有馬記念頂上決戦前日!/競馬コラム

公開日: : 競馬コラム ,

free24

☆ 有馬記念・ 頂上決戦 前日!

先日の木曜日は、テレビで有馬記念の公開抽選枠順が放映された。

オーナー、調教師、騎手が各テーブルに陣取っての闘い?
サウンズオブアースから始まり、プレスジャーニーが締めの16頭。

どんな枠が当たっても、笑顔の対応に観えるが、心中は穏やかではない。
内心は、笑顔もあれば、憤りも、諦めもあるが、決して表情には表さない。

各ジョッキーのインタビューにもあるように、枠順は大きなファクターのひとつになる。
外枠より内枠、奇数番よりも偶数番。
脚質によっては外枠でも構わない馬はいるが、基本は内目の枠を欲しがる。
旧阪神の桜花賞、今の東京2000mの外枠、これらはネックの不利になる。

枠順が決まってから、水面下で闘いが始まる。
レースの前日まで、馬主と調教師での作戦会議が秘密裏に行われる。
その結果を当日、騎乗の指示として騎手に伝える。

昔のGIレースの闘いは凄まじかった…
捨て駒を作り、前半からHペースにする作戦、
人気馬を被せて外に出さない作戦、
あるいは、内からコーナーで外に弾く作戦などなど…

例えば、今回の有馬記念で想像するなら…
・サトノクロニクルで前の馬を潰し、サトノクラウンで差す
・厩舎は違っても、ヨコの繋がりがあれば、競輪のようにラインを組む
・社台ファーム、ノーザンファームで事前に打ち合わせをする
・Cデムーロが前々の競馬をして、Mデムーロが脚を伸ばす etc…

当日の陣営は、何事もなかったようにレースに向かうが、
水面下では、それまでに厳しい闘いが始まっているのは事実。
勿論、馬の実力がベースになるが、それだけで決まらないのが競馬であり、
その邪推を巡らせながら、馬券検討を練るのも、競馬の醍醐味。

結果論で能書きを言うのは簡単だが、
陣営が競馬に臨む姿勢には、様々な要素が隠されている…

それが嵌まる時もあれば、ダメになるケースもあるから、
競馬は面白い。

【天皇賞春】 天皇賞春(G1)淀の3200mを制するのはこの馬しかいない!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ゲート審査

【2015宝塚記念(G1)】ゴールドシップの再審査について

ゴールドシップのゲート再審査について! ネットなどで取り上げられている、ゴールドシップ

記事を読む

トレセン厩舎

【競馬豆知識】馬にも好き嫌いが!

豆知識・馬にも好き嫌いが! たいがいの人は食べ物の好き嫌いはないでしょうが、 子

記事を読む

free32

競馬コラム/汗と馬体重の おさらい!

汗と馬体重の おさらい! 季節は夏に近づき、人間も馬も新陳代謝が活発になり、 汗をかく時期に

記事を読む

リアルスティール

【競馬コラム】無念!リアルスティール

無念 !リアルスティール ダービー4着のリアルスティールが左第1指骨剥離骨折。

記事を読む

競馬レース

【競馬コラム】これからの未勝利戦、未出走馬の扱いと馬券戦略

未出走馬! 以前の 「 新馬戦 」は同じ開催内なら何度でも出走できたが、 その後、同

記事を読む