【阪神JF2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

公開日: : 最終更新日:2017/12/10 広告・おしらせ , , ,

管理人です。
小倉
来年の桜花賞・オークスを夢見る2歳牝馬の激突、今週末は阪神ジュベナイルフィリーズが発走となります。今年もこれまでの2歳戦で活躍した実績上位のロックディスタウン・ラッキーライラックのオルフェーヴル産駒2頭をはじめ好素質馬が集い激戦を繰り広げます。阪神JFを制して来年のクラシックの有力候補へ名乗りを挙げるのはどの馬となるのでしょうか。

阪神ジュベナイルフィリーズ2017予想オッズ人気上位の注目馬

ロックディスタウン

札幌2歳ステークスを制してからの休養明けとなりますが、このローテーションでも2013年にレッドリヴェールが勝利を挙げているだけに決してマイナスになるとは思えないところ。前走札幌2歳Sでは激しい叩き合いを制したように勝負強さはかなりある素質馬であると評して良いでしょう。後は他馬との力差がどうかということになってきそうですが、札幌2歳Sで対戦した相手はその後はそこまでの好走馬が出ていないだけにレベル的には評価できないものの、新馬戦で負かしたタイムフライヤーは京都2歳Sで2着に来ており、今回のメンバー相手でも力差は謙遜なしと判断していいのではないでしょうか。今年の新種牡馬オルフェーヴルの子供の初G1制覇なるかにも注目したいところです。

ラッキーライラック

ロックディスタウンと同じオルフェーヴル産駒のラッキーライラックはここ3年連続して好走馬を輩出しているアルテミスステークスの勝ち馬。2戦2勝の負けなしの戦績ではありますがこの2戦の勝ち振りは地味といえば地味。それでもしっかりと末脚を伸ばして勝利を手にしているあたりレースセンスの非常に高い馬であると評してもいいかもしれません。鞍上の石橋騎手にとっては2012年のビートブラック以来となる久々のチャンス到来とも言えるだけに、いかに平常心で騎乗できるかも課題となってくるのではないでしょうか。

ベルーガ

デビューから2戦、ともに鋭い末脚を駆使して勝利を得ているベルーガ。特に前走ファンタジーステークスでの末脚は圧巻の一言であったと言えますが、今回課題はキンシャサノキセキ産駒ということもありますが初の1600mとなる点がどうかというところはあります。ただ、前走時に騎乗していたCデムーロ騎手は「距離は1ハロン伸びても大丈夫」とコメントしていたようにさほど気にすることでもないと言えるでしょう。ともなれば初の阪神の直線急坂を克服すれば、今回も鋭い末脚を見せてくれるのではないかと期待してみたくなる1頭と言えるでしょう。

マウレア

赤松賞を勝って阪神JFに臨むローテーションといえば2009年のアパパネと同じことになりますが、この馬は2戦2勝の無敗で2歳女王決定戦へ駒を進めてきました。その前走は0.2秒差に6頭がひしめく大混戦を推し切って勝利しているように勝負強さは相当のもの。今年は出走頭数が少ないディープインパクト産駒の中でも1番の評価を与えていい1頭と言えるでしょう。G1で滅法強い血脈がこの大一番で花開くことを期待してみたいところですが、鞍上の戸崎騎手はリーディング2位の位置にいますが今年は未だにG1レース未勝利となっているだけにここで何とかタイトルをと力の入る1戦となるのではないでしょうか。

リリーノーブル

白菊賞を制して2戦2勝で臨むリリーノーブルは前走時に騎乗していた川田騎手がその素質を高く評価していましたが、牝馬ながらに500kg近い雄大な馬体から繰り出される豪快なフットワークに注目しておきたいところ。今回の阪神ジュベナイルフィリーズは中1週というタイトなローテーションで参戦することになりますが、状態面にさえ不安がなければ好走の可能性は十分にありそうなところ。同じオーナーのサンデーレーシングからはロックディスタウンにラッキーライラックと2頭の人気馬が出走してくるだけにこの馬は第3の馬という評価になるかもしれませんが、同一馬主の複数頭数出しは人気薄の馬からということならばこの馬に期待してみる手も十分にアリであると言えそうです。

マドモワゼル

関東馬ながらに京都遠征して勝利を手にしたりんどう賞。間隔を十分にあけてこの大一番に臨むローテーションにも好感が持てますが、何より関東馬で既に1度関西遠征を経験している点に好感を感じるところです。りんどう賞から阪神JFに挑戦した馬では2012年のクロフネサプライズが15番人気で2番手から粘りに粘って2着に入り、300万馬券という大波乱の立役者になったことは記憶に新しいところではありますが、この馬もクロフネサプライズ同様の先行しての粘りが身上の馬。あまり人気にもならない可能性も予想オッズからは有り得るだけにこの馬から高配当を狙う目も十分にアリと言えそうです。

ソシアルクラブ

名牝ブエナビスタの娘として注目を集めるソシアルクラブですが、新馬戦を快勝してからいきなりのG1挑戦となります。抽選対象となっているだけにまずは出走にこぎつけることが条件となりますが、この血筋といえば母ブエナビスタの妹ジョワドヴィーヴルがデビュー2戦目でこの阪神ジュベナイルフィリーズを制しているだけにこのソシアルクラブにも期待が高まるところではあります。前走のデビュー戦を使ってどれだけ良化しているかが鍵とはなってきますが、底知れぬ魅力があるのも確かなだけに予想オッズからも実績以上に人気になってきそうなところはありますが、注目しておきたいところではあります。

新聞

阪神JF2017データ分析からの注目馬

阪神JFの過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

阪神JF必勝データ①関東馬が3連勝中

昨年のソウルスターリング、1昨年のメジャーエンブレム、そして3年前のショウナンアデラと関東馬が3連勝中。その前にも2009年にアパパネが制して関西圏のG1であるにも関わらず、過去10年で関東馬が4勝と活躍が目立ちます。今年も1番人気が予想されるロックディスタウンや人気が予想されるマウレアも関東馬なだけに今年も関東馬の活躍には要注意ということになるのではないでしょうか。

阪神JF必勝データ②1番人気の信頼度はまずまず

過去10年で1番人気は4勝で馬券圏内率は60%と絶対的な信頼はできないもののまずまずの信頼度。続いて5番人気馬が3勝というデータがあるのも見逃せないところではありますが、2歳戦ということもあり、人気になっても思わぬ落とし穴に嵌って敗戦を喫することもあるのは確かで、基本的には人気に捉われずに狙い馬を定める必要があると言えるかもしれません。また勝ち馬は10頭全て5番人気以内の馬となっていることから軸とすべき馬はあまり穴狙いをしないほうがよいと言えるでしょう。

阪神JF必勝データ③前走2着以内馬までが狙い目

過去10年で馬券に絡んだす30頭のうち26頭までが前走2着以内に好走していました。また30頭全馬が前走5着以内という成績となっており、前走で掲示板を外している馬はまず狙えないというのがデータから見てとれます。今年も前走で掲示板を外している馬が何頭かエントリーしてきていますが狙いから外すのが妥当と言えるでしょう。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

地方競馬

【白山大賞典2017予想】金沢競馬を徹底予想!

管理人です。 今週は中央交流重賞が3日連続で開催され、盛り上がりを見せそうな地方競馬。その第一

記事を読む

調教スタンド

★2016中山記念(G2)追い切り★予想に役立つ注目馬情報

管理人です 来るべき春のG1へ向けて、中山記念から注目すべきスターホースが続々と復帰。 今年

記事を読む

桜花賞S1

★2016桜花賞(S1)★浦和競馬を徹底予想!

管理人です。 いよいよ南関東競馬では春のクラシックシーズンの開幕。 桜花賞が浦和競馬場で開催

記事を読む

札幌調教

★2016札幌記念(G3)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 札幌記念へ向けての最終追い切りが函館・札幌競馬場で実施されました。 夏競馬のハ

記事を読む

地方競馬

【佐賀記念2017予想】佐賀競馬を徹底予想!

管理人です。 今週は平日から競馬がアツい!2/7(火)は佐賀競馬場で交流重賞 佐賀記念

記事を読む