【朝日杯フューチュリティステークス2017追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。
S__4595721
朝日杯フューチュリティSへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。来年のクラシックへ向けてまずはG1タイトルの欲しい馬が集いますが、今年はタワーオブロンドンとダノンプレミアムが注目を集める構図。とはいえまだまだ直接対決の少ない2歳馬同士の戦いだけに追い切りで絶好の動きを見せている馬にもチェックが必要と言えるでしょう。

朝日杯フューチュリティステークス2017追い切り診断注目馬

アサクサゲンキ

栗東坂路 51.5 38.0 25.1 12.9 一杯 併せ先着
小倉2歳ステークスの勝ち馬にして、今年は武豊騎手が騎乗することでも注目を集めているアサクサゲンキですが、休み明けの京王杯2歳ステークスを使って良化一途という感。いつも通りの坂路での追い切りは序盤から軽快に飛ばして終いも12.9でフィニッシュ。坂路自己ベストタイムを更新して状態はG1レースへ向けてまさに絶好に仕上がっていると判断してよい追い切り内容となりました。

ケイアイノーテック

栗東坂路 50.8 37.2 24.6 12.5 一杯
デイリー杯2歳ステークスが久々の競馬となりましたが馬体重はプラス22kgと成長分はあったにしろ余裕残しの仕上げ。ただ今回はレース後もしっかりと乗り込まれて最終追い切りでは坂路で50.8をマークしてこれが自己ベストタイム。休み明けを1度使って上積みは確実といった状態にあると言ってよいでしょう。世代最初の新馬戦を勝ちあがってきた馬が2歳マイル王に輝けるか、その走りに注目といったところではないでしょうか。

ステルヴィオ

美浦南W 53.7 40.1 13.2 馬なり 併せ併入
直前の追い切りは輸送も考慮してかコース4F追いで行われて時計も目立つところではありませんでしたが動きそのものは元気一杯。前走のサウジアラビアRC後は一旦短期放牧に出されたものの戻ってきてからもしっかりと乗り込まれており大きな上積みこそないものの状態は引き続き良好と見ていいのではないでしょうか。前走はダノンプレミアムに完敗という形ではありましたがCデムーロ騎手との新コンビで今回は逆転なるかに注目といったところでしょう。

タワーオブロンドン

美浦坂路 53.2 38.5 24.6 12.1 馬なり 併せ併入
藤沢厩舎所属馬だけに強い追い切りはかけられることが少ないですが今回も終始馬なりでの調整ではありますが本数はしっかりと乗り込まれてきました。最終追い切りではルメール騎手が騎乗して坂路53.2という時計でしたが終いは12.1と鋭進しており、これが自身の坂路ベストタイムであったことを考えれば状態面はきっちりと仕上がっていると判断して良さそうです。マイルははじめての距離となりますが、この状態であるならばルメール騎手の腕一つでなんとかなってもおかしくないだけに期待してみたいところではあります。

ダノンスマッシュ

栗東CW 83.3 66.1 52.5 37.7 11.9 馬なり 併せ併入
2週続けて福永騎手が跨って行われた追い切り内容はまさに絶好。最終追い切りでも終い11.9と鋭い動きを見せましたが、1週前には同じくCWコースを6Fから乗って78.8 63.8 49.6 36.9 11.6と破格の時計をマークしてこれだけの時計は好調でなければ出せないまさに絶好調といった感。安田師からも「これで負けたら仕方ない」というコメントが飛び出すのも納得で、状態だけはまさに文句なしといって間違いないのではないでしょうか。

ダノンプレミアム

栗東CW 52.7 37.6 11.7 馬なり
最終追い切りはコースで4F追いと軽めのものではありましたが終いは11.7とスピード感十分で好仕上がりを感じさせる動き。中間も終い重点の調整を進めてきて速い時計を出した4本全てで終い11秒台という動きを見せているあたり、状態面は文句なしと言えるのではないでしょうか。まさに最高潮で臨む1戦とも言えそうで、中内田師からも「課題の見当たらない仕上がり状態にある」と力強いコメントが出てくるのも頷ける状態にあるでしょう。

フロンティア

栗東CW 68.5 51.6 37.6 11.6 馬なり
新潟2歳ステークスを勝利した際のCWコースでの4F48.7という猛時計には及ばないものの、ラスト1Fの時計はその新潟2歳S時と同じ11.6をマーク。僚馬のダノンプレミアムと併せた1週前の追い切りでは3馬身の遅れをとって見劣りしているのは確かではありますが、休み明けであったデイリー杯2歳Sを1度使って状態面は着実に良化といったところでしょうか。前走では道中不利もあったことを考えればここでの巻き返しも期待できる仕上がりにあると判断して良いのではないでしょうか。

ムスコローソ

美浦南W 69.0 53.7 39.0 13.3 直線追う 併せ併入
これまでも稽古ではそれほど目立つ動きを見せていない馬だけに今回の最終追い切りについても時計的に目立つところはないもののいつも通りの動きを見せているだけにこの馬なりに好状態をキープと見て良さそうです。前走の500万下戦では休み明けでも5馬身差圧勝と能力のあるところを見せている一方、新潟2歳Sでは1番人気に支持されながら12着と大敗とまだ精神的にも頼りなさがある馬ではありますが、状態的に問題ないとするならば力を出し切ってどこまでやれるか再度見直してみたい1頭となるのではないでしょうか。

新聞

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【中山G1】 スプリンターズS(G1)必見のメイチ勝負馬はこの馬!←絶賛公開中

【阪神競馬】 『シリウスS(G3)』必見!グレイトパールを負かすならこの馬!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

S__4595721

【天皇賞春2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 天皇賞春へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました、雨の降る中で

記事を読む

大井競馬2

【羽田盃2017予想】大井競馬を徹底予想

管理人です。 南関東3冠の1戦目、羽田盃がいよいよ発走となります。まず1冠目を制するの

記事を読む

free33

【京都牝馬ステークス2017予想 オッズ 注目馬】レッツゴードンキ復活なるか!?

管理人です。 春の古馬牝馬戦線はこの京都牝馬Sから阪神牝馬S、ヴィクトリアマイルへと続く短距離

記事を読む

JBCクラシック

【JBCクラシック2016】川崎競馬を徹底予想!

管理人です。 11月3日(祝・木)は川崎競馬場でダート競馬の祭典JBCがいよいよ開催さ

記事を読む

兵庫ジュニアグランプリ

【兵庫ジュニアグランプリ2016予想】園田競馬を徹底予想!

管理人です。 11/23(祝)は園田競馬場で交流重賞兵庫ジュニアグランプリが発走となり

記事を読む