【ホープフルステークス2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

公開日: : 最終更新日:2017/12/28 管理人おしらせ , , ,

管理人です。
free33
2017年のJRA最後のG1レースは今年からホープフルS。来年の皐月賞と同じ中山2000mで行われる2歳G1戦となりますが、ジャンダルム・サンリヴァル・ジュンヴァルロと3頭の2戦2勝馬がエントリーしてきており注目が集まりますが、果たしてこのレースを制して来年のクラシックへ向けての有力候補に名乗りを挙げるのはどの馬になるのでしょうか。

ホープフルステークス2017予想オッズ人気上位の注目馬

ジャンダルム

新馬・デイリー杯2歳Sと連勝で臨んでくるジャンダルムは母がビリーヴということでも注目を集めますが、2戦ともに抜群のセンスで勝ちあがり完成度の高さを見せています。その前走では朝日杯FS4着のケイアイノーテックを負かしているだけに勝利を評価してもいいところ。やはり気になるのは血統的に2000mの距離がどうかというところはあるでしょうが、父系はスタミナ豊富なサドラーズウェルズの血脈だけあって案外保ってしまうのではないかという期待もできます。今年のG1レースのラストを武豊騎手が制することができるかどうかにも注目してみたいところではあります。

ルーカス

血統的にモーリスの弟としても注目を集めるルーカスですが、前走の東京スポーツ杯2歳Sでは世代最強との呼び声もあるワグネリアンには敗れはしたものの2着を確保。久々のレースを一度叩いての上積みもあるでしょうし、G1の舞台でどこまで強さを見せ付けることができるかにも注目が集まります。そこまでスパっと切れる脚はないものの長くいい脚を使えるタイプで中山コースは向いてくる感もあり、鞍上は今年のG1レースでとにかく活躍の目立ったMデムーロ騎手とくればそれこそG1制覇に期待してみる手は十分にあると言えそうです。

サンリヴァル

2戦2勝で芙蓉ステークスを制しているサンリヴァルですが、時計は平凡なものの先行して抜け出す正攻法の競馬できっちりと連勝してきている点と中山2000mを既に経験している点はアドバンテージとなってきそう。今回は間隔も開いての出走となるだけに追い切りの動きにも注目しておきたいところではありますが、前走同様の競馬で先手から早めに抜け出す競馬で有力各馬の末脚を封じることができるかどうかといったところでしょう。戦績にもレース振りにも派手さはないものの堅実に走ってきそうなタイプなだけに抑えは必要となってくるのではないでしょうか。

フラットレー

前走のアイビーステークスは圧倒的1番人気に支持されながらも極悪馬場に泣いて力を発揮できず。良馬場で改めて期待をしてみたい理由はそれこそデビュー戦を圧勝したそのパフォーマンスと鞍上のルメール騎手が絶賛のその性能ということになるでしょう。評判通りの力を発揮して勝利を手にすることができるのかどうか。まだまだ荒削りな部分はありそうですが、馬場さえよければその末脚が爆発を期待してみる手は十分にあると言えるのではないでしょうか。話題先行・人気先行タイプという可能性もありますが、まずはそのレース振りに注目してみましょう。

ジュンヴァルロ

これまで2戦を逃げ切りで2連勝。負けなしで臨むホープフルSですが果たしてどんな戦法で来るのか。先々を見据えるならば控える競馬を試したいところではありますが、このG1レースを獲りにいくならば再度の逃げの戦法もありでしょう。人気各馬は中団に構えてきそうなところもあるだけに、逃げてしまえば案外他の馬がけん制し合ってしまうとあれよあれよの逃げ切りまであってもおかしくないのではないでしょうか。2戦2勝馬の中では一番評価が低くなりそうですが、連勝は力がなければできるものではないだけにその走りは軽視禁物でしょう。

タイムフライヤー

前走の京都2歳ステークスでは勝ち馬のグレイルの徹底マークにあい最後は差されての2着。鞍上のCデムーロ騎手は「勝ち馬が強かった」と相手を称えていましたが、それでも力差はそこまで感じられないレース振り。これまで4戦して2.1.1.2着と大崩れなく安定した走りを見せてきており、レース経験豊富であるのも武器。多少時計のかかる馬場になっての持久力勝負ならば十分に浮上の余地はあると言え、引き続きCデムーロ騎手騎乗なのも魅力。まだまだ見限ることのできない魅力のある1頭といえるでしょう。

新聞

ホープフルステークス2017データ分析からの注目馬

ホープフルステークスがこの時期に重賞として実施された過去3年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

ホープフルステークス必勝データ①前走1着が必須条件

過去3年で馬券に絡んだ9頭はいずれも前走1着からの参戦。3年前には1番人気に支持されたダノンメジャーが馬券圏外に敗退していますが、この馬の前走は京都2歳ステークス2着という成績。ここ3年からのデータからいえば前走1着は必須条件となっており、今年のホープフルSで人気になりそうなフラットレーやタイムフライヤーにとっては不吉なデータとなってくると言えそうです。

ホープフルステークス必勝データ②外国人騎手に注目

昨年はルメール・シュミノー騎手での決着、一昨年はボウマン・Mデムーロ騎手での決着で3着もルメール騎手と外国人騎手が馬券圏内を独占しているように外国人騎手の活躍が目立っています。今年はMデムーロ騎手がルーカス・Cデムーロ騎手がタイムフライヤー・ルメール騎手がフラットレーに騎乗する予定ではありますが、いずれも人気になりそうな馬だけにデータ通りならばこの3頭はしっかりと抑えておく必要があるでしょう。

ホープフルステークス必勝データ③6番に注目

ここ3年、6番の馬が連続して馬券に絡んできています。2.3.8番人気で馬券に絡んできているだけにホープフルステークスにおけるラッキーナンバーとも言えるかもしれません。今年のホープフルSにおいてもそこそこの人気になりそうな馬がこの枠番を引いてくるようであればしっかりとマークしておく必要があると言えそうです。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

【浦和競馬】 ☆埼玉新聞栄冠賞(S3)イチオシ勝負馬を徹底分析☆

【東京GⅠ】 天皇賞・秋(G1)豪華メンバーで最注目すべき鉄板馬とは?←絶賛公開中

【東京重賞】 アルテミスS(G3)2歳牝馬路線の主役候補はこの馬…!!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

S__4595716

【京王杯スプリングカップ2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 京王杯スプリングカップへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました

記事を読む

安田記念2016

★2016安田記念(G1)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 春のG1連続開催もいよいよファイナル。今年の安田記念はまさに少数精鋭。 モーリ

記事を読む

しらさぎ賞

★2016しらさぎ賞(S3)★浦和競馬を徹底予想!

管理人です。 地方競馬の中でも最も盛り上がりを見せ、レベルも急上昇中の南関東競馬。 今週は、

記事を読む

【クイーンカップ2017予想オッズ】レーヌミノルはじめ上位拮抗!

管理人です。 今週土曜の東京競馬ではクイーンCが発走となります。昨年はメジャーエンブレ

記事を読む

S__4595721

【秋華賞2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 秋華賞へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。G1レースとくれ

記事を読む