【カペラステークス2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

公開日: : 最終更新日:2017/12/10 広告・おしらせ , , ,

管理人です。
ダート
日曜の中山競馬場ではダート1200mのカペラステークスが発走となります。この条件に活路を求めるスピードとパワーを兼ね備えた馬が集う1戦はJBCスプリントに出走したブルドッグボスをはじめとした実力馬に別路線、前走韓国のコリアスプリントを制したグレイスフルリープや新勢力ニットウスバルなど役者も揃って大混戦が予想されます。

カペラステークス2017予想オッズ人気上位の注目馬

ブルドッグボス

今年は盛岡のクラスターカップで重賞初勝利を遂げ、その後は南関東へ移籍して臨んだJBCスプリントで、勝ち馬ニシケンモノノフ・2着のコパノリッキーとタイム差なしの3着に好走。移籍後もその力を示しているブルドッグボスが地方馬の立場で今度は中央へ挑戦してきます。メンバーを見渡しても実績は上位の存在となるだけに当然注目すべき存在となるだけでなく、地方所属馬としては異例の1番人気にまで支持される可能性も高く、その走りに注目が集まるところです。前走は後方から末脚を伸ばす競馬でも結果を残してレースに幅が出てきているだけにその安定感は素直に信頼する手が妥当と言えるかもしれません。

ニットウスバル

重賞実績はないものの、前走のオータムリーフステークスでオープン特別を初勝利。中山コースでも2勝と実績があり、今年に入って6戦して掲示板を外していない安定感のある末脚は素直に評価して良さそう。展開的に後方からの差しが有利な展開になってくれば一気の差し切りまで可能性は十分に感じる1頭であると言えそうです。どんな流れでも自分の脚は必ず使ってくる馬なので、その安定感は評価に値するところではないでしょうか。

ブルミラコロ

前述のニットウスバルを前走の室町ステークスで負かしているのがブルミラコロ。じっくりと間隔をあけてこのレース目標に仕上げてきているローテーションには好感が持てます。今年初重賞挑戦となった根岸ステークスでは大敗しましたが、その後に3度レースを使って徐々にオープンの流れにも対応できるようになってきているだけに今ならば重賞でも好走は可能であると判断できそうです。中山コースは初めての挑戦になるだけにコース適性を見極める必要がありそうですが、今の充実振りを見れば注目すべき馬であることは間違いなさそうです。

サイタスリーレッド

芝で頭打ちになり、ダートに転向してから4連勝で一気にオープン特別を制したサイタスリーレッド、2走前にはオーバルスプリントで重賞初制覇を遂げましたが、前走の室町ステークスでは揉まれる競馬で大敗。自分の形に持ち込めなければ脆さを見せた点は気がかりですが、カペラSでも揉まれない競馬でスムーズならば力を発揮してもおかしくないところ。前走の敗戦を糧に更なる成長を期待してみたいところです。ハナには拘らないものの外枠でも引ければ揉まれない可能性も高くなるだけに、枠順にも注目しておきたいところではあります。

ノボバカラ

昨年の勝ち馬でカペラステークス連覇を狙っての出走となります。この秋はマイルCS南部杯で2着に好走しまだまだ力のあるところを示しましたが、やはりハナに行ってなんぼのところはありいかに先手を取れるかが鍵となりそうです。ただ、ハナを切っても重賞のメンバーではプレッシャーを浴びれば早々と失速してしまう可能性もあり、条件的にはノーマークのハナ。1度重賞を勝ってしまっているだけでなく、他にも速い馬が揃った顔ぶれとなるだけに楽な競馬にはならないでしょうが、見限り早計な部分はまだ残っているのは確かでしょう。

コーリンベリー

一年のカペラステークスで3着と好走しているコーリンベリーですが、6歳となった今年は長期休養を経てからの東京盃・JBCスプリントとともに6着で精彩を欠いているのは確か。年齢的なものなのかはまだ判断しにくい部分はあるだけに相性のいい舞台で再度見直してみたいところではありますが、ハナに拘る馬ではなくこれが休み明け3戦目の走り頃。過去にはJBCスプリントも制している実績を考えればここで一変の走りを見せて勝利する可能性もまだまだあることを頭に入れておいた方が良さそうです。

スノードラゴン

9歳馬ではありますが今年のスプリンターズSでも4着と好走しているようにまだまだその力は健在。芝・ダート問わない活躍を見せる馬で、必ず自分の末脚は使ってくる馬だけに要は展開が向くか否か。ここは前の組がかなり速いペースで飛ばしそうな展開も予想されているだけに、前が止まった際の大外強襲にはまだまだ警戒が必要と言えるでしょう。3年前のスプリンターズS以来の勝利なるかに注目したいところですが、勝ち切るまではどうかもその末脚で圏内に突入してくる可能性は十分にあると言えるのではないでしょうか。

新聞

カペラステークス2017データ分析からの注目馬

カペラステークスの過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

カペラステークス必勝データ【1】1番人気は不振傾向

過去10年の勝ち馬を見てみると1番人気の勝利は皆無。馬券に絡んだのも2度のみとかなり信頼度は低くなっているだけに今年1番人気に支持された馬は問答無用で軽視という手もデータ的にはありでしょう。なお、上位人気で最も信頼に足るのは5番人気馬で馬券圏内率50%という数字。基本的には人気に捉われずに狙いを定めて高配当を狙ってみるのが面白い重賞と言えるでしょう。

カペラステークス必勝データ【2】1400mでも実績のある馬が良

1200mの重賞ということもあり、スタートから速いペースで流れて最後は地力勝負になることが多いことからも持久力を求められる1戦に。それだけに1200m専門の馬というよりも1400mでも実績を残している馬の活躍が多い傾向にあります。買うべき馬を選ぶ際に迷うようであれば1400mでも好走歴のあるスタミナも多少なりとも備えている馬を優先して選んでいくのもいいかもしれません。

カペラステークス必勝データ【3】内田騎手が2連勝中

ここ2年の勝利騎手は内田騎手。この週は阪神でG1が開催され、香港にも有力騎手が遠征していく中で騎手が手薄になる中山競馬場。その中でも内田騎手の存在が大きくなるのは確かですが、昨年は逃げて・1昨年は差して勝利を手にしているようにかなりこの重賞とは相性がいい模様で、今年も内田騎手の騎乗馬からは目が離せないといってよいでしょう。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

川崎競馬

【5/11(水)報知新聞皐月杯】川崎競馬を徹底予想!

管理人です。 ゴールデンウィークの変則開催からひと段落。南関東競馬は川崎開催 水曜日のメイン

記事を読む

free16

【東海ステークス2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 フェブラリーステークスへ向けての注目の前哨戦、東海Sの最終追い切りが美浦

記事を読む

京都競馬場4

【スワンステークス2016予想オッズ】混戦を制するのはフィエロかサトノアラジンか?

管理人です。 天皇賞秋を前日に控えた京都競馬場ではマイルCSへ向けても注目のスワンSが発走とな

記事を読む

S__4595716

【京成杯オータムハンデ2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 京成杯オータムハンデへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。

記事を読む

S__4595721

【神戸新聞杯2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 神戸新聞杯へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。この先はジ

記事を読む