【朝日杯FS2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。
小倉
今週末は阪神競馬場で朝日杯フューチュリティステークスが発走となります。2歳王者を決する1戦として長年実施されてきましたが、今年から年末にホープフルステークスがG1へ格上げとなっただけにここは2歳マイル王者決定戦という意味合いも出てきましたが、タワーオブロンドンやダノンプレミアムといった前走前哨戦の重賞を制した馬に注目が集まります。

朝日杯フューチュリティーS2017予想オッズ人気上位の注目馬

ダノンプレミアム

2戦2勝、デビュー戦を勝って臨んだサウジアラビアRCでも2番手から力強く抜け出して後続の末脚を封じる横綱相撲での勝利とその能力の高さはかなりのものと思われるダノンプレミアム。ゆったりとしたローテーションも好感がもてるだけでなく、騎乗している川田騎手も「課題らしい課題は見当たらない」とコメントを出すなど現時点での完成度はかなりのもの。とはいえ、2戦ともにまだまだ余裕のある走りであったことを考えればレース3戦目でさらに進化した姿を見せるならばどんな競馬になるのか非常に楽しみとなってきます。

タワーオブロンドン

昨年の朝日杯FSをサトノアレスで制した藤沢厩舎が連覇を狙って送り出すのがこのタワーオブロンドン。オープン特別のききょうSとG2の京王杯2歳ステークスを危なげなく勝利して2連勝で臨む1戦。折り合いにも問題なく終いの脚もしっかりしているだけにここも有力な1頭と見ていきたいところですが、唯一の敗戦時にルメール騎手は「距離が長かったベストは1200-1400m」とコメントしておりスタミナ面に一抹の不安を抱えます、その後に「距離はマイルまで大丈夫」とコメントし直していますが、強敵相手の厳しい競馬でどこまで直線我慢できるかも課題となってくるのではないでしょうか。

ステルヴィオ

新馬とコスモス賞を連勝した後に臨んだサウジアラビアRCでは大外枠からロスの多い競馬を強いられて4コーナー最後方からの競馬で猛然と追い込んで2着という競馬に終わりました。ただその末の伸びは見所十分であり、次のレースが楽しみともなるレース振りでありました。そして迎える朝日杯FSということになりますが、今回ルメール騎手がタワーオブロンドンに騎乗するためにCデムーロ騎手に乗り替わりとなります。ただ鞍上は申し分のないジョッキーであり、今回好枠を引いて道中いま少し前目のポジションで脚を溜められるならば直線でどれだけ弾けてくるか楽しみな1頭であることは間違いないでしょう。

フロンティア

前走のデイリー杯2歳ステークスでは道中で故障した馬を避けるために大きく手綱を引いてリズムを崩す場面もあり4着という結果に終わりましたが、その前の新潟2歳ステークスは2番手から上がり32.9と速い上がり時計をマークして勝利を手にしているようにスムーズならばいま少しやれてもいいはず。まだまだ行きたがる面を見せていたりと精神面での成長も待たれるところではありますが、兄ドリームパスポートの成し得なかったG1のタイトルを手にすることができるか、この1戦に注目してみたいところはあります。

ケイアイノーテック

今年の6月、阪神競馬場ではじめて行われた新馬戦を勝利したケイアイノーテック。その後はデイリー杯2歳ステークスで復帰しましたが馬体重はプラス22kg。ほとんどが成長分であったと陣営はコメントしていますがそれでも余裕のある馬体に見えたのも確か。そんな状態で3着と好走してきているのですから叩いた上積みでこの朝日杯フューチュリティSでどこまでやれるのかは楽しみになってくる1戦といえるのではないでしょうか。デビュー戦と同じ阪神マイルでどれだけやれるかは注目しておく必要があるのではないでしょうか。

ダノンスマッシュ

デビュー戦こそテンから飛ばしていって失速。2着に終わりましたが、その後に福永騎手が折り合いを教えて未勝利・もみじステークスと連勝。1戦毎にレース振りも良化してきている点には注目しておきたいダノンスマッシュ。引き続き福永騎手が騎乗する点もプラスに働きそうでしょうししっかりと折り合えれば距離も問題なさそう。同じ馬主のダノンプレミアムの方が人気になりそうなところはありますが、この馬の素質に期待してみる手も十分にあると言えるのではないでしょうか。

新聞

朝日杯FS2017データ分析からの注目馬

朝日杯FSの過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

朝日杯FS必勝データ①デイリー杯2歳ステークス組に注目

舞台を中山から阪神に移してからの3年間、3年連続して前走デイリー杯2歳ステークスの組が馬券に絡んできている点には注目。ステップレースとしてはこのデイリー杯が最も頼れるステップレースとなりそうです。続いて活躍馬を出しているのは京王杯2歳ステークス組とベゴニア賞組。京王杯2歳ステークス組は中山競馬場で実施されていた時から活躍馬を多く輩出しているレースとなるだけにデータ的には最も有力なステップレースと言えるかもしれません。

朝日杯FS必勝データ②外国人ジョッキーの活躍に注目

過去10年で外国人ジョッキーが勝利を収めたのは5度。日本人との比率を考えればかなりの活躍と言えます。中でもMデムーロ騎手は3勝と抜群の相性を示しています。今年も外国人騎手の活躍に注目しておきたいところではありますが、舞台を阪神競馬場に移してからは日本人騎手も奮起しているだけに、今年もルメール騎手騎乗のタワーオブロンドンやCデムーロ騎手騎乗のステルヴィオに注目は必要でしょうが、日本人騎手の活躍にも注目しておきたいところではあります。

朝日杯FS必勝データ③紐荒れ注意、2桁人気馬にもチャンスあり

阪神競馬場に舞台を移したここ3年、いずれの年でも2桁人気の馬が馬券に絡んで高配当を生み出しています。この3頭に共通して言えるのは前走重賞で好走しているにも関わらず人気が出ていないという点。いわば人気の盲点となっている馬がノーマークの好走をしているという傾向があるだけに、今年も人気を見つつ、前走重賞で好走しているにもかかわらず、人気になっていない馬を敢えて狙ってみる手は十分にあると言えそうです。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

【大井競馬】 ※東京記念(S1)長距離王決定戦!徹底分析予想はこちらから

【中山競馬】 オールカマー(G2)レイデオロVSアルアイン再び…←絶賛公開中

【阪神競馬】 『神戸新聞杯(G2)』エポカドーロ・ワグネリアンを負かすならこの馬!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free08

【AJCC2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 AJCC・アメリカジョッキークラブカップへ向けた最終追い切りが美浦・栗東

記事を読む

S__4595721

【皐月賞2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 皐月賞へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。クラシック3冠の

記事を読む

S__4595716

【札幌記念2018枠順・追い切り・コメント】予想に役立つ注目馬情報

札幌記念へ向けての最終追い切りが札幌・函館競馬場で実施されました。夏競馬最大の注目レースを控え各

記事を読む

エーデルワイス賞

【エーデルワイス賞2016】門別競馬を徹底予想!

管理人です。 今週木曜の門別ナイター競馬では交流重賞エーデルワイス賞が発走となります。 地方

記事を読む

uma_01

【天皇賞春2017追い切り予想】サトノダイヤモンドVSキタサンブラックの仕上がりは!?

管理人です。 天皇賞(春)へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。も

記事を読む