【ジャパンカップ2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

公開日: : 最終更新日:2017/11/26 広告・おしらせ , , , ,

管理人です。
free04
今週末はいよいよジャパンカップが東京競馬場で発走となります。今年も世界各国から強豪が集いますが、迎え撃つ日本勢もキタサンブラック・レイデオロ・サトノクラウン・ソウルスターリングと今年のG1を制している国内トップクラスの布陣が整いました。果たして今年のジャパンカップを制するのはどの馬なのか?予想オッズから人気馬をチェックしていきましょう。

ジャパンカップ2017予想オッズ人気上位の注目馬

キタサンブラック

宝塚記念9着から休み明けとなった天皇賞秋はまさかの出遅れ。それでも徐々にポジションをあげると不良馬場の東京の直線で一気に先頭に立っての押しきりとふたを開けてみれば横綱相撲の強い競馬を見せたキタサンブラック。やはり国内最強馬はこの馬と改めて認識させられる1戦とはなりましたが、今回のJCは連覇のかかる1戦となります。休み明けを叩いた上積みもあるでしょうし、どんな競馬でもできるようになってきている今は大きな死角があまり見当たらない現状。ここはスタートを決めて真っ向勝負の正攻法の競馬で強い競馬を見せて欲しいと願うファンは多いのではないでしょうか。

レイデオロ

今年のダービー馬が神戸新聞杯を制した後は菊花賞をパスしてジャパンカップに照準を定めてきました。ダービーを制した舞台で初の古馬対戦とはなりますがどんな競馬を見せてくれるのか楽しみなところ。その力を出し切ればキタサンブラックすら負かしてしまうのではないかという期待も膨らむところではありますが、55kgと3歳馬だけに2kgの恩恵があるのもプラスと言えますし、キタサンブラックを負かすならばこの馬と見るファンも多いことでしょう。ダービーの時に見せたルメールマジックがこのジャパンカップでも炸裂するかにも注目してみたいところではあります。

サトノクラウン

宝塚記念でキタサンブラックを負かしたサトノクラウン。昨年は香港ヴァーズも制しているだけに、世界から見ればキタサンブラックよりもこのサトノクラウンの方が知名度は高いかもしれません。休み明けとなった天皇賞秋は得意の荒れ馬場で2着とキタサンブラックに敗れはしたものの最後はじわりじわりと差を詰める見所のある競馬でもありました。パンパンの良馬場で瞬発力勝負になると分が悪い部分は否めませんが、天皇賞秋同様に雨で時計がかかる馬場にでもなれば水を得た魚のような走りで再びの戴冠の可能性は十分にあるのではないでしょうか。今の充実振りからすれば良馬場でもマークしておきたい存在であることは間違いないでしょう。

ソウルスターリング

古馬との対戦は3度目となる3歳牝馬のソウルスターリング。オークスを制すまではフランケル産駒の怪物とまで騒がれましたがここ2戦で評価を落としていることは否めない状況。とはいえ、毎日王冠は押し出されるようにハナに立って目標とされる競馬が厳しくなり、天皇賞秋は不良馬場で全く力を発揮できなかったと敗因ははっきり。今回はオークスを制した東京2400mの舞台に変わり、他馬からのマークも薄くなってきそうなだけでなく、3歳牝馬で53kgという軽量も魅力となってくるところ。今回はルメール騎手からCデムーロ騎手に乗り替わりとなりますが、ソウルスターリングの新たな一面を引き出すことができれば逆襲の可能性はまだ残っている馬であると言えるでしょう。

マカヒキ

昨年9月のフランスでのニエル賞以来勝ち星から遠ざかっている昨年のダービー馬マカヒキ。前走の天皇賞秋でも不良馬場の中、直線よく伸びて5着を確保してきているだけに決して全く走っているわけではなく、何かが噛み合わないといったレースが続いているのが現状。展開が嵌るなり、何かがきっかけとなって復活の走りを見せてくれる可能性は残っていると言ってよいでしょうし、多くのファンも強いマカヒキの復活を期待していることでしょう。その末脚を存分に発揮するためにも東京の2400mという舞台はベストと言えるでしょうし、この秋からコンビを組んでいる内田騎手もこれで騎乗3度目となるだけにクセは十分に掴んでいるはず。まだまだ見限ることのできない1頭であると言えるでしょう。

シュヴァルグラン

休み明けとなった京都大賞典はスタートで後手を踏んで位置取りが後方からになってしまったのが痛手となってしまいましたが、それでも3着まで押し上げてきた点はある程度評価が必要と言えるシュヴァルグラン。休養明けを1度使ってからの上積みもあるでしょうし昨年3着したジャパンカップの舞台への適性も十分。まずはスタートを決めて流れに乗ってこの馬の競馬をしたいところでしょうが、今年の天皇賞春でも2着している実績馬だけにジャパンカップで初G1制覇という可能性も十分に有り得る1頭と言えるでしょう。

新聞

ジャパンカップ2017データ分析からの注目馬

ジャパンカップの過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

ジャパンカップ必勝データ①1番人気は安定感・信頼度高い

過去10年で1番人気馬は4勝と勝率こそ40%ですが、馬券圏内率でいえば80%と高確率。大きく崩れない信頼感のあるデータとなっています。逆に2番人気馬は馬券圏内率40%、3番人気馬に限っては20%と信頼度がイマイチとなっているだけにジャパンカップでデータから馬券を買うならば1番人気馬から4番人気以下の馬へ狙いを定めるのが妙味となってくるのではないでしょうか。今年の1番人気が予想されるキタサンブラックは果たしてどういう結果となるのか注目しておきたいところです。

ジャパンカップ必勝データ②年齢的には3~5歳馬が狙い

過去10年の馬券に絡んだ活躍馬30頭の年齢を見てみると3歳馬6頭、4歳12頭、5歳9頭、6歳以上3頭という内訳。データ的には高齢馬は不振というデータに。3歳馬は斤量も軽く有利であり、6頭も好走しているということで注目されがちですが、過去10年で出走しているのは30頭で好走確率は20%。逆に4歳馬は出走馬53頭で好走率23%。5歳馬は出走馬41頭で22%と4.5歳馬よりも出走馬に対しての好走率は低いというデータがあり、3歳馬有利というわけではないというのがデータからの結論となっています。

ジャパンカップ必勝データ③外国馬は過去10年で好走なし

過去10年の馬券圏内馬30頭の中に外国馬の名前はなく全て日本馬。データからは外国馬は消しということになります。過去にはデインドリームやコンデュイットといった世界に名高い名馬の参戦もありましたが結果を残せていないあたり、今年のメンバーを見るととても手が出ないといったところでしょうか。ジャパンカップということでスポーツ紙などは外国馬にスポットをあてたりと注目されることはあるものの、穴に一考はありかもしれませんが積極的に買う必要はないと判断して良さそうです。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

浦和競馬1

【2016ユングフラウ賞(S2)】浦和競馬を徹底予想!

管理人です。 2月に入りまだまだ寒い中での冬競馬が開催されていますが、中央競馬だけでなく 地

記事を読む

しらさぎ賞

★2016しらさぎ賞(S3)★浦和競馬を徹底予想!

管理人です。 地方競馬の中でも最も盛り上がりを見せ、レベルも急上昇中の南関東競馬。 今週は、

記事を読む

中山金杯2016

★2016中山金杯(G3)京都金杯(G3)予想★特注馬情報

管理人です 『 1年の計は金杯にあり 』 とも言われるほど、多くの競馬ファンが2016年の運

記事を読む

ダート2

【根岸ステークス2017予想オッズ】ベストウォーリアが意地を見せる!?

管理人です。 いよいよはじまる2017年の東京競馬開催。開幕を飾るのはフェブラリーステ

記事を読む

中山競馬場

★4/17(日)中山8R袖ヶ浦特別 予想~推奨買い目★皐月賞前のボーナスレース$

管理人です。 皐月賞を前に、資金を確保したい。若しくはプラス収支を確定させたい などという希

記事を読む