【阪神カップ2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

公開日: : 最終更新日:2017/12/28 管理人おしらせ , , ,

管理人です。

今年の阪神競馬最後の重賞が阪神カップです。『スーパーGⅡ』とも言われる1着賞金6700万円をめぐり、イスラボニータ・サングレーザーといった秋のG1戦線を盛り上げた馬に加え、休養明けとなるものシャイニングレイも参戦を表明。そして4連勝中のモズアスコットなど実に多彩なメンバーで繰り広げられる注目の1戦となりそうです。

阪神カップ2017予想オッズ人気上位の注目馬

イスラボニータ

この秋は富士ステークス3着・マイルCS5着と相変わらずの堅実駆け。今年の春にマイラーズCで久々の勝利を挙げて再び勢いに乗るかとも思われましたが、結局この馬の善戦癖は直らず終いといったところでしょうか。とはいえ常に上位を争う力はまだまだ健在で、昨年2着に好走した阪神カップでも注目の存在となることは間違いないでしょう。そろそろ引退という声も聞こえるだけにもう一花咲かせたいところではないでしょうか。予想オッズ的にも勝ち切るまではどうかという評価から1番人気を他馬に譲る可能性もありえますが、実績的にはNo.1の評価を与えてよい1頭であることは間違いないでしょう。

サングレーザー

夏を越して急成長。4連勝でスワンステークスを制すると、強豪ひしめくマイルCSでも3着に好走したサングレーザーですが、G2の舞台ならば再度の重賞制覇のチャンス到来といったところでしょうか。マイルよりも3勝を挙げている1400mの方が適性は高そうであり、来年の飛躍を誓う意味でも今年最後のレースを勝利で飾って、来年は意気揚々とG1戦線へと挑んでいきたいといったところでしょうか。馬場不問の末脚を誇る馬でもあり、最後は必ず見せ場を作ってくれるものと期待したいところです。

モズアスコット

サングレーザーと同じ3歳馬ですが、こちらは目下4連勝中。距離短縮して1600mで2勝・1400mで2勝ともに完勝の形で一気にオープンまで上り詰めてきました。持ち時計的にも全くオープン馬相手でも見劣りすることはなくここも突破して重賞初制覇を遂げる可能性も十分にあるのではないでしょうか。今年のオークスを制したソウルスターリングと同じ「怪物」フランケル産駒が今年最後にもう一花咲かせることに期待が高まります。この距離ならば折り合いに心配もなく爆発力のある末脚がどこまで一線級相手に通用するのか非常に注目すべきところでしょう。

シャイニングレイ

一昨年のホープフルSを制してクラシックの有力候補と囁かれながら、屈腱炎で長期休養を余儀なくされ、復帰後も2戦は低迷しましたが、距離を短縮させてその素質を開花。CBC賞を制して一躍今年のスプリンターズSの有力候補へ踊り出ましたが、再び脚部不安で放牧へ。これが半年ぶりのレースとなりますが、CBC賞でのレース振りは後方から一気の末脚での差し切り勝ちでかなりインパクトを与えるものでありました。今回は再度の休養明けで仕上がりがどうかという不安がありますが、力を出し切ってしまえばあっさり勝ち切ってもおかしくないポテンシャルを秘めた1頭であると言えるでしょう。

レーヌミノル

今年の桜花賞馬がオークス・秋華賞と大敗を喫し評価も落ちつつある中でマイルに距離短縮して臨んだマイルCSで4着と好走して見せたあたり、やはりこの馬の適距離はマイル以下にあるということで間違いのないところ。今回の阪神1400mでもフィリーズレビューで2着好走しているように阪神コースは相性のいいコースでもあり3歳牝馬で54kgで出走できるのも有利となるポイントとなるだけに、このアドバンテージを活かして桜花賞のように早めに抜け出して押し切る競馬ができるかどうかに注目してみたいところではあります。

エポワス

9歳にして重賞初制覇を成し遂げた遅咲きのエポワス。その前走キーンランドカップ以来の出走となるだけに状態面のチェックは必要でしょうが、特筆すべきはエポワスの阪神1400mでの戦績は(2.1.0.0)と抜群の成績を収めているという点。重賞での実績はないにしろ、今年も大阪ハンブルグCを勝っておりコース適性はメンバー随一と言えるかもしれません。予想オッズ的にもそこまで人気しそうにない気配ではありますが、例年阪神カップではコース巧者が活躍傾向にあるだけに決して見逃すことのできない1頭であると言っていいのではないでしょうか。

新聞

阪神カップ2017データ分析からの注目馬

阪神カップを過去2年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

阪神カップ必勝データ【1】人気馬の信頼度は低い

過去10年で1番人気(2.1.1.6)2番人気(1.1.1.7)3番人気(2.1.0.7)と人気馬は揃って頼りない信頼度となっています。今年最後の1戦で各馬疲労も蓄積しているだけに疲れも見え始めるところであり、更に高額賞金で強豪もひしめきあうというレース事情から常に混戦になっているのも確かですが、データからは今回予想オッズからも人気になりそうなイスラボニータ・シャイニングレイ・サングレーザー・モズアスコットといったあたり以外の馬から狙いを定めて高配当を狙うのも十分に面白いと言えるでしょう。

阪神カップ必勝データ【2】前走着外馬が面白い

これまで馬券に絡んだ6頭の前走を見てみると、昨年2着のレッツゴードンキ以外の5頭は前走で掲示板を外している巻き返し組。基本的には前走好走馬が人気になる傾向にありますが、阪神カップにおいては前走着外馬に狙いを定めるのが面白いという逆転したデータとなっており、このデータから言えば秋華賞4着と好走しているラビットランは消しということにもなるだけに注意しておきたいところではあります。

阪神カップ必勝データ【3】1400m実績は必須

1400mという距離設定はマイルよりも短くスプリントよりも長いという微妙な設定。例年、この中間的な距離だからこそ走るという1400mのスペシャリストの活躍が目立っていますが、当然距離実績は必須条件。過去8年連続して勝ち馬は1400mで勝利の実績があるということは頭に入れておきたいところです。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

【直前情報】 これは買い【神戸新聞杯(G2)】この馬は必ず買ってください。

【徹底攻略】 ※オールカマー(G2)レイデオロを負かすのはこの馬←馬名公開中!

【中山競馬】 オールカマー(G2)レイデオロVSアルアイン再び…←絶賛公開中

【阪神競馬】 『神戸新聞杯(G2)』エポカドーロ・ワグネリアンを負かすならこの馬!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free30

【京成杯オータムハンデ2018出走馬・騎乗騎手・確定ハンデ徹底分析】

サマーマイルシリーズの最終戦ともなる京成杯オータムハンデが中山競馬場で発走となります。マイルチャ

記事を読む

調教スタンド

☆2016小倉記念(G3)追い切り☆予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 小倉記念へ向けての最終追い切りが栗東トレセン・小倉競馬場で実施されました。 来

記事を読む

S__4595721

【中京記念2018枠順・追い切り・コメント】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 中京記念へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。混戦のハンデ

記事を読む

free33

【セントライト記念2017予想】出走馬データ分析

管理人です。 2年前、キタサンブラックの快進撃はここからはじまったとも言えるセントライ

記事を読む

地方競馬

【黒船賞2017予想】高知競馬を徹底予想!

管理人です。 今週は交流重賞が2日連続開催!その初日は高知競馬場で黒船賞が開催されます。高知競

記事を読む