ジャパンカップ 2017 予想・馬券フォーカス

kawata_tuika14_960_720

ジャパンカップ 2017 / 予想・馬券フォーカス

2017/11/26(日)開催 東京11R ジャパンカップ(G1)
3歳以上オープン 2400m (芝) 定量戦

今年のジャパンCの焦点は、キタサンブラックの連覇と、
強力な外国馬の走りが注目され、昨年以上の盛り上がりを見せるのは揺るぎないところ。
そこに、3歳馬のレイデオロが加われば…

なお、ルメール騎手はソウルスターリングではなくレイデオロを選び、
GI大好きのMデムーロ騎手は、シュヴァルグランよりサトノクラウンを選択。
キタサンブラックの武豊騎手のケガの具合はどうなのか?
『以心伝心』で、人間の心理状態は馬に伝わるだけに…

ジャパンカップ 2017 予想 [展開はどうなる?]

おそらくギニョールが行きそう。他にハナに行きたい馬は見当たらない。
アイダホ、キタサンブラック、ディサイファ、レイデオロが前に位置するが、
敢えて、前に行こうとはしないので、1角でペースは落ち着くはず。
キタサンブラック、レイデオロを中心にして流れるので、4角までは淡々とし、激しい動きは考えられない。
今年は末脚勝負の展開が予想されるので、切れのない馬はつらくなる。

ジャパンカップ 2017 予想 [ここまでの結論!]

◎ 02 レイデオロ 3歳

ここまでの6戦で崩れたのは、休養明けで挑んだ皐月賞の5着だけ。
秋緒戦 の神戸新聞杯は、菊花賞馬になったキセキを退けている。
今回は叩き2走目になり、ダービーと同じ距離であり、決め手もある。
55kの斤量で闘えるのは、末脚にも表れてくる。

○ 04 キタサンブラック 5歳

実績は文句なし、秋緒戦になった天皇賞も力を鼓舞している。
引退まであと2戦だが、最後の狙いはジャパンCなのか?有馬記念なのか?
ここをピークに仕上げれば、ラストランは状態維持での闘いになる。
しかも、ここは決め脚勝負の様相なので、渋太い脚で抜かせない脚質は、少し厳しくなる。
宝塚記念と同じケースの走りになる可能性が出てくる…
あとは、武豊騎手のケガの具合がどうなのか?

▲ 03 ギニョール 5歳 (独)

秋は GIを連勝、前走はイキートスを下しての優勝している。
左回りには滅法強く、距離の2400mも問題はない。
60kから57kで走れる有利さもあり、気になるのは硬い日本の馬場だけ。
スンナリした逃げが見込めるだけに、外国馬の中では一番怖い1頭。

△ 12 サトノクラウン 5歳

天皇賞ではキタサンブラックに及ばなかったが、着差は僅かクビだけ。
宝塚記念では負かして優勝しているので、実力は五分とみてもいいほど。
パンパン馬場の末脚勝負の展開になるとつらいが、それでも軽く扱うことはできない。
Mデムーロ騎手がこの馬を選んだのは、可能性があるから。

△ 11 マカヒキ 4歳

出口が見えず、キッカケが掴めなかったレースが続いていたが、
天皇賞の5着の内容に光明が見えた感じがする。
ダービー馬であり、凱旋門賞にも挑戦した馬だけに、
状態さえ戻れば、ここで互角の競馬をしてもおかしくない。
発馬を決め、中団までにつけられれば、今回は大駆けあっても…

× 14 アイダホ 4歳 (愛)

凱旋門賞ではイキートスと差のない競馬をしているが、それでも勝ち馬からは1秒2の差。
これまでに GI勝ちはなく、ヤヤ決め手に欠ける印象。

× 06 イキートス 5歳 (独)

前走は鋭い脚で追い込んだが、ギニョールに僅か及ばずクビ歳の2着。
能力は高いが、追い込み一辺倒の脚質だけに、どうしても展開に左右されてしまう。
今回の展開を考えると、追い込み馬には つらい流れが予想される。
斤量が3k軽くなれば切れは増すだろうが、日本の馬場がプラスに働くとは思えず。

× 13 シャケトラ 4歳

前走の15着は不良馬場なので不問に伏すことにしても、
春の天皇賞や宝塚記念の内容には、少し物足りなさを覚える。

× 01 シュヴァルグラン 5歳

GIレースで上位争いができる馬だが、差し切るだけの脚は持っていない。
少し上がりがかかる展開を得意としており、今回は展開が味方してくれるだろうか?
Mデムーロ騎手は別な馬を選択した。

× 08 ソウルスターリング 3歳牝馬

オークス馬だが、古馬に混じっての秋2戦を見る限りでは、少々 力不足の感。
叩き3走目になり、強力な外国馬が加わった今回は…
厩舎はレイデオロとの2頭使いになるが、冷静に考えても劣勢は否めない。

× 10 ブームタイム 6歳 (豪)

世界的なレベルを考えると、評価が下がっても仕方ないだろう。
斤量は前回よりも4k増えるし、切れる感じがなく、より苦しい闘いに…

× 16 ヤマカツエース 5歳

有馬記念でも、大阪杯でも差のない競馬をしているが、そこまで。
この馬のベスト距離は2000mであり、左回りより右回りを得意としている。

× 09 レインボーライン 4歳

目標がジャパンCだったことを考えれば、前走の天皇賞3着は上々と言える。
しかし、不良馬場での結果であり、額面通りには受け取れない。
昨年のジャパンCは6着、前走で体はできていたので、大きな上積みは見込めない。

ジャパンカップ 2017 馬券フォーカス

02-04、02-03、02-12、02-11、04-03、04-12

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

中山競馬場4

【2/28(日)中山11R中山記念(G2)】馬券分析・予想

日  中山  中山記念・馬券分析! 嫌でもGIを意識させる豪華なメンバー構成。 いよいよ春競

記事を読む

ミッキークイーン

【2015ローズステークス(G2)】1週前出走予定馬動向をチェック!

来週の阪神はローズS・秋華賞はすぐそこに! 秋競馬に入った途端、G I へ向けた闘いが

記事を読む

エイシンヒカリ2

【2015天皇賞秋(G1)】出走馬徹底分析[2]~エイシンヒカリ他

東京 天皇賞・徹底分析! 2 ※ エイシンヒカリ 4歳牡馬 デビューが1年遅れになったが

記事を読む

レッツゴードンキ

【第76回オークス(G1)出走予定馬1週前展望】

来週は第76回 オークス! 桜花賞の余韻がまだ残る中、早くもオークスの話題が。 過去

記事を読む

kawata_tuika13_960_720

富士ステークス2017/出走予定馬短評と予想のポイント

富士ステークス(G3)/予想のポイント 2017/10/21(土)東京11R 富士ステークス

記事を読む