【浦和記念2017予想】浦和競馬を徹底予想!

公開日: : 最終更新日:2017/11/27 広告・おしらせ , ,

管理人です。
地方競馬
祝日の23日には浦和記念が浦和競馬場で発走となります。チャンピオンズカップを翌週に控え、G1レース出走が叶わなかった中央馬と東京大賞典を狙う地方の強豪のぶつかり合いとなりますが、なんといっても注目はジャパンダートダービーを制したヒガシウィルウィンでしょうか。果たして勝つのは中央馬かそれとも地方馬か、出走馬をチェックしておきましょう。

浦和記念2017注目出走馬

2枠2番 タマモホルン

地元浦和競馬の代表としての参戦ではありますが、果敢に挑戦した前走のエルムステークスでも大差の殿負けを喫して2戦連続での大敗とここ2戦は調子を落としているのは気になるところ。昨年の浦和記念では5着と好走している馬だけに地元代表としてなんとか意地を見せて欲しいところではありますが、どれだけ調子を持ち直しているかが鍵を握ってきそうです。ただ、陣営としても狙いは勝ち負けではなくあわよくば掲示板をというのが本音といったところではないでしょうか。

3枠3番 ナムラアラシ

オープンにあがってからは白山大賞典で5着、ブラジルカップで4着という成績を残しており、今回のメンバー構成を見れば上位をうかがえる力のある馬と判断して良さそうなところ。ただ、脚質的に後ろからの競馬を余儀なくされる馬であり、小回りの浦和コースで末脚を全開できるかどうかは疑問の残るところ。それこそ前半から前の組が激しく競り合う展開になって終いに脚が鈍ってきた際に出番があってもおかしくないでしょうが、平均ペースで流れてしまうと勝ち切るまでは厳しいかもしれません。あくまでも展開頼みな部分があることは間違いないでしょう。

4枠4番 ヒガシウィルウィン

ジャパンダートダービーを制して以来、4ヶ月ぶりのレースとなりますが、このレースで負かした2着のサンライズソアはその後に古馬と対戦しても結果を残してチャンピオンズカップに駒を進めるほどの活躍を見せているだけに、このヒガシウィルウィンとて再度のJRA相手とはいえ通用してもおかしくない逸材と言えるでしょう。浦和コースも1度経験しており、ここは地方馬の代表として恥ずかしい競馬はできないといったところでしょうが、やはりポイントとなるのはその仕上がりということになるでしょう。3歳馬だけに成長分の馬体重プラスはあるでしょうが、あまり太目が残っているようであれば終いの伸びに影響もあるでしょうし、そのあたりは当日の馬体にも注目したいところではあります。

5枠5番 クリノスターオー

今回のメンバーの中では実績は最上位とも言えるJRA馬がこのクリノスターオー。重賞3勝の実績をもち、とにかく崩れない粘り腰が武器の馬ですが、昨年9月の韓国遠征のコリアカップ2着の休み明けからは中央場所では大敗が続きさすがに力に限りが見られるものの、地方交流重賞ならばマーキュリーC、白山大賞典と3着に来ているだけにまだまだ地方交流重賞ならば活躍が期待できる馬であると判断してよいでしょう。ここもまずは楽に先手を取れるかどうかが鍵を握りそうですが、マイペースで行けた場合はとにかく渋太い粘りを見せる馬だけに、スタート後のポジショニングには注目しておきたいところではあります。

6枠6番 エンパイアペガサス

岩手から果敢に遠征してくるエンパイアペガサスは今年の冬は岩手競馬休催中に南関東に移籍して報知グランプリカップを見事に勝利を手にしている実績馬。前走の絆カップは休み明けでいつもとおりの競馬ができませんでしたが、叩いて良化ならば地方勢では上位の力と実績を持つ馬だけに警戒が必要となってくるのではないでしょうか。これがJRA勢との初対戦とはなりますがどこまでやれるのか期待もできる馬であると言えるでしょう。

6枠7番 マイネルバサラ

前走の準オープン戦御陵ステークスを制して再度のオープン入りを果たしたマイネルバサラはこれが古馬になってから初のダートグレード競走参戦となりますが、今年春のオープン特別戦では力不足といった印象もあっただけに、JRA勢のオープン級と力比較すると力不足は否めないところはあるでしょう。ただ、実績的には南関東をはじめとした地方勢よりかは上位に評価できるところもあり、常に堅実に自分の脚は使ってくるところのある馬だけにここは大崩れなく上位をうかがえる存在という評価をしていいのではないでしょうか。

7枠9番 グランディオーソ

3年ぶりに前走の千葉ダートマイルで勝利を手にしたグランディオーソですが、同じく3年前の浦和記念では2着に好走したこともある実績馬。8歳となった今、さすがに力の衰えは否めないところではありますがどんな相手でも崩れずに堅実にこれまで走り続けてきているあたり、この浦和記念でも堅実なレースで上位をにぎわす可能性は否めないところでしょう。ここも中団待機から徐々に進出する競馬でどれだけ前に行った馬を捉えられるかというところとはなるでしょうが、穴に一考しておきたい部分はありそうです。

8枠11番 オールブラッシュ

今年の川崎記念を制してからは3戦連敗で結果を残せていないオールブラッシュですが、それこそ揉まれずにレースができれば力を発揮できるタイプであり、これまで帝王賞やJBCクラシックで戦ってきた相手と比較すればかなり戦いやすいメンバーとなる今回の浦和記念。枠順も大外とくれば揉まれる心配もないはずで久々にこの馬の競馬ができる可能性は高いと言えるのではないでしょうか。ともなれば休み明けの前走を1度使っての上積みまで考えれば一変の走りを見せてくる可能性もあり注意しておきたいところではないでしょうか。

地方競馬2

浦和記念2017/浦和競馬イベント情報

当日はタレントの小堺翔太さんを「浦和競馬ソムリエ」として迎え、浦和競馬をより一層楽しむためのポイントを伝える、浦和競馬ソムリエトークショーを実施したり、畜産フェアを実施したりとイベント盛りだくさんの浦和競馬場。他にもプレゼントイベントやグルメイベントなど様々なイベントもあるみたいなので要チェックです!レースにイベントにこれは楽しめること間違いなし!

浦和競馬場といえば、浦和の街中に突如としてあわられる住宅街の中にある競馬場ですが、当日は祝日ということもあり多くのファンで賑わいを見せそうですね。間近で馬を見れるスポットだけにファミリー層でも楽しめるレジャー施設でもある浦和競馬場へお近くにお住まいの方、お近くでお仕事されている方は是非、浦和競馬場へ脚を運んでみてはいかがでしょうか?

そして浦和競馬でバンバン的中を手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

uma_01

【小倉大賞典2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 小倉大賞典へ向けての最終追い切りが栗東トレセン・小倉競馬場で実施されました。フェ

記事を読む

ブリーダーズゴールドカップ

★2016ブリーダーズゴールドカップ(Jpn3)★門別競馬を徹底予想!

管理人です。 8月11日(祝木)は門別競馬場でブリーダーズゴールドCが発走となります。 真夏

記事を読む

【秋華賞2017予想】必見の出走馬情報・データ分析

管理人です。 牝馬3冠の最終戦、秋華賞が今週末の京都競馬場で発走となります。オークス馬ソウルス

記事を読む

競馬新聞1

【安田記念2017イスラボニータを徹底解剖】データ/能力/臨戦過程

管理人です。 安田記念で予想オッズからも1番人気に支持されそうなイスラボニータ。果たし

記事を読む

free05

【日本ダービー2017予想オッズ/データ分析】世代最強馬を決する1戦

管理人です。 2014年生まれのサラブレッドの頂点を決める一戦、東京優駿日本ダービーが

記事を読む