【東京大賞典2017予想】大井競馬を徹底予想!

公開日: : 最終更新日:2018/01/09 広告・おしらせ , ,

管理人です。
大井競馬2
年末の競馬界の風物詩といえば有馬記念とこの東京大賞典。今年のダート最強馬を決する中央VS地方のラストバトルがいよいよ大井競馬場で発走となります。今年最後のG1レースを制するのは果たしてどの馬なのか?コパノリッキーが有終の美を飾るのかそれともアポロケンタッキーの連覇なのか、はたまたケイティブレイブの帝王賞からの大井G1連勝なのか、注目の1戦から目が離せません!

東京大賞典2017注目馬

1枠1番 ミツバ

今年は盛岡のマーキュリーカップで初重賞制覇を成し遂げましたが、JBCクラシックでも3着と好走しているように力をつけてきている1頭。前走チャンピオンズカップでも自分の末脚はしっかりと発揮してきているだけに流れ一つで上位進出は可能な1頭と評して良さそう。終いの脚はしっかりしているだけにまずは前の組が直線で脚が止まるような流れを待つばかりといったところでしょう。

1枠2番 タービランス

昨年の東京ダービーで1番人気に支持された素質馬。羽田盃を制している実力馬が1年半ぶりにホッカイドウ競馬での復帰戦を勝利して今回は道営所属馬として東京大賞典参戦となります。中央の強豪相手にどこまでやれるか、奮起に期待してみたいところではありますが、来年以降の活躍を期すためにもここは見せ場くらいは作ってもらいたいところはあります。陣営も地方競馬の仕事人、吉原騎手を配して中央馬に食い込んでの好走を狙っているのではないでしょうか。

2枠3番 サウンドトゥルー

前走のチャンピオンズカップでは展開向かずに内に閉じ込められてまったくこの馬のよさを見ることができなかっただけにこの東京大賞典は巻き返しを期する1戦。大井2000mはこれまで1.3.3.4.1着で2年前には東京大賞典も制している相性のいいコース。今回も内枠を引いてしまっているだけにいかにスムーズに外に持ち出して末脚を伸ばせるかが課題となってきそうですが、鞍上の大野騎手とて同じ失敗を2度繰り返すわけにはいかないといったところでしょうし、コースでの安定感を評価すればここは頭固定とはいかなくとも連軸としてならば十分に信頼できる存在となるのではないでしょうか。

3枠5番 アポロケンタッキー

昨年の東京大賞典の勝ち馬で連覇のかかる1戦となるアポロケンタッキーですが前走のチャンピオンズCは直前でハ行のために出走取消。幸い症状は軽かったということで出走に踏み切ってきましたが、稽古でもしっかりと動けているだけに前走取消の影響はそこまで気にすることはなさそう。ただ成績にムラがある馬ですが、これまでの地方競馬場での好走は揉まれ難い外枠からの発走が多いだけにこの内目の枠は気にならないわけでもありません。スムーズに自分の競馬ができるかが鍵となってくるのではないでしょうか。

4枠8番 ヒガシウィルウィン

今年の地方の大将格はジャパンダートダービーを制しているヒガシウィルウィン。休養明け初戦となった浦和記念ではマイネルバサラに突き放されての2着という成績でしたが、古馬相手初戦で休養明けでもあったことを考えれば上々の成績であったと言えるでしょう。今回は休み明けを叩いた上積みは大きいはずで、中央馬を撃破した大井2000mの舞台で3歳馬55kgは斤量的にも有利。相手は一気に強化となりますが、中央馬に割って入ってくる可能性は十分にあると言えるでしょうし、地方馬代表としての奮起に期待してみたいところではあります。

5枠10番 インカンテーション

昨年までの不振が嘘かのように今年3月のマーチステークスを制してから再び勢いを取り戻してきたインカンテーションは前走武蔵野ステークスを制した後はチャンピオンズカップをパスして東京大賞典に狙いを定めてきているようにローテーションにも余裕がある点は好感が持てます。大井コースは3歳時のジャパンダートダービーで大敗を喫しているだけにコース適性には不安が残りますが、今期の充実ぶりを見ればG1のここでも好走しておかしくない1頭であると言えるのではないでしょうか。

6枠12番 ケイティブレイブ

今年の帝王賞をこれまでの逃げ馬という印象を一新する追い込み策で勝利したケイティブレイブ。その後も勝ちきれないものの常にダートの一線級を相手に好走しており安定感が出てきたのは成長の証でしょうか。ただ勝ち切るためにはもう一押し欲しいのも事実でここも福永騎手がどう乗るかひとつで結果も違ってくることでしょう。ただどんな作戦をとろうと近走の安定感からしてみれば大崩れは考えにくく、馬券の中心として考えるのが無難と言えるところではないでしょうか。

7枠13番 コパノリッキー

これが引退レースとなるコパノリッキー。前走のチャンピオンズカップでは久々に逃げるも3着という結果に終わっておりここで有終の美を飾れるかには注目が集まるところではあります。たまに脆さを見せるものの近走は安定して走ってきており、先行しての安定感は素直に評価すべきところ。今回は外めの枠を引けただけに揉まれる心配は少なく、自分のリズムで走れれば自ずと結果は出てきそうな感があります。キタサンブラックに続いて砂の王者もラストランを勝利で終えることができる可能性は高いのではないでしょうか。

8枠15番 ロンドンタウン

韓国のG1コリアカップを制してから臨んだチャンピオンズカップでは大敗。夏にはチャンピオンズカップ2着のテイエムジンソクをエルムステークスで負かしているだけに力を出せれば勝ち切るまでの力もありそうなロンドンタウンではありますが、成績が安定しないのが難点。ただこれまでの好走歴をチェックしてみると好走が多いのは内枠を引けた時。今回の外枠はうまく足が溜まらない可能性がありあまり強気に買うことができない要因となるのではないでしょうか。

地方競馬2

東京大賞典2017/大井競馬イベント情報

当日はTCKの今年のイメージキャラクターであるオリエンタルラジオの2人が、当日行われる東京大賞典(GI)の予想トークショーと、同競走のプレゼンターを務めたり、コパノリッキーの引退式がレース後に実施されたりとイベント盛りだくさんの大井競馬場。他にもプレゼントイベントやグルメイベントなど様々なイベントもあるみたいなので要チェックです!レースにイベントにこれは楽しめること間違いなし!

大井競馬場といえば、今やイルミネーションのきれいなスポットというだけでなく、エンターテイメントスポットとして認知されてデートに家族に同僚でと様々なシーンで人気を集める競馬場として知られていますよね。近くでお仕事をされている方やお近くにお住まいの方はぜひ大井競馬に足を運んでみてはいかがでしょうか。

そして大井競馬でバンバン的中を手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

小倉

【阪神大賞典2017予想 オッズ 注目馬】サトノダイヤモンドで断然なのか?

管理人です。 阪神大賞典は天皇賞(春)へ向けて最注目の1戦ということになりますが、今年は予想オ

記事を読む

no image

【京都金杯2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 京都金杯への最終追いきりは美浦・栗東トレセンで実施されました。 新年早々の重賞

記事を読む

全日本2歳優駿

【全日本2歳優駿2016予想】川崎競馬を徹底予想!

管理人です。 先週の阪神JFや香港国際競走で思うように的中を手にできなかった競馬ファン

記事を読む

【京都大賞典2017予想】必見の出走馬情報・データ分析

管理人です。 3日間開催の祝日月曜日には京都競馬場で京都大賞典が発走となります。同週開催の毎日

記事を読む

調教スタンド

☆2016新潟2歳S(G3)追い切り☆予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 新潟2歳ステークスへ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。

記事を読む