【京阪杯2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

公開日: : 最終更新日:2017/11/26 広告・おしらせ , ,

管理人です。

ジャパンカップの興奮冷めやらぬ中、当日の京都競馬場の最終レースで行われる京阪杯はスピード自慢のスプリンターが集う注目の重賞となります。早くも来年の高松宮記念へ向けての覇権争いが始まりますが、予想オッズを見ても人気の中心はメラグラーナをはじめとした牝馬ということになりそうですが、果たしてどんなレースになるのでしょうか。

京阪杯2017予想オッズ人気上位の注目馬

メラグラーナ

スプリンターズSでは2番人気に支持されましたが、末脚及ばずの7着。ただ、勝ったレッドファルクスとは0.3差と僅差であり悲観する内容ではなかったのも確か。ここはG3戦となることで対戦相手も楽になり、セントウルSからスプリンターズSと強豪相手の競馬でも接戦を演じてきた末脚がここでは脅威になってくるのではないでしょうか。昨年の京阪杯では12着と大敗していますが重馬場が原因であったことは明らかで、今年はなんとか良馬場で競馬をしたいところ。それさえ叶えば持ち前の強烈な末脚を存分に発揮することを期待してもいいのではないでしょうか。

フィドゥーシア

この春にオープン特別を連勝して、アイビスSDでも1番人気に支持されながら2着。秋はセントウルS・スプリンターズSと王道路線に挑戦しましたが力及ばずというレースが続いてきましたが、強豪相手に揉まれた経験が活きてくれば、このメンバー構成で待望の重賞制覇なるかに注目してみたいところです。スプリンターズS馬のビリーヴの仔ということで注目を集める馬ですが重賞を勝てる力はあると判断できますが、気になるのは京都競馬場でここ3戦まったく結果が出ていないという点。3着好走したことは1回あるもののコース克服がまずは課題となってくるのではないでしょうか。

アットザシーサイド

桜花賞3着という実績もあるアットザシーサイドは4歳になった今年もマイル前後の距離を使われて一押し足りない競馬を続けてきましたが、この夏に降級してから1200mを試すと1000万下、準オープンと連勝してスプリント適性を示しました。再度重賞の舞台とはなりますが、京都コースは2勝を挙げている相性のいいコースでもあり、この距離で改めての重賞挑戦に要警戒の1頭と言えるでしょう。先行して安定した脚を見せているだけにここ2戦と同様の競馬さえできれば大きく崩れることもなさそうで、馬券の中心として考える手も十分にあると言えるのではないでしょうか。

ソルヴェイグ

スプリンターズSは賞金不足で除外の憂き目に。それでも翌週に出走したオパールSでは格の違いを見せて押しきっての逃げ切り勝ちを収めました。昨年のスプリンターズS3着、今年もヴィクトリアマイル5着と好走している実績はメンバーを見ても上位のものであり、前走と同じ京都1200mの舞台で重賞3勝目なるかに注目が集まるところです。斤量的にもメラグラーナやフィドゥーシアと比較しても1kg軽い54kgで出走できるのも魅力であり、ハナに拘らずとも競馬ができる馬だけにここは予想オッズからも人気上位に支持されてきそうですが、消すわけにはいかない1頭ということになるでしょう。

ジューヌエコール

函館スプリントSを制した3歳牝馬が前走スワンステークスでは馬場云々の前に気の悪いところを見せて12着と大敗を喫しましたが馬体的にも多少余裕が見られるところもあっただけに叩いての上積みに期待してみたいところ。斤量的にも古馬と同じ斤量を背負うことになる今回は決して楽な条件とは言えませんが、流れに乗ってきっちりと脚を溜められればここ最近の3歳馬の活躍の波に乗ってこの馬の好走にも期待してみていいのではないでしょうか。

セイウンコウセイ

今年の高松宮記念を制したG1ホースがこの秋は結果を残せずにいることは意外ですが、スプリンターズSの敗退が精神的ダメージとなっている可能性もなきにしもあらず。重馬場が苦手な馬ではないのにまったくいいところなくスワンステークスを敗退しているのは気になるところではあります。稽古の動き自体は悪くないだけに、後は気持ち一つ、きっかけ一つで復活が待たれるところではありますが、この京都1200mの舞台は今年の高松宮記念を制する前に活躍を続けた相性のいい条件となるだけにG1馬の一変、巻き返しに期待してみたいところです。

新聞

京阪杯2017データ分析からの注目馬

京阪杯の過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

京阪杯必勝データ【1】波乱の可能性高い重賞

3年前には3連単200万馬券が飛び出すなど大波乱の結果も多いのが京阪杯。1番人気の勝率も20%と頼りなく、馬券圏内率でも40%止まり。2番人気でも3番人気でも馬券圏内率40%と頼りない成績となっているのがデータからも見てとれることから、京阪杯は荒れる重賞と判断し、人気馬を疑ってかかるのが手となるかもしれません。今年上位人気となりそうなメラグラーナやソルヴェイグ、アットザシーサイドあたりの取捨は慎重に行っていく必要があると言えるのではないでしょうか。

京阪杯必勝データ【2】牡馬がやや優勢

過去10年の馬券に絡んだ馬の性別を見てみると牡馬22頭に対して牝馬9頭と牝馬劣勢というイメージもありますが、全出走馬からの好走比率を出してみると牡馬113頭で19.5%、牝馬は58頭で15.5%という数字となりそこまで牝馬が不利ということはありませんが、基本的には牡馬が優勢というデータとなります。今年は予想オッズからも人気が牝馬に集中しそうなところではありますが、セイウンコウセイをはじめとした牡馬の食い込みにも注意が必要でしょう。

京阪杯必勝データ【3】内枠優勢

過去10年の馬券に絡んだ31頭の枠順を見てみると、真ん中から内の馬が21頭に対して、真ん中から外の馬が10頭という成績となっており内枠が圧倒的に優勢というデータがあります。スタートから激しいポジション争いがあるスプリント戦だけにロスなくポジションがとれる内枠の方が好走確率が高いということでしょうか。今年の京阪杯においても真ん中より内目の枠を引いた馬から狙ってみるのが吉と言えるでしょう。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

【直前情報】 これは買い【中京記念(G3)】この馬は必ず買ってください。

【中京最終】 中京記念(G3)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free03

【ローズステークス2017予想】出走馬データ分析

管理人です。 秋華賞へ向けて3歳牝馬のトップホースが始動するローズステークスが今週末阪

記事を読む

free33

【ターコイズステークス2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 今週土曜の中山競馬場ではターコイズSが発走となります。牝馬限定のハンデ重賞でトリ

記事を読む

調教スタンド

★2016ラジオNIKKEI賞(G3)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 ラジオNIKKEI賞の最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。 秋へ

記事を読む

中山競馬場

【速報】中山9R ミモザ賞☆自信の予想買い目公開~高松宮記念への資金調達レース

管理人です 高松宮記念へ向けて、資金を調達しておきたい。そんな方へお勧めのレースが この中山

記事を読む

free10

【皐月賞2017レース展望】予想に役立つ出走予定馬情報!

管理人です。 2017年3冠の1戦目皐月賞がいよいよ今週末中山競馬場で発走となります。

記事を読む