理人です。 馬券的中に直結。安田記念の枠順から有利な馬、不利な馬は?また当日の馬場状

記事を読む

S__4595721

【菊花賞2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 菊花賞へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。アルアインをはじ

記事を読む

調教風景

☆サウジアラビアロイヤルカップ2016追い切り☆予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 サウジアラビアRCへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。

記事を読む

菊花賞

【菊花賞2016予想オッズ】サトノダイヤモンドVSディーマジェスティ!

管理人です。 いよいよ迎えるクラシック3冠最終戦の菊花賞。 マカヒキは凱旋門賞挑戦で不在・リ

記事を読む