【阪神ジュベナイルフィリーズ2017追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2017/12/13 広告・おしらせ , , ,

管理人です。
S__4595721
阪神JFへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。2歳馬にとっては初のG1レースとなりますが、来年の桜花賞・オークスへ向けての有力馬として初タイトルを獲得するのはどの馬か?ロックディスタウンとラッキーライラックのオルフェーヴル産駒2頭が人気を集めそうですが、各馬をしっかりとチェックして状態が良さそうな馬をしっかりとマークしておきましょう。

阪神ジュベナイルフィリーズ2017追い切り診断注目馬

コーディエライト

栗東坂路 54.3 39.8 26.0 12.8 G前追う
最終追い切りは終いだけ伸ばす程度の内容となりましたがしっかりと反応を示してのフィニッシュ。1週前に行われた追い切りでは坂路53.2とこれまでの自己ベストタイムをマークして、終いも12.1と鋭く伸びて目を引く動きを見せていたあたり、状態面は大一番を前にきっちりと仕上がっている感が強いところ。これまで逃げて新潟2歳SとファンタジーSで2着と好走してきただけにここもハナを切れるか、楽に逃げられるかが課題となってきそうですがそれさえ叶えば、逃げ粘りには警戒の必要な1頭となるのではないでしょうか。

ソシアルクラブ

栗東CW 67.3 51.7 38.2 12.4 馬なり
コースで5Fから乗られて4F51.7から終い12.4を軽々とマークして好調をアピール。軽快な動きは注目すべきところではありましたが、1週前には福永騎手が跨って、4F52.0から終い11.5という抜群の動きを披露。デビュー戦を使って更に素軽さが増していることは確かで状態面をかなりあげてきている印象があります。ブエナビスタの子ということでも注目を集めているソシアルクラブではありますが、この動きを見る限りは抽選さえ突破してくれば一目置いておく必要がある1頭となるのではないでしょうか。

マウレア

美浦南W 68.5 52.5 38.8 12.8 馬なり 併せ先着
時計のかかる馬場であったこともありますが、阪神までの輸送を考慮したこともあったのでしょう、時計的には目立つところのない内容ではありましたが、それでも併走相手をあっさり交わしてフィニッシュしているように馬に気力はみなぎっており、前走時の抜群の動きと比較すれば控えめな追い切り内容ではありましたが、好調は維持と見て良さそうです。東京マイルで2連勝している馬ではありますが、初の長距離輸送と速い時計に対応できればチャンスは十分にあると言える状態にあるのではないでしょうか。

ラッキーライラック

栗東CW 82.3 66.0 50.1 37.4 11.6 馬なり 併せ先着
今週・先週とコース6Fからビッシリと追われて好タイム連発。今週の追い切りでも終い4Fから加速すると抜群の反応を示して併走馬相手に楽々先着。1週前にはコース自己ベストタイムを大きく更新する6F80.7をマークしており状態面はまさに最高潮といった感じではないでしょうか。管理する松永調教師からも「今のところは言うことなし」とコメントが飛び出していますがそれも納得の動きでした。3連勝でのG1初制覇に大きく前進した最終追い切りであったと判断してよいでしょう。

ラテュロス

栗東CW 82.5 66.5 51.9 38.3 12.2 強め 併せ先着
前走のアルテミスSは3着でしたがその際の最終追い切りは輸送も考慮したかコース4F追いでしたが今回はしっかりと6F追いで追い切られました。終い4Fの加速はスムーズで好タイムをマークしており、反応は前走以上と見て良さそう。1週前に一杯に追われて負荷もかけられており、休み明け3戦目できっちりと仕上がった感があります。阪神マイルコースを2度経験し1勝を挙げているコース経験はアドバンテージとなるはずでもあり、抽選突破ならばマークしておきたい1頭となりそうです。

リリーノーブル

栗東CW 83.0 67.1 52.3 37.9 11.8 馬なり 併せ先着
白菊賞から中1週というローテーションだけに強い負荷こそかけられなかったもののそれでもコース自己ベストタイムとなる6F83.0を馬なりでマークし、更に終いは11秒台でフィニッシュしてきている点は非常に好感の持てる追い切り内容。これだけ中1週でもやれるのは体調がいい証拠でもあり、G1へ向けてしっかりと好状態をキープしていると判断して良さそうです。2戦2勝と底を見せていない素質馬が阪神JFの舞台でどんな競馬を見せるのか非常に楽しみになってきました。

ロックディスタウン

美浦南W 52.4 37.7 13.1 馬なり 併せ遅れ
最終追い切りはコースで4F追い。併走馬に僅かに遅れはしましたが全体的な時計も動きも悪くないところ。この中間は1週前、2週前とコースでしっかりと負荷をかけて乗られており、好時計をマークしているだけに9月の札幌2歳ステークス以来の出走となるだけに、レースへ向けての全体的な追い切り本数が足りない感はありますが、サンデーRの馬だけに育成でしっかりと乗り込まれているでしょうし、仕上がりは良好と見て良さそうです。この馬の力は出せる仕上がりにあるとするならば後は相手関係がどうかというところになるのではないでしょうか。

新聞

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

社台グループ

★2016天皇賞(春)オフレコ馬券予想★社台グループの思惑とは?

管理人です。 いよいよ迎える春の天皇賞(G1)近年は波乱傾向にありますが今年は果たして? ゴ

記事を読む

小倉競馬2

★2016小倉記念(G3)★予想オッズ1番人気はダコールも混戦模様!

管理人です。 夏真っ盛りの中央競馬。今週末は小倉競馬場で小倉記念が発走となります。 今年は少

記事を読む

調教スタンド

★2016ユニコーンS(G3)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 ユニコーンステークスへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。

記事を読む

地方競馬2

【関東オークス2017予想】川崎競馬を徹底予想!

管理人です。 今週の川崎競馬場ではダート3歳牝馬の頂点を決める一戦、関東オークスが発走

記事を読む

free06

【京都新聞杯2017追い切り予想】ダービーへの最終切符を手にするのはこの馬!

管理人です。 京都新聞杯へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。ダー

記事を読む