【東京スポーツ杯2歳ステークス2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。

free10

マイルチャンピオンシップの前日には暮れのホープフルS、そして来年のダービーへ向けても注目の東京スポーツ杯2歳Sが発走となります。過去の勝ち馬にはサトノクラウン・イスラボニータが名を連ねる出世レースを今年制するのはどの馬か?登録馬9頭という少頭数になりましたが、モーリスの弟ルーカスをはじめ、将来性の高い馬も揃い注目です。

東京スポーツ杯2歳S2017予想オッズ人気上位の注目馬

ルーカス

安田記念・天皇賞秋などを制した名馬モーリスの弟として注目を集めるルーカス。デビュー戦はまったくの楽勝で騎乗していたモレイラ騎手もベタ誉めの内容。底知れない魅力を感じさせるレースとなりました。レースで戦ったメンバーはその後次々に勝利を挙げておりレベル的にもハイレベルな1戦であったと言えるでしょう。その後は一旦休養へ入り10月下旬から美浦トレセンで順調に乗り込まれてきています。2戦目となる今回、果たしてどんな競馬を見せてくれるのか非常に楽しみとなってきますが、今回の鞍上はムーア騎手ということもあり更に注目を集めることとなるのではないでしょうか。

ワグネリアン

デビュー戦では中京の2000mで上がり32.6という破格の上がり時計で快勝し、2戦目の野路菊ステークスでも重馬場も苦にしない鋭い末脚で楽勝。2連勝で東スポ杯2歳Sへ駒を進めてきます。直線の長い東京コースでどんな末脚を見せてくれるか非常に楽しみとなってくるところではありますが、この時期に関西馬が東京競馬場へ遠征をするということはそれこそ来年のダービーを見据えてということになるでしょうか。好素質馬が揃う中でも上位の人気に支持されそうな好素質馬であり、比較的小柄な馬だけに輸送は心配にはなってきそうですが、そこさえクリアしてしまえばあっさり勝ち切る爆発力のある馬であると評価してよいでしょう。

ゴールドギア

新馬戦は気性面で若さを見せる面もありながら直線しっかりと伸びての差し切り勝ち。レースを使う毎に成長が見込めるならば将来が楽しみとなってきそうなレース振りであったロードカナロア産駒の1頭のゴールドギア。東京スポーツ杯2歳ステークスで2戦目を迎えますが、レースを1度使ったことにより成長が見られるようであれば楽しみな1頭となってくるのではないでしょうか。逆に更にテンションが高くなってくるようだと心配になってくるだけに当日の気配も要注意といったところでしょう。

ノーブルアース

新潟の新馬戦を圧勝して臨む1戦となりますが、その勝ち振りは派手であり騎乗していた石橋騎手も高く評価するところではありましたが、秋の新潟開催の新馬戦は比較的メンバーが中央場所と比較すると薄くなる面もあり、馬場も重馬場であったことを考えると勝ち振りを高く評価するまでには至らないかもしれません。ただ、牝馬ながらに中2週でこの重賞を選択してくるあたり、左回りが合うということもありそうですがそれ以上に陣営の期待も大きいということなのでしょうか。この時期は牡馬よりも牝馬の方が完成度も高くなることからも一概に評価を下げることもできない1頭と言えるでしょう。

コスモイグナーツ

並みいる良血の人気馬を尻目に逃げ切ったアイビーステークスは不良馬場も味方したかもしれませんが、自分のペースで行ければ渋太い脚を使うことを証明してみせたコスモイグナーツ。今回も前走同様に楽に逃げられるかどうかが鍵となってきそうですが、人気となりそうな各馬が後方待機の競馬をしてくる馬だけに、後ろが牽制しあえば前走の再現の可能性も十分。後は願うならば少しでも時計のかかる馬場になってくれればというところではないでしょうか。

新聞

東京スポーツ杯2歳S2017データ分析からの注目馬

東京スポーツ杯2歳Sの過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

東京スポーツ杯2歳S必勝データ【1】1番人気の信頼度はまずまず

過去10年の結果を見ると1番人気馬は4勝2着2回3着1回で馬券圏内率は70%とまずまずの結果。ただここ4年は1番人気馬が連敗中であり、案外ここ数年のデータからは信頼度が高くないと言えそうです。2歳重賞はメディアの報じる情報や専門紙の印が人気にかなり影響してくるだけに、それを鵜呑みにせずにしっかりと狙うべき馬をピックアップすることが重要と言えるのではないでしょうか。あまり人気に捉われる必要はなさそうです。

東京スポーツ杯2歳S必勝データ【2】差し馬優勢

過去10年の馬券に絡んだ馬の戦法を見てみると8割が差し・追い込み馬で差し馬優勢のレースと言えるでしょう。比較的少頭数になりやすい重賞であるだけに、実力がはっきりと出やすいということもあるのでしょうが決め手を秘めている馬の方が結果を残しやすいというのは確かでしょう。

東京スポーツ杯2歳S必勝データ【3】1枠1番に要注意

過去5年だけ見れば1枠1番の馬が3勝3着2回と馬券圏内率100%をマークしており、この勢いはデータ的には注目しておきたいところです。中には2年前に6番人気のマイネルラフレシアが3着で小波乱を演出しているように人気に捉われずに1枠1番の馬から狙ってみるのもデータ的には面白いと言えるのではないでしょうか。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

チャンピオンズカップ

【チャンピオンズカップ2016予想オッズ】主役はアウォーディー!

管理人です。 2016年のダート王者を決めるチャンピオンズカップが今週末中京競馬場で発

記事を読む

free10

【府中牝馬ステークス2017予想】必見の出走馬情報・データ分析

管理人です。 エリザベス女王杯へ向けても注目の1戦、府中牝馬ステークスが土曜の東京競馬場で発走

記事を読む

no image

【中山金杯2017 予想 オッズ】4連勝なるかストロングタイタン!?

管理人です。 2017年の幕開けを飾るのは勿論、金杯。中山競馬場では1/5(木)に中山金杯が発

記事を読む

地方競馬2

【関東オークス2017予想】川崎競馬を徹底予想!

管理人です。 今週の川崎競馬場ではダート3歳牝馬の頂点を決める一戦、関東オークスが発走

記事を読む

栗東トレセン

【武蔵野ステークス2016追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 武蔵野ステークスへ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。 こ

記事を読む