【中日新聞杯2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

公開日: : 最終更新日:2017/12/10 広告・おしらせ , ,

管理人です。
free10
土曜日の中京競馬場では中日新聞杯が発走となります。今年から6年ぶりに12月に開催が戻るハンデ重賞ですが、マウントロブソンやメートルダールといった来年の活躍が楽しみな4歳馬もエントリーして激戦が予想されます。果たしてこのレースを制して、来年の大阪杯へ向けて賞金を加算するのはどの馬なのか必見の重賞となります。

中日新聞杯2017予想オッズ人気上位の注目馬

ミッキーロケット

今年挑戦した中距離G1大阪杯7着、宝塚記念6着とワンパンチ足りない競馬が続きまだまだ力不足なところを見せたミッキーロケット。秋の天皇賞は馬場が極悪であっただけに参考外とも言えますが、G3戦にもなれば相手関係は相当に楽になるだけにこれくらいのメンバーであれば実力上位であることを示したいところ。初の中京コースで57.5kgのトップハンデという条件は決して楽ではありませんが、来年こそG1で戦えるほどの活躍を期待する陣営からしてみれば、この相手ならばどんな条件でも負けられないくらいの気持ちで臨んでくるのではないでしょうか。

マウントロブソン

昨年のスプリングSを制してクラシック戦線を戦ったマウントロブソン。長期休養明けから3戦2勝と結果を残しての重賞挑戦となりますが、いよいよ本格化を迎えるといった充実した走りを見せています。極端に時計が速くなった場合に不安は残りますし、こちらもミッキーロケットに並んでトップハンデの57.5kgは決して楽な条件とは言えませんが、これからの活躍を狙うのであればこの条件でもしっかりと結果を求めたいところ。どんな流れにも対応してきっちりと差を詰めてフィニッシュしてくるレース振りにはある意味安定感もあるだけにここも勝ち負け云々は別として大敗だけはないような気配が漂います。

マキシマムドパリ

先週のチャレンジカップにも登録がありましたが相手関係を見てこの中日新聞杯にまわってきました。中京コースでも愛知杯を制しているようにコース適性もありますが牡馬相手の55kgがどうかといったところ。前走はエリザベス女王杯で4着と好走してきましたが、その状態面を維持したといしても決して恵まれた条件と言えない中でどこまでやれるかには注目してみたいところではあります。

メートルダール

これまで重賞で3着が3回あり、デビュー時からその素質は高く評価されてきた馬ですが、前走の関屋記念では末脚が全く発揮できずに12着に大敗。リフレッシュ休養に入ってこれが復帰戦となりますが、左回りでこそ力を発揮する馬で休み明けでも仕上がっていれば中京コースでも注目の存在となるでしょう。陣営もCデムーロ騎手を確保し中京に呼び寄せるだけにかなり力の入る1戦であることがうかがえますが、ここを勝って来年の飛躍へとつなげられるかには注目したいところではあります。渋った馬場は得意とする馬ではないだけにまずは良馬場での競馬を希望といったところではないでしょうか。

スズカデヴィアス

今年はG1の大阪杯を除けば1.3.4.4.3.2着ととにかく安定して走ってきているスズカデヴィアス。逃げから差しに脚質展開をしえ安定感が出てきており、重賞勝利へもあと一押しといった競馬が続きます。中京コースでも今年の金鯱賞で3着に好走しているように実績があり、ハンデは56.5kgと前走福島記念時よりも0.5kg増えて見込まれた感はありますが、自分の競馬に徹して末脚を伸ばせば好結果を期待できそうな1頭であることは間違いないでしょう。

新聞

中日新聞杯2017データ分析からの注目馬

中日新聞杯がこの時期に行われていた過去4年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

中日新聞杯必勝データ【1】トップハンデ馬は不振

過去4年の好走馬を見てみてもトップハンデ馬の活躍はなく、基本的には55~56kgを背負った馬の活躍が目立つところ。能力が拮抗したメンバー構成ならば斤量が少しでも軽い馬が有利というのは当然のこととなりますが、今年人気を背負いそうなミッキーロケットやマウントロブソンにとっては不吉なデータとも言えそうです。なお、人気薄を狙うならば54kg以下の軽量馬。過去4年でも人気薄の好走馬は軽量馬に限られているだけに、ハンデが軽い馬には要注意といったところではないでしょうか。

中日新聞杯必勝データ【2】デムーロ騎手の成績が突出

過去4年間で3勝という圧倒的な勝率を誇っているのがMデムーロ騎手。今回も騎乗馬がいるならば当然注目ということになってくるところではありますが、今週はMデムーロ騎手は香港遠征中で物理的に騎乗ができない状況だけに今年このデータの適用はなしと見てもいいかもしれませんが、弟のCデムーロ騎手が参戦してきているだけに、弟の活躍に期待してみる手はアリなのかもしれません。

中日新聞杯必勝データ【3】逃げ・先行馬に警戒

過去4年のみのデータとはなりますが、ここ2年は逃げ馬が2年連続で2着に好走し波乱を演出。それ以外の人気薄の馬も好走馬は逃げ・先行タイプから生まれてきているだけに、逃げ・先行タイプの軽量人気薄馬に要注意ということがデータからは言えそうです。直線の長い中京コースだけに決め手のある差し馬から狙うのがセオリーとも言える中で、せめて抑えには先行タイプの軽量馬を抑えておくことで思わぬ高配当が舞い込んでくる可能性があるかもしれません。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

羽田盃

★2016羽田盃(S1)★大井競馬を徹底予想!

管理人です。 中央競馬の牡馬クラシックは皐月賞のディーマジェスティ勝利で幕を開けましたが 南

記事を読む

S__4595716

【カペラステークス2017追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 カペラステークスへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。JR

記事を読む

桜花賞S1

★2016桜花賞(S1)★浦和競馬を徹底予想!

管理人です。 いよいよ南関東競馬では春のクラシックシーズンの開幕。 桜花賞が浦和競馬場で開催

記事を読む

ダート

【プロキオンステークス2017予想】出走馬データ分析

管理人です。 ダート短距離馬のこれからの目標といえば秋のJBCスプリントということにな

記事を読む

free10

【東京スポーツ杯2歳ステークス2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 マイルチャンピオンシップの前日には暮れのホープフルS、そして来年のダービ

記事を読む