【マイルチャンピオンシップ2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2017/11/22 広告・おしらせ , , ,

管理人です。
S__4595721
マイルCSへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。今年は抜けた存在は不在ではあるものの、イスラボニータ・レッドファルクス・サトノアラジンといったG1馬にエアスピネル・ペルシアンナイト・サングレーザーといった実力馬も集い、上位拮抗の大混戦模様。そんなメンバーで狙うべき馬を定めるならばやはり追い切りで絶好の動きを見せる馬ということになるでしょう。

マイルCS2017追い切り注目馬

イスラボニータ

美浦南W 65.6 50.7 38.0 12.6 馬なり 併せ併入
直前の追い切りは馬なりで軽めに。とはいえ4Fは50秒台と時計が出ており、かなり素軽い動きを見せています。1週前にも6Fから追われて5F63.9というラップタイムは自己ベストの時計となっており豪快な動きを見せていただけに休み明けを1度使って更に良化は顕著といったところ。今年の春に久々となる勝利を京都マイルのマイラーズCで手にしているだけに次のマイルチャンピオンシップでいざ2015年の皐月賞以来のG1勝利をと陣営もかなり力が入っているのではないでしょうか。

ウインガニオン

栗東坂路 53.6 38.0 24.9 12.6 馬なり
直前の追い切りは坂路で軽めの追い切りも力強く登坂しており、1週前には坂路自己ベストとなる50.8をマーク。休み明けとはなりますが、状態はかなりいいのではないかと思われます。この出来でどこまでできるか期待してみたいところではありますが、これまでの良績は左回りに集中しており、休み明けよりも1度使って次の方が成績が良いタイプなだけに狙いは次の左回りコースということにもなるかもしれませんが、今年の春から3連勝で中京記念を制した勢いは軽視禁物であることも確かでしょう。

エアスピネル

栗東坂路 51.3 37.5 24.7 12.3 G前追う 併せ先着
直前の追い切りはいつも通りに坂路で。時計も動きもエアスピネルの好調時そのものといった感じで状態は休み明けを一叩きして順調に上積みが感じられるものでした。今年は何とか悲願のG1制覇をとマイル路線に参戦してきましたがこの仕上がりならばG1のマイルチャンピオンシップでも十分に勝負になると判断していいでしょう。何より中間のコース追いで2本長めの6Fから追われてきましたが、この中間に6F追いを2本以上してきたのはこれまで日本ダービー(4着)京都金杯(1着)マイラーズカップ(2着)とここぞという時に使われてきた調整パターンであり、陣営にとってもここは勝負であるという意気込みが感じられます。

サトノアラジン

栗東CW 84.8 66.7 51.3 37.9 11.8 一杯 併せ先着
天皇賞秋から中2週、しかも不良馬場で殿負けを喫しているだけにそのダメージが気になるところではありましたが、そんな不安を一蹴するような豪快な動きを見せたサトノアラジン。6Fと長めから追われてラスト4Fは51.8-11.8とかなりの切れ味を見せてきました。これだけ動けているのならば状態面は良好とみて良いでしょうし一気の巻き返しで安田記念・マイルCSの春秋マイルG1制覇にも期待がもてる状態であると言えるのではないでしょうか。

サングレーザー

栗東坂路 56.0 41.0 26.7 12.9 馬なり
最終負い切りは福永騎手を背に追い切られましたがいたって軽めで終いに感触を確かめる程度。それでも素軽い動きを見せており直前かなり軽めにやるのはこの馬のいつもパターンで心配するところではなく、実質的な速い時計を出す1週前には坂路で52.3をマークして鋭い動きを見せていたことから、4連勝の勢いそのままにこのマイルチャンピオンシップへ臨んでくると判断して良さそうです。相手は更に強化し、距離もマイルはどうかという声もあがってはいますが、そんな不安をよそに5連勝でG1制覇という可能性も十分にある仕上がりであると言えそうです。

ペルシアンナイト

栗東CW 84.6 67.7 51.8 38.4 12.0 馬なり 併せ併入
休み明けとなった富士ステークスでも最終追い切りでは活発な動きを見せておりいきなりから期待が高まりましたが不良馬場もあり5着に。ただその休み明けを1度使って更に良化をたどっているように見せているペルシアンナイト。最終追い切りもデムーロ騎手がまたがり、終止軽めの調整ながら、残り4Fから加速するとスピード感十分の動きを見せており楽にこの時計をマークできるのであれば状態面はかなり良いと判断して良さそうです。2週続けてコースで好時計をマークしているあたりからも前走からの上積みは大きいのではないでしょうか。

マルターズアポジー

美浦南W 53.0 38.3 12.3 G前追う
最終追い切りでは輸送も考慮してかコース4F追いで終い重点の稽古となりましたがしっかりと反応を示しておりその前2週にはコースでともに4F50秒台とこの馬が好調時に示す動きと時計を見せていることからも状態は引き続き良好と見て良さそうです。マイペースで逃げればとにかく渋太い粘り腰を見せる馬であり、先週のクロコスミアがエリザベス女王杯で2着に粘る競馬を見せていることも考慮すれば、マイルチャンピオンシップでもこのマルターズアポジーが楽にハナをとってしまうと思わぬ粘り込みで波乱を呼ぶ可能性はゼロではないなと感じさせる最終追い切りの動きとなりました。

レッドファルクス

美浦南D 67.3 51.6 37.4 11.9 G前追う 併せ先着
ダートコースでの最終追い切りとなりましたが、この馬の調整パターンにおいてもよくあることで安田記念3着時もこの調整パターンで追い切られていただけにこのパターンを気にすることもないでしょう。動き自体も直線仕掛けられると抜群の反応を示して11秒台をマークしてのフィニッシュは好感がもてますし、1週前にはWコースで4F50秒台をマークしてきていることからスプリンターズS時同様の好状態でマイルCSへ臨んでくると判断して良い好追い切りであったと言えるのではないでしょうか。

レーヌミノル

栗東CW 81.4 65.3 50.1 36.9 12.4 一杯
前走秋華賞では距離にも馬場にも泣いて大敗を喫しましたが、その際の最終追い切りでも動きの目立っていた1頭。この中間も2本びっしりと追われて4Fは50秒台をマークして終いまでしっかりと伸びてきているあたり、状態面に何ら不安のないところを見せているだけに、調教の動きからはマークしておきたい1頭と言えるでしょう。後は良馬場で距離短縮して桜花賞を制したマイルという条件でどれだけ変われるかに警戒が必要であると言えるのではないでしょうか。ここ3戦は距離も長かったと判断すればまだまだ軽視禁物の1頭でしょう。

新聞

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ダート2

【根岸ステークス2017予想オッズ】ベストウォーリアが意地を見せる!?

管理人です。 いよいよはじまる2017年の東京競馬開催。開幕を飾るのはフェブラリーステ

記事を読む

S__4595721

【秋華賞2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 秋華賞へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。G1レースとくれ

記事を読む

free08

【中山記念2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 中山記念へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。ここからドバイ

記事を読む

大井競馬2

【TCK女王盃2017予想】大井競馬を徹底予想!

管理人です。 2017年初の地方・中央交流重賞、TCK女王盃が1/25に大井競馬場で発走となり

記事を読む

桜花賞2016

★2016桜花賞(G1)★予想的中へ必見の特注馬!予想オッズでも高配当!

管理人です。 いよいよやって参りました2016年クラシックの幕開けは3歳牝馬による 桜花賞(

記事を読む