【ホープフルステークス2017追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。
S__4595721
ホープフルSへ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。その最終追い切りで有力候補であったルーカスが放馬。回避も囁かれている中出走すると判断しただけにその仕上がりには注目、その他のジャンダルムやフラットレーといった有力馬をはじめとした各馬の仕上がりをしっかりとチェックして今年最後の中央G1競走を予想的中したいものですね。

ホープフルステークス2017追い切り診断注目馬

サンリヴァル

栗東CW 85.9 68.6 53.2 38.5 11.8 一杯 併せ併入
9月の芙蓉ステークス以来の出走となりますが、11月末から坂路でしっかりと乗り込まれて最終追い切りはコースでという前走同様の調整パターン。動きを見ても終い重点の追い切りでラスト11秒台をマークして鋭く伸びてきており、性能の高さと仕上がりの良さを感じさせるところ。今回出走メンバーとは初顔合わせとなりその力差関係はやってみないと解らない部分もありますが、中山2000mを一度経験しているのはプラスでしょうしこの動きを見せているならば好走の期待できるところではないでしょうか。

シャルルマーニュ

栗東坂路 58.5 42.0 26.3 12.3 馬なり
先週水曜日に坂路でビッシリ追われているだけに最終追い切りでは馬なりで終いを伸ばす程度の追い切りとなりましたがラストは12.3としっかりと駆け上ってきており、1週前の追い切りでは有馬記念を制したキタサンブラックとの併せ馬で先着。この中間の動きはとにかく目立つものが多く、状態の良さがうかがえます。先行して簡単に止まらない粘りの末脚が身上でキャリア5戦ともに安定した成績を残していますが、ここも同様の競馬で上位に食い込んでくる可能性は十分に有り得る仕上がりにあると言えそうです。

ジャンダルム

栗東坂路 52.5 37.9 24.5 12.1 一杯
これまでの2戦は1週前と直前ともにコースでの追い切りでしたが、今回は坂路を選択。その動きは時計もさることながら動きも実に豪快で2歳馬離れした走りを見せています。直前の追い切りでも坂路の自己ベストをマークすれば、1週前のコースでの追い切りでも自己ベストを更新してきており、デビュー3戦目で言うまでもなく最高の仕上がりを見せていると判断して良さそう。ともなれば後は距離延長がどうかというところのみが不安要素となってきそうですが、有馬記念を制した武豊騎手の手腕でなんとかならないものかと期待してみたいところではあります。

ジュンヴァルロ

栗東坂路 55.1 40.1 26.5 13.2 馬なり
今回は長距離輸送を考慮して意識的にオーバーワークを避けての軽めの調整となったと陣営もコメントを残していますが、調整パターン的には1週前コースで直前坂路と前走同様の調整。動きを見ても、前走から大きな上積みこそ感じられないものの前走の好状態は維持していると思われる軽快な動きを見せており、まだ2戦2勝と底を見せていないジュンヴァルロがホープフルステークスでどこまでやれるかは非常に興味深いところとなってきそうです。

ステイフーリッシュ

栗東坂路 52.9 38.3 25.2 12.6 G前追う 併せ先着
新馬戦を勝ったばかりの馬ではありますが、レースを一度使って馬に気が入ってきたのか終いの伸びも鋭さを増してきており、直前の追い切りでが古馬オープンのリーゼントロック相手に先着を果たし見所ある追い切りであったと診断できます。相手も一気に強化され決して楽な競馬にはならないとは思われますが、前走からの上昇味は見逃すことのできない存在になりそうです。父ステイゴールドといえば中山コースに良績のある血統となるだけに一発狙ってみる価値はあるのではないでしょうか。

タイムフライヤー

栗東坂路 52.7 38.3 25.2 12.6 強め 併せ併入
8月のデビューから5戦目となりますがコンスタントに使われてきてはいるもののしっかりと乗り込まれて坂路で好タイムを連発しているように状態面は引き続き良好と見てよさそう。前走の京都2歳ステークスでは圧倒的1番人気に支持されながらも2着に敗退しましたが巻き返しての勝利も十分可能な状態にあると見てよさそうです。短期免許で来日しているCデムーロ騎手はこの日で騎乗満了となるだけに、このチャンスをモノにしてG1タイトルを手土産に帰国できるかどうかにも注目してみたいところです。

フラットレー

美浦南W 69.7 53.2 39.6 13.8 馬なり 併せ併入
直前の追い切りは時計的には軽めの調整も手応え十分に走ってきており、1週前には坂路の自己ベストタイムとなる53.2をマークしてきているだけに状態についてはしっかりと仕上がっていると判断して良さそう。鞍上のルメール騎手も惚れ込んだ逸材がこの大一番でどんな競馬を見せるか楽しみになってくる仕上がりであると診断できますが、関東圏でのG1であるにもかかわらず関西馬だらけのメンバーとなり、関東の大将格と目されたルーカスが回避となった今、関東馬の意地を見せることができるのかという点でもこの馬に注目が集まりそうです。

ルーカス

美浦坂路 58.3 42.0 27.1 13.4 馬なり
前日のコースでの追い切り中に放馬。回避濃厚とまで言われていましたが翌日にMデムーロ騎手を背に坂路で乗られて出走を判断しました。結局のところの最終追い切りは軽い運動程度というものでありモタれるようなところもあるだけに状態面は心配といえば心配。陣営が出走に踏み切るからには走れる状態にあると判断したからこそでしょうが、直前の追い切りでのトラブルはマイナスであってもプラスになることはなくやはり状態面と精神面に不安を抱えていると言えるのではないでしょうか。

ホープフルステークス2017/予想に役立つ絶好調特注馬情報

1番人気はジャンダルムが推されそうではあるものの…

予想オッズからの1番人気は2強対決と目されたルーカスが直前に放馬のトラブルに見舞われただけに、ジャンダルムが推されることが濃厚、とはいえこのジャンダルムにも距離の不安は残り有馬記念のキタサンブラックのような圧倒的な人気にはならない模様。続いて人気となりそうなタイムフライヤーやフラットレー、サンリヴァルあたりにもチャンスは十分にあると言えそうです。直接対決の少ない2歳馬同士の争いだけに人気に捉われないことが大事とも言えるでしょう。では果たしてどの馬を買うべきかどの馬を消すべきなのか。その判断は非常に難しいというのが今年のホープフルステークスの状況であると言えそうですね。さてどの馬を抑えておくべきかは追い切りの動きを参考にしっかりと見極めておきたいところです。

果たしてどの馬を狙うべきか?もう結論は出ていますか?

競馬予想

ホープフルステークス2017追い切りの達人の推奨馬

追い切り診断の達人といわれ、数々の的中を記録してきていますが、このホープフルステークス絶対自信の鉄板馬を発表したのはご存知でしょうか?

先日の有馬記念(G1)は追い切りの動きから

『追い切りの動きから本命はキタサンブラックで鉄板。相手はシュヴァルグラン・スワーヴリチャードと穴でクイーンズリングとルージュバックの2頭を狙う。ここは自信の勝負レースです。 』

と断言し、本命のキタサンブラックが見事に勝利し、相手に指名した4頭が2-4着に入線。相手指名した馬が掲示板を独占しており、つまりのところ狙った本命馬が勝利を収め、相手候補が上位を独占。まさにパーフェクトと言える予想で、3連単250.4倍を12点で的中達成!彼の予想を参考に馬券を買った競馬ファンはこの夢馬券を掴んでいる人もいるのですからさすがの一言ですね。

・大川さん有馬記念の的中どうもありがとう!1万円が25万円になりました!

・今年のG1は大川メソッド通りに馬券を勝ってるけど外れた試しがないんだけど。

・大川慶次郎予想メソッドはまさにレジェンド。これが競馬予想の教科書やな。

と、多くの競馬ファンからも喜びの声が聞こえてきていますが、ただいま、66週連続で重賞的中を達成中!

この予想を支持するファンを沸かせた。例え人気薄の馬だろうが、追い切りの動きが絶好ならばしっかりと狙って的中させ重賞連続的中継続中とくれば、さすがの一言ですね。

ホープフルステークスの本命馬◎無料公開はコチラから

選馬眼のプロが明示するホープフルステークスの注目馬

大川慶次郎さんといえば、過去に何度も1レースから12レースまでの予想を的中させるパーフェクト的中を達成した競馬予想界のレジェンドですが、その大川さんの追い切り診断メソッドを駆使して、今週のホープフルステークスの自信の本命馬を公開するというのですから、競馬関係者からも注目を集めているのは納得の話ですね。果たしてその特注馬とは一体どの馬なのでしょうか?

大川 慶次郎(おおかわ けいじろう、1929年2月6日 – 1999年12月21日)は日本の競馬評論家。東京府北豊嶋郡王子町15番地(現在の東京都北区王子)出身。慶應義塾大学文学部心理学科卒業。予想家としては通算4度パーフェクト予想を達成し、「競馬の神様」と呼ばれファンに親しまれた。競馬評論家の大川智絵は長女。 -出典 wikipedia 大川慶次郎

状態絶好!ホープフルステークスの特注馬☆無料公開はコチラから

重賞連続的中記録更新中の予想、ホープフルステークス2017注目馬

ちなみに大川さんの予想は、先週の有馬記念・阪神カップの重賞W的中だけでなく先日の函館記念においても、追い切りの動きから『休み明けこそが狙い目のルミナスウォリアーが動き絶好で本命。ここは大穴狙い。 』と推奨し、狙ったルミナスウォリアーが5番人気で勝利を収め、宣言通りの大穴狙いから14番人気のタマモベストプレイもしっかりと抑えているという結果にて、彼の調教診断を信じる熱烈なファンへ3連単9153.2倍の高配当を的中というビッグなプレゼントをしたということでも話題となりました。

2016年の重賞は123戦103的中、2017年の重賞は123戦109的中と絶対的な的中を誇り、絶好調の大川さんの推奨馬からは今年も目が離せません!

そんな大川さんのホープフルステークスの追い切り特注馬情報は残念ながら著作権の問題上このブログ内では公開できません。著作を所持しているこちらのサイトにて注目重賞レースの情報も無料公開とのことですので、気になる方は是非チェックしてみてください。

これぞ、関係者の眼で見た生の情報。見逃し厳禁といったところでしょう。ホープフルステークスで一儲けしたいと願う方は必ず確認したほうがいいでしょう。

【 ホープフルステークス特注馬情報を無料公開はコチラから 】

新聞

今年最後の競馬で的中を手にしたいと考える競馬ファンは多くいることでしょうが、スポーツ紙面やメディアが報じるありきたりの情報だけを頼りに予想しても、結局大半の競馬ファン同様にがっかりの結果となってしまうのが競馬です。

だからこそ重要なのはスポーツ紙やメディアが報じることのできないお宝情報をしっかりと掴んで馬券予想を的中させることが重要といえそうですね!

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【大井競馬】 ※帝王賞(Jpn1)徹底分析予想はこちらから

【中京開幕】 CBC賞(G3)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

【福島開幕】 残念ダービー『ラジオNIKKEI賞(G3)』の注目予想情報はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

調教スタンド

★2016高松宮記念(G1)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 高松宮記念へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。 先日のエ

記事を読む

中京競馬場1

★2016愛知杯(G3)追い切り★予想に役立つ特注馬情報!

管理人です。 今週末は土曜にも重賞が組まれており、中京競馬場で愛知杯が発走となります。 3日

記事を読む

小倉

【京都新聞杯2017レース展望】予想に役立つ出走馬情報!

管理人です。 ダービー出走へのラストチャンス。京都新聞杯が今週末土曜の京都競馬場で発走となりま

記事を読む

栗東トレセン

☆2016小倉2歳ステークス(G3)追い切り☆予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 小倉2歳Sへ向けての最終追い切りが栗東トレセン・小倉競馬場で実施されました。

記事を読む

新潟競馬場ダート

☆2016レパードステークス(G3)☆予想オッズは2強対決も・・・

管理人です。 3歳ダートのトップホースが秋からの古馬との対戦を見据える 力試しの重賞、レパー

記事を読む