【チャンピオンズカップ2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です
ダート
12月に入り2017年の競馬もあと1ヶ月。今週は今年のダート王者を決する1戦、チャンピオンズカップが中京競馬場で発走となります。コパノリッキーやサウンドトゥルーをはじめG1馬7頭が名を連ね、更には初G1制覇を狙うテイエムジンソクなどの実力馬のぶつかり合いはまさに大混戦模様。果たして今年のダート王者に君臨するのはどの馬となるのでしょうか。

チャンピオンズカップ2017予想オッズ上位の注目馬

サウンドトゥルー

前走のJBCクラシックを制していざチャンピオンズC連覇へ臨むサウンドトゥルーは元来が左回りの方が好成績を収めてきた馬だけにこの中京1800mはベストとも言える舞台。今回は前走を勝利をしたことにより人気を背負う立場となりそうですが、常に自分の末脚は駆使してくるものの展開の助けが多少なりとも必要な馬。展開の助けなしには勝ち切れない部分があるのも確かでここもスローペースは避けたいところ。ただ前の組が淡々とラップを刻んでの末脚勝負になった際は昨年同様に直線で素晴らしい末脚を披露してくれることでしょう。連覇の可能性も十分にある1頭と言えそうです。

コパノリッキー

前走はJBCクラシックではなくスプリントに挑戦という異例のレース選択。距離適性の差も出てニシケンモノノフに屈する形となり2着。それでも2着に来るのだから力はあるという評価もできそうなところ。G1レース11勝目という偉業のかかる1戦とはなりますが、これまでチャンピオンズカップは2度挑戦して2度とも崩れているだけにコース適性に疑問が残るところではあります。中京コースでも力を発揮すればあっさりと勝って良さそうなところはありますが、果たして今年はどんな走りを見せてくれるのか。手綱を任された田辺騎手がどう乗るかにも注目といったところでしょう。

アウォーディー

昨年のJBCクラシックまではダート負けなしの連勝で、このままダート界を席巻するかと思われましたが、その後は勝ち切れない競馬が続いているアウォーディー。前走のJBCクラシックでも伸びきれずに4着という結果であっただけに評価が多少落ちてくるかもしれません。ただ、今年は海外遠征を行って調整も難しいところがあったでしょうがこのチャンピオンカップで久しぶりに叩き2戦目を迎えるという状況になるだけに体調面は今年一番の仕上がりで臨むことが見込めるところ。昨年のチャンピオンズカップではサウンドトゥルーに最後の最後に差されてクビ差2着という競馬であっただけに今年はなんとかリベンジを果たしたいところではないでしょうか。

ケイティブレイブ

4歳勢で最も注目を集めるのがこの馬。今年の帝王賞で逃げ馬というイメージを一新する差し切り勝ちを収めてからは日本テレビ盃とJBCクラシックともに控える競馬でも結果を残してきているところに気性面での成長が伺えます。今回も折り合ってしっかり脚が溜まれば堅実に駆けてきそうなところはあり、休み明けを叩きつつ状態をあげてきている馬がこれで叩き3走目の走り頃。今年は昨年と比べると重賞勝ちもG1勝ちも物足りない福永騎手が勝利にも飢えているところでしょうしこれは絶好のチャンス。人馬一体の走りでの好走を期待してみたいところではあります。

テイエムジンソク

今年最大の上がり馬はテイエムジンソクでしょう。今年の夏にオープン特別を圧勝で連勝して、エルムSこそ2着であったものの休み明けのみやこステークスでこれまた圧巻の勝利。今年は8戦して3着以下なしという安定した成績を収めており、走りに信頼感があるのも確か。ハナに拘るところでもないだけにここも先行しての粘り込みに注目してみたいところではあります。相手はみやこS時とは比較にならないくらい強力になるだけに、勢いだけで人気になるようだと危険な匂いがしないわけでもないですが、今の力でどこまでこの一戦級に通用するのかは楽しみな1戦となるのではないでしょうか。

アポロケンタッキー

前走のJBCクラシックこそ大敗を喫しましたが、もともとたまにポカがある馬だけに何かが噛み合わなかったというところでしょうか。昨年の東京大賞典でアウォーディーを退けてG1初勝利を遂げると、今年は秋緒戦の日本テレビ盃でサウンドトゥルーを抑えて勝利をしているように、型に嵌れば滅法強い走りをするのがアポロケンタッキーの特徴とも言えるでしょう。信頼度という意味では低くとも爆発力という意味では高い1頭なので単穴候補から上に評価することはできないでしょうが、その力を侮ることはできない1頭であることは間違いないでしょう。

ゴールドドリーム

今年のフェブラリーステークスを制したゴールドドリームが春秋G1連勝へ駒を進めてきます。昨年のチャンピオンズCでは人気になりながらも大敗を喫しており、中京コースへの適性がどうかという部分はなきにしもあらずですが、今年はドバイ遠征をしてから帝王賞を使うなど調整が難しい中でのレースであったのに対して今回はマイルCS南部杯で太目を叩いて、十分感覚をあけて狙っての出走となるここチャンピオンズカップ。陣営は鞍上にムーア騎手を確保しており、かなりこのレースに力を入れてくることが想定されるだけに、注目に値する1頭であると言えるのではないでしょうか。

新聞

チャンピオンズカップ2017データ分析からの注目馬

チャンピオンズカップの過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

チャンピオンズカップ必勝データ①1番人気5連敗中で波乱の可能性も

過去5年で1番人気馬は5連敗中。圧倒的人気に支持されても勝ち切れないことも多いだけに疑ってかかって、他の馬から高配当を狙うのが面白いというのがチャンピオンズカップのデータからは言えるでしょう。ここ2年は2桁人気の馬が馬券に絡んでの高配当となっていますが、過去10年のデータからは極度な穴馬狙いは禁物。5~9番人気くらいの馬が高配当を生み出す馬として注目すべき人気のレンジとなりそうです。

チャンピオンズカップ必勝データ②年齢的に狙えるのは6歳まで

過去10年の馬券に絡んだ活躍馬30頭の年齢を見てみるとなんとコパノリッキー・アウォーディー・サウンドトゥルーと人気になりそうな7歳馬は過去に2度しか馬券圏内に入ったことはなく、不振傾向にあることが解ります。芝のG1と比較すると6歳馬の活躍は目立つところではありますが、年齢分岐点はそれこそ6歳までであり、馬券的には5歳・6歳馬を中心に3歳・4歳馬を抑えるという形がベターと言えるのではないでしょうか。

チャンピオンズカップ必勝データ③差し・追込み馬に警戒

中京競馬場に舞台を移行してから今年で4年目となりますが、ここ2年は追込み馬が直線で猛烈に追い込んで波乱を演出しているように差し・追込み馬を狙いたいG1であるということもここ数年のデータからは見てとれるところ。人気各馬はたいていが先行抜け出しの横綱相撲をする馬となっていますが、こういった人気馬を目標に直線で襲いかかる差し馬の方が有利であるということが言えそうです。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

【浦和競馬】 ※オーバルスプリント(Jpn3)中央VS地方!徹底分析予想はこちらから

【中山G1】 スプリンターズS(G1)必見のメイチ勝負馬はこの馬!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

S__4595721

【CBC賞2017追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 CBC賞へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。宝塚記

記事を読む

桜花賞S1

★2016桜花賞(S1)★浦和競馬を徹底予想!

管理人です。 いよいよ南関東競馬では春のクラシックシーズンの開幕。 桜花賞が浦和競馬場で開催

記事を読む

地方競馬

【ダイオライト記念2018予想】船橋競馬を徹底予想!

管理人です。 今週の船橋競馬場ではスタミナ自慢の強豪が全国から集うダイオライト記念が発走となり

記事を読む

京都競馬場ダート

【みやこステークス2016予想オッズ】アスカノロマン・ラニ・モーニンが人気も…

管理人です。 暮れのチャンピオンズカップへ向けても注目のみやこステークスが日曜京都競馬場で発走

記事を読む

uma_01

【中山牝馬ステークス2017徹底予想】追い切り抜群のこの馬狙い!

管理人です。 中山牝馬ステークスの出走馬が確定し、いよいよレース直前!人気の中心はパー

記事を読む