【有馬記念2017追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2018/01/10 広告・おしらせ , ,

管理人です。
S__4595721
グランプリ有馬記念へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。これが引退レースとなるキタサンブラックの生涯最後の追い切りの動きはどうだったのか、そして打倒キタサンブラックとばかりにシュヴァルグラン・サトノクラウン・スワーヴリチャードといった注目馬の状態を含めて出走馬の状態をしっかりとチェックしておきましょう。

有馬記念2017追い切り診断からの注目馬

キタサンブラック

栗東CW 86.1 70.0 54.5 39.9 12.6 馬なり 併せ先着
昨年の有馬記念時と同じように黒岩騎手を背にジャパンカップ後に4本の追い切りを消化。直前の追い切りでは余裕残しの手ごたえで6F86.1という時計は時計を出そうと思えば80秒を切る時計を出してきたキタサンブラックにとっては物足りない時計ではありますが、1週前には5F64.1という好タイムもマークしており、既に秋2戦を消化して体はできているという判断でいいでしょう。見た目にも相変わらずの目立つ馬体を維持しており、ラストランへ向けて態勢は整ったと見ていいのではないでしょうか。

クイーンズリング

栗東CW 84.1 68.8 53.5 40.0 13.1 馬なり 併せ先着
直前の追い切りではルメール騎手が騎乗して終いの脚を確かめる程度の追い切りでしたが併走馬にきっちりと先着を果たしており、1週前の追い切りではコース6Fの自己ベストを更新する81.5をマークし好タイムを計時しているだけにこの秋3戦目で最もいい仕上がりになっていると判断できる動きを見せています。課題は距離ということになりそうですが、内枠でも引いてスローの流れでロスなく運べればこなせなくもない距離ではあり、状態面だけ見れば文句なしの仕上がりであると言ってよさそうです。

サトノクラウン

美浦南P 65.9 51.5 37.0 11.9 馬なり 併せ併入
前走時から調整パターンを大きく変えてきたサトノクラウン。木曜追いを行う堀厩舎が水曜に追い切った点も異例ですが、いつものWコースではなくポリトラックコースで追い切られているのも異例。いつも通りのコースでは馬がゴール前でやめてしまう事があることから精神的にも刺激を与えるという意味でのコース選択と陣営はコメントを残していますが、いつもは日曜に坂路で追い切りを行っている馬がこの中間は控えておりそのあたりも気になるところではあります。時計はポリトラックコースだけに出て当然ではありますが、動き自体は悪くないところではあり仕上がりは悪くないといったところでしょうか。このパターン変更が刺激となっての激走なるかに注目したいとkろではありますが、裏目に出る可能性もあるということは頭に入れておきたいところです。

サトノクロニクル

栗東CW 52.9 38.1 11.7 馬なり 併せ先着
この秋既に3戦を消化しており、今回は中2週ということもあるだけに強い調教は不要というのは納得ですがコース4F追いでキビキビした動きを見せており疲れを感じさせないいい動きを見せています。前走チャレンジカップを制して勢いを取り戻しているのならば若さで上位をうかがいたいところでしょうが相手関係は一気に強化するだけにどこまでやれるかここが試金石といったところではないでしょうか。

シュヴァルグラン

栗東坂路 54.0 39.5 25.8 12.9 一杯 併せ先着
いつも通りに最終追い切りは坂路で。稽古駆けする馬ではないだけにこの馬なりに時計はしっかりと出ており併走馬を置き去りして鋭い脚を見せており、1週前の追い切りでも併せ馬で遅れはしたものの、この秋一番の時計をマークしてその動きはかなり目立つところではあっただけに状態面は休み明け3戦目でまさに最高潮といったところではないでしょうか。ジャパンカップを制してG1馬の仲間入りを果たし今回は他馬の挑戦を受ける立場となりますが、G1連勝も可能な好仕上がりにあると判断できるのではないでしょうか。

スワーヴリチャード

栗東CW 80.3 64.5 50.1 37.2 12.4 馬なり 併せ先着
これが休み明けのアルゼンチン共和国杯を使って2戦目となるだけに馬もまだフレッシュ。追い切りの動きも前走から更に良化して2週続けてコースで好タイムをマーク。1週前にはコース6Fで80秒を切る79.3をマークして終いまでしっかりと伸びてきているあたり状態面はまさに文句なしといったところでしょうか。ここは一気の相手強化と実績のない右回り中山コースという点が課題となってきそうですが、それをも克服して3歳馬代表として恥ずかしくない競馬を見せてくれるのではないかと期待のできる仕上がりにあると言えそうです。

ミッキークイーン

栗東坂路 52.5 38.3 24.3 11.9 馬なり 併せ併入
前走エリザベス女王杯後も淡々と坂路で乗り込まれて、浜中騎手を背に行われた最終追い切りでは終い11秒台の脚を見せて豪快にフィニッシュ。前走時も坂路で好タイムをマークしていましたが、今回も同じような時計ではありますが、休み明けを一度使って中身は更にしっかりとしてきているはずであり、昨年5着に好走している舞台で今年もしっかりと力を出せる状態にあると判断していいのではないでしょうか。

ヤマカツエース

栗東CW 83.2 66.9 51.9 38.1 11.9 一杯
ジャパンカップ後もしっかりと負荷をかけて乗り込まれており、元気いっぱいの動きを見せているヤマカツエース。1週前には6Fから追って5Fからは64.4という好タイムも計時しているように時計も目立つところであり、稽古ではいつも目を引く動きを見せる馬ですが今回も同様の動きを見せていることからレースへいってもいつも通りの力を発揮してくれるものと期待できる状態にあると言えそうです。昨年の有馬記念で4着と好走し、今年も大阪杯で3着と好走しているように力は十分。流れさえ向いてくれば今年も好走は十分に可能でしょう。

 

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【徹底攻略】 ※AJCC(G2)絶好調のメイチ勝負馬はこの馬←馬名公開中!

【自信勝負】 ☆東海ステークス(G2)狙うべき馬を教えます←これは必見です☆

【中山競馬】 有馬記念馬登場!今週の注目『AJCC(G2)』の注目予想情報はコチラ

【中京競馬】 ★東海S(G2)フェブラリーSの前哨戦を徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

栗東トレセン

☆シリウスステークス2016追い切り☆予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 シリウスSへ向けての最終追い切りが栗東トレセンで実施されました。 JBCクラシ

記事を読む

東京競馬場4

★勝負馬券★東京9R湘南ステークス~自信の予想公開~

管理人です。 NHKマイルカップの発走が迫ってきていますが、 そのNHKマイルCを前に予想を

記事を読む

京都競馬場7

★京都大賞典 2016 予想オッズ★キタサンブラックVSラブリーデイ!

管理人です。 開幕週の京都競馬場では早くもG1馬の激突! 秋の天皇賞・ジャパンカップへ向けて

記事を読む

東京盃

【2016東京盃(Jpn2)】大井競馬を徹底予想!

管理人です。 祝日の9/22(木)はJBCスプリントへ向けての注目の一戦、 東京盃が大井競馬

記事を読む

race

【宝塚記念2017追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 宝塚記念へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。上半

記事を読む